説明されてもお礼を言わない男性

Twitterで、バズったツイートのリプライ欄を見ていると、

  • 知らなかったのか、間違った認識を持っている男性に対して、女性が説明している
  • 男性はその説明を理解したようなのにお礼を言わない
  • それどころか、「では、これはどうなんです?」という風に話題を変えていく

という場面を目にする。

なぜなのか。

それは、相手に敬意を払っていないからだ。

女性が何かものを言ったとき、男性の多くは(この注釈をいつまでつけなくてはならないのか、それを思うと気が遠くなる)、「聞いてやっている」とどこかで思っているのだろう。

相手が女性ならなおさらそう思うのだろう。だから、間違った認識を訂正することもなく、謝罪をすることもない。

「女性差別?僕の周りにはありませんねーw」

「もし周りにそういう人ばかりならお気の毒ですが…。でも、だからと言って、男性全体が差別しているとか、主語大きすぎませんか?」

「うちの父は家事してますよw」

というような人が説明されても、よくて「そうなんですねー」という反応で、お礼を言わないので、失礼だなと思う。

相手に失礼な態度をとっても、許されてきた歴史が見て取れる。それが当たり前だと思っている時点で、それは差別者だ。

 

「自分は女性差別をしていない、周りに女性差別をする男性が多いのなら、あなたは見る目がないか、そういう悪い環境に身を置く(ほどレベルが低い)のですね、どうして逃げないんですか?」ということを言う人は良くいる。

「僕はそういうのは見たことないですね」

「性犯罪に遭う女性が悪いっていう人いるんですか…?ああ、服装とかそれは聞きますよね?事件の詳細は聞きますよ、だって、防犯する必要はありますよね?泥棒に入られたくなければ、戸締りしろ、って言いますよね?それと同じことですよね。は?セカンドレイプ?何言ってるんですか、誤解です」

みたいなことを言う男性はたくさんいる。全部同じ人が言う場合もある。

まず、男性は女性差別を目にすることはない。差別は女性に向けられる。嫌だと思うのは女性自身なので、それを目撃したとしても、男性は「文化」「よくあること」「普通のこと」として認識するのではないか。まず、差別だとは思わないだろう。

日常的に行われており、自分の友達、親、そのほかのすべての人がしていることが、特別悪いことだと思えない人はたくさんいる。

部屋の中で、男性が入り口から遠い席に座り、女性が入り口に近い席に座っていたとして、その光景を見て、何がおかしいかぱっと理解できる人が何人いるだろう。

「そこまでして上座に座りたいの?」「別に俺も上座に座りたいわけじゃないし」という人はいるかもしれない。

でも「上」「下」を作られて、常に、そこに座れと言われ、そうじゃないところに座ると「親のしつけが悪いんだな」と言われる世界で、自発的に上座を選ぶ女性はいない。だから「女性は自発的に下座に座る」と男性は認識する。

男性でも、常に、食卓を分けられて、同じ席で食事させてもらえなかったら、苦しくなるのではないかと思うのだけど、絶対に自分の身に降りかからないことを想像することは、難しいらしい。

そうして、女性差別が目の前で起きていても、男性は、認識しない。認識しないので「女性差別はない」という。

性犯罪についても、そうだ。

例えば、男性の医師が暴行され、殺されかかっても、

「期待していたんだろう」「殴られたそうな顔をしていたから」「お金がありそうな服装をしていた」「あの時間、一人で歩かなければよかったのに」「強盗も、元気があってよろしい」「強盗にもお金が欲しいという事情があったんだろ」と言われることはない。

(男性が性犯罪に遭ったと言えば、同じ男性から茶化されて笑いものにされる。それは、男性は、自分も性暴力の対象だと認識したくないから、他人事にして、距離を取りたいという心境によるものだろう。性犯罪に遭った男性は「弱い」から、バカにしてもいいとも思っている。それが「男性の文化」である)

でも、女性は言われる。

家には鍵をかけることができる。家に鍵をかけても、家の人権を侵害することに張らない。

けれど、人間に対して「防犯意識を徹底しろ」という場合、それは、その人の、行動や、働く自由、住居を自由に選ぶ自由を、侵害する結果になる。

被害者に対して、服装や、態度を詮索することは、その人の「その人らしさ」を自由に表現する自由を奪っていることになる。

男性は、そんなことを「してもいい」と思っているから、上記のことを言うんだろう。

してもいい、と思っているのは、性犯罪の被害者が、たいてい弱者だから。

(これで、弱者、と書くと、被害に遭う、女性や子供を弱い人間だと思うのは差別的だ、という人もいる。性犯罪の被害者が女性だ、と書くと、男性も性犯罪の被害に遭う、という人もいる。フェミニストは、女と男の違いにばかり目を向ける、差別主義者だという人もたくさんいる)

 

弱者だと侮るから、モノ相手にすることと、人間相手にすることの違いが判らず、家に鍵をかけるのと同じことを、人間にも「すればいい」と簡単に言えるのだ。

自分が「こうすればいい」という助言ができるという認識も、性暴力に遭った被害者(たいていは女性だ)よりも、自分のほうが賢く、上の立場にあると認識していなければできない。

相手のことを思って、のつもりだろうが、相手のことを思うならば、違うアプローチはたくさんあるのに、それを模索することをさぼっているのだ。

さぼっていても、許されているのは、男性だからである。

人権感覚の欠如がそこから見て取れる。他者に対する人権を軽んじている人間は差別者である。

つまり、女性が発言したことや説明したことに対する態度から、その人が差別主義者だということが、被差別者にはわかるが、差別者は指摘されても認識できないという構造は、相手を自分の同等だと認識できない、ということから発するのだ。それが、説明されてもお礼を言わない、ということにもつながる。


身を守るためのフェミニズム

人権感覚を身に着けると、生きにくくなる面も確かにある。

長いものに巻かれたほうがその場では楽なのだ。

そういう処世術を選ぶことができる人もいる。

けれど、人権を侵害されたとき、それを人権侵害だと認識できなかったら、病気になったり、けがをしたり、財産や仕事を失ったり、最悪な場合死んでしまう。

何が人権侵害か、それは学ぶことができる。

人権を守らない、差別的な風土、家庭に育った場合、感覚がマヒしてしまっていて、何が差別なのか認識できない。自分の育った環境や感覚を擁護したいために、「差別なんてなかった」「これは差別じゃない」「文化である」「本人たちも進んで選んでいる」ということまで言うことさえある。

たとえば、男性に、女性が血みどろになるまで殴られたとして。周りが「そりゃ。あんたも悪い」「殴られるようなことをしたのが悪い」「いうことを聞いていたら殴られなくて済んだのに」という場面がある。

その場合、その人の周囲も、暴力に慣れており、感覚がマヒしている。だから、そういう環境で「殴られずに済む」処世術を磨いていっている。殴られる側も、殴られないための正解を模索している。それはある意味で文化と言えるかもしれない。だが、その文化は正されるべきだ。文化である、という釈明は、何の意味もない。

しかし、「殴られないための正解」というのは、殴る側が作り上げることなので、殴る側の気まぐれで、答えは変わってしまう。そうした相手の気まぐれで正解が変わる環境で暮らしていると、自尊心が減ってしまう。自分が殴られることをみじめだと思うと生きていられない。人はあらゆる選択を自分で行っていると思いたいものだと思う。それがたとえ歪んだ環境であっても、自分が選んでいることだと思えば、みじめさは減る。

 

女が選んでしていることだ、女が男を甘やかすから男が助長するのだ、という言い分は、因果を逆転して捉えている。

 

しかし、幸い、人権感覚については、学ぶことで、価値観を変えることができる。

殴ること、意見を言わせないこと、威張ること、モノに当たること、大きな声や物音を出すこと、モノを投げつけること、人の行動を制限すること、それは、あらゆる意味で対等ではない。

違和感をねじ伏せている期間が長いと、違和感に気付くセンサーが壊れる。

そうすると、暴力を振るう相手、差別をしてくる相手、そういう相手を避けることが難しくなる。

価値観をマヒさせたまま暮らせば、その場では楽に、慣れた処世術を使い、それがたまたま通用しなくても、「運が悪かった」「こっちが悪かったから」と思っていれば波風もたたない。

勉強とはなぜするのか。

人に搾取されないようにするためだ。

人権侵害をする相手に合わせて暮らすことは、人に搾取されているということである。性別で役割分担を勝手に決められ、または、本人が自発的に選ぶように仕向けられていたり、それ以外の行動を実質的に選ぶことができないのならば、それは性差別である。

「男性が家事育児をしているので差別はありません」という人がいるが、男性が家事をしていようが育児をしていようが、それはそこに差別がないという証拠にはならない。

フェミニズムを学ぶと生きにくくなる。それは、この世の中が、女性差別を中心にして動いている証である。

女が男の気分を損ねたら殴られるのは仕方ない、という世界で、「これは人権侵害だ」と言えば、「頭がおかしい」と言われるのは、被害者のほうである。

だから、フェミニズムを学べば、生きにくくなるのは当たり前なのだ。

しかし、フェミニズムを学ぶことで、人権感覚が身につくと、「この環境はおかしいので、自分には合わない」と認識することが可能である。致命的な出来事を事前に避けたり、避けられなくても、あとから、すぐに対応しようとできるようになったりする。

「これは、自分の利益にならない」「自分の利益にならないことは拒絶してもいいのだ」と学ぶことは非常に大切なことだ。

人の利益が自分の利益になるとは限らない、ということを、女性は認識しないように育てられる。だから、損をしていても、人のために尽くしてしまう。それが美徳だと信じてしまう。そうしているうちに、死んでしまう。

男性の中には「自分はそんなことは言わない」という人がいるが、そんなことはどうでもいい。実際、「女性差別的な言動をとる」男性がいて、それを支えるバックグラウンドが存在することと、「そうではない男性もいる」ということは成り立つので、反証にはならない。

 

人権感覚を身に着けると、人権感覚を身に着けた人と知り合うことができる。そこで、コミュニティを形成することもできる。

そうすると、殴られず、威張られず、脅されず、けなされず、バカにされず、自分の思うように冒険でき、自分のことを選択できるようになる。

誰もが自分の利を追求する世の中で、戦い方を覚えることができる。

どの性別の人でも、自分は我慢できる、という人でも、次世代の人にその文化を引き継がせないでほしい。自分が選んで我慢していたとしても、その子たちにその文化を継承させることは、やっぱり暴力だから。

自分が加害者になることから、身を守るためにも、何がしてはいけないか、知る必要がある。それが学ぶ意義である。


パンを分け合う

おやつにレーズンロールを食べていたら、子がはいはいしながらやってきて、椅子に両手を載せて立ち上がって、わたしの顔をじっと見た。

だから、わたしはかじっていないほうをちぎって、子の口に入れた。

もう、同じものを分け合って食べることができる。

子育ては思ったよりも大変ではなかった。わたしは悲壮な決意をして子供を産んだ。

出産時も、母子ともに危ないということで、帝王切開になり、退院してからすぐ、産後一週間後に、伴侶の身内の不幸があって、ひとりで子の世話を三日しなくてはならなかった。

そのため、産後の肥立ちも悪く、産後鬱になりかかった。どちらの両親にも一度も子を会わせたこともない。会わせるつもりもない。

地域の人を含めた、たくさんの人の手助けがありつつ、伴侶と二人で家を回して、子の命をつないできた。

出産後には一時の猶予もなく、子供の生存を保たなければならない。

思いやりよりも、子が泣いたら、起きて、おむつを替えてミルクをやる、という手続きがとにかく大切だ。そのプロセスが失われたら、この、小さな、首や関節がぐらぐらした、いい匂いのする生き物が冷たくなってしまうという恐怖があった。

 

それでも、子育ては、自分の親との不毛なやり取りで消耗するよりも、ずっと楽だった。

親の子供として、三十年生きてきた、自由を制限されてもそのことに気付くこともできず、自分をたわめながら、暮らしてきた日々よりもずっと楽だった。

おかしいという違和感を、理解してしまうと、生活ができないから、お室止めているうちに、体が違和感を表現した。わたしは病気になった。

病気になって、自分の親はおかしい、と気づきながらも、わたしは同時に自分の親のいいところを見つけようとして、酔っぱらったように、不安定だった。家を出たのに、呼び寄せられるように、すぐに実家に帰ってしまう。実家にはもう暮らしていないのに、自分が「家」と呼ぶのは、「実家」だった。

わたしは、無様に見苦しくあがいて、そして、今の伴侶と出会って、子供をもうけた。

嫌なことを言ってくる人とは、試行錯誤しながら接点を減らした。誰が大切でだれが大切じゃないか、何が大切で何が大切じゃないか、見極めるのは難しい作業だった。

今朝は、公園に行った。朝露が芝生を濡らしていたので、石畳の上を歩いた。乾いた芝生に子を置いたら、草がチクチクするのを嫌がって、伴侶の膝に座った。

みんなで麦茶を飲んでから、ゲームセンターに行って、DRSとDDRをして遊んだ。子は、それを見たり、おもちゃをかじったり、飲み物に入っていた、氷をもてあそんだりしていた。

帰宅してから、わたしはレーズンロールを食べた。食べ終わってから、洗濯物を干していると、子がやってきて、膝の中に座った。

子は、頭蓋骨さえ柔らかくて、ミルクのような甘い匂いがして、すべすべしている。頭髪はふわふわしている。「だあだあ」なのか「あぶあぶ」なのか、よくわからないことを言っているので、一生懸命聞く。かわいくなって、抱きしめる。子が抱きしめてほしそうな瞬間もやっぱり抱きしめる。

子供時代、自発的に何かすることをどんどん封じられていたのに、それと同時に「お前は、自発的に何もしない」と言われて、責められた。ゲームセンターに行ったことはほとんどなく、最近、心の中で「そんなものは無駄だ」といいう声が聞こえるのを振り切って、遊びに行ったら、とても楽しかった。ダンスゲームをするときにも「いい年をしてみっともない。うまくできないかもしれないのに。失敗したらどうするんだ」と母の声が聞こえるような気がしたが、無視して踊ったら、とても楽しかった。

働くのは大変、子育ては大変、家事は大変、とずっと言われてきた。だから、感謝しなさいと。

でも、家を回すのは、たいへんでも、楽しい部分が多い。絞り出すように感謝をするよりも、縮こまっているよりもずっと楽だ。

パンを分け合う人がいる今日のこの瞬間の美しさを目に焼き付けておきたいのに、どうしてもそれができない。


人生の折り返し地点

今が人生の折り返し地点だ。

わたしの子供ころ、大人だった人が、どんどんいなくなっている。

わたしがこれから、安定して暮らせるのは多く見積もって、あと二十年くらいだろう。そのあとは、自分の体力や健康の心配も増えて、友達の数が減っていく。

そうしたら、すごく寂しいだろうと思う。

十代は苦しくて、二十代はその清算に費やして、三十代でようやく自分の人生を生きられた気がする。

三十代は、自分のみかたを増やす時期だったと思う。

わたしは、親と疎遠だが、疎遠でなくても、親はいつか死ぬので、元気な三十代、四十代のうちに、親以外との頼れる人を作るべきだった。同世代だと二十年先、困るので、自分より年下の世代とも交流を持ってないといけない。

交流を保つためには、じぶんから率先して、年下の世代と話が合うように、情報を収集して、価値観もアップデートする必要がある。

話し相手として必要としてもらうために、有用な知識や見識を持っている必要もある。

交流する人がいないと、わたしはとてもさみしい。

子供を育てるというのは、その点手っ取り早い。もちろん、子供が、将来、十年に一度か、二十年に一度か、葬式に着てくれるだけでもありがたいと思う関係になる可能性は大いにあるのだけど、それでも、今、周りがどんどん年を取る中で、これからの未来と可能性、生命力の塊と接することは、励みになることだ。

わたしの子供はユニークな人格を持っていて、人を観察するところがある。

やってみて、試してみる、という行動をとる。プレステを止めることも覚えたので、ネトフリでつまらないものを見ていると、自分で消して、親の反応を待っていたりもする。

もうすぐ一歳ともなると、個性が明確になって、頼もしい限りだ。

洗濯物を干したり畳んだりしていると、手伝いにやってくる。

実際には、洗濯物をパンパン叩いたり、洗濯ばさみをもぐもぐしたり、ハンガーを振り回したりするだけだけど、一緒にいるとときめくので、ちゃんと手伝いが成り立っている。いるだけでいい、ってこういうことなんだと思う。

存在するだけですばらしいのだ。

身近な人が、死に支度を始めたので、落ち込んでいた。

そして、自分の寿命や、老いていく過程について考えもした。

具体的にどうやって老いることを乗り越えるのか、考えられてよかった。


わたしはおっさんが嫌い

わたしはおっさんが嫌いだ。九割くらいのおっさんは、悪いおっさんだと思っている。

女の人は、三割くらい、嫌な人がいると思っている。

おっさんの隣の席が空いていても、女の人の隣が開いていたらそこに座る。

おっさんが道の向こうから歩いてきたら、体を固くして、何かされないか気を配る。女に人にはそういう警戒をしない。

わたしに暴力を振るってきた人のほとんどが、男性だった。

女の人の嫌がらせはだいたい言葉だけだが、おっさんは実力行使をする。家に来る、暴力を振るう、権力を使って、仕事や学業に関して不利益になるように仕向ける。

九割のおっさんは臭く、粗暴で、声がでかく、道をよけず、ぶつかってきて、舌打ちして、道に唾を吐く。ごみを捨てる。身だしなみの水準が低く、見ててきれいじゃない。椅子に座ればひじ掛けを独占し、足を広げて座る。

下駄を履かされていて、あらゆる局面で実力を伴わなくても、優遇されているが、その優遇に気付かない。だから、職場や大学に女性が少なくても、「女性は実力がないから」と平気で信じている。自分が優遇されているという現実を認識する力すら、持っていない無能なだけなのに、その無能さゆえに、女たたきをする。

女性は、子供のころから、能力を伸ばすための手助けを得られにくい。それどころか、能力があれば、謗られる。「目立つのが悪い」と言われる。

高校受験の段階で、女子の多い高校に入れば、数学や理科の科目が少なく、そちらの道に進むことを事実上阻まれる。理系が偉いからこういうことを言うんじゃない。

選択の機会が、男性には、水のように当たり前にあるのに、男性と同じ選択の機会を得ようとしたら、何倍も努力しなくてはならないということが間違っている。

そして、そのような、男性には機会があり、女性には機会がない、という仕組みを作っているのはおっさんだ。

だから、わたしはおっさんが嫌いだ。

おっさんが作る世界は、強い男にばかり有利だ。

子供や、女性にとって不利だ。

病気一つとっても、男性のかかりやすい病気はすぐに治療法が確立されるが、女性や子供のかかる病気は、研究が進みにくい。男性がかかりやすい、がんや、心臓病、肥満に対しては治療法が十年前と比べて進んでいるのに、乳がん、子宮がん、更年期、生理痛、病気ではないが出産に関して、苦痛を伴う検査もなくなっておらず、病気の苦痛も軽んじられている。女性の病気の多くは「不定愁訴」で片づけられてしまう。

それは、医者の世界が、男の世界だからだ。看護師の多くが、女性なのには目をつぶって、「女性の医者は離職するから」といって、平気だ。

人類の半分が女性なのだから、それを前提にした社会設計をすればいいだけなのに、女性は、女性だから、といって、チャンスを奪い、足を引っ張り続けるのがおっさんだ。学ぶこともしない。

だから、おっさんを嫌うのは当たり前だ。それなのに、嫌うだけで「男性差別だ」と吹き上がるおっさんたちをたくさんSNSで見る。どれだけ甘えているのかよくわかる。

公正な世の中のためには、仕組みを作り、決定する場に、女性や、障害者、病人が必要だ。健康なおっさんはたちが悪い。


東京医科大の女性差別とバックフラッシュ

わたしが生まれたのは、八十年代初めだった。85年に均等法が制定された。

だから、わたしが育った時代は、女性差別を撤廃するという機運に満ちていた。

差別なんてない区別だ、という人はいたが、変な人だと思われていたように思う。

バブルが崩壊しつつあったとはいえ、今と比べたら、国の力がもっとあった。今日頑張れば明日良くなると信じている人が多かったように思う。

あのころ、何が差別なのか、まだ誰もわかっていなくて、「これは差別なのでは?」と手探りで模索していた。

今は何が差別になるのか、かなりわかってきていて、それを是正するためには、どうすればいいのかもわかっている。実際に是正して、うまくいっている国のほうが多いくらいだ。

でも、日本ではいまだに「女尊男卑」だのなんだの言う人間がいる。

東京医科大のような明らかな不正にすら、それを女性差別だと認めない人たちがたくさんいる。SNSでそれが可視化されたので、わたしはすっかり参っていた。

わたしが書くことに何にも意味がないような気がした。砂漠に水を撒くのも、徒労もずいぶん経験してきた。

授業をしていても、この子がどんなに頑張っても、不正がある限り意味がない、と無気力になる。

予備校や、塾は、高校受験、大学受験でおかしな操作があることは、把握していたはずだ。

でも、予備校や塾は、「これは変えることができないので、それを見越して、適応させる」道を選んできた。

今は、様々な不正が公になって、膿が出ている時期だという人もいるが、わたしは楽観的になれない。

わたしは反日だと言われようが日本たたきだと言われようが全然かまわない。

わたしが子供のころ「非国民」という言葉は死語だった。だが、「反日」という言葉で、その概念は復活してしまった。

わたしは、県歌を子守歌に歌うくらい郷土愛があるが、それと同時に、今住んでいるところに不正や、是正するべきところがあれば批判する。それは、わたしの生活をよくするばかりか、今後の若い人たちにとっていいことだからだ。

でも、自分が住んでいる場所を批判することを「悪口をいうなら、日本から出ていけばいい」としか、捉えられない人がたくさんいることもわかってきた。

縁故主義、わいろ、汚職、不正義がはびこる国は亡びる。だから、それは是正されなくてはならない。しかし、盲目的に、追従する人たちのことを変えるのはもう難しい気がしてしまう。

個人的には、今住んでいるところの自然や、温泉が好きだから、しばらく住んでいるかもしれないが、いつか、日本の外に出る選択をするかもしれないと思う。

わたしはその選択をすることが、おそらく可能だから、そうできる。

でも、日本から逃げられない若い人たちのことを思うと、もう少し踏ん張って、戦うべきだとも思う。若い人たち自身が、不正義や不公正を当たり前の者として受け取って、そこに、適応しようとしていたとしても、やっぱり、若い人たちのためにはならないことだから、何とかしていきたいと思う。

蟷螂の斧を振り回すのにも疲れてきた。わたしの子供のころ大人だった人たちが、どんどん減っていくので、わたしはとても今落ち込んでいる。でも、だからこそ、わたしが子供のころ大人だった人たちがしてくれたことを、若い人のためにしたいとも思う。

わたしは、気の利いたことも、当意即妙なことも言えない。

Twitterは、言葉のやり取りが先鋭化しやすいので、ブログ主体で書いていく。けど、ブログという媒体自体がもうだいぶ古いものだともわかっている。

わたしは、差別主義者を変えられると思わない。でも、やっぱり、無力であっても、何かできることがしたい。

わたしにできることは少ない。寄付をする、塾講師の仕事を通して、生徒さんの学力と生きる力を伸ばす、ブログを書く、くらい。

やらないよりはましだ。それに、怒っている人がたくさんいるのはまだ救いだ。

わたしの子供のころ、教師が殴る、性的虐待をする、ということはよくあった。男子生徒が女子生徒を殴っているのもよく見た。でも、今はそういうことは減った。

それも、怒っていた人がいたから生まれた変化だ。

だから、不正義について、怒っていれば、変わるかもしれない。そういう希望を持っていたい。