差別は構造的なもの

鏡を見ていると、「見とれているのか」「みていてもかわらない」と言われていたので、鏡を見るのが怖くなりました。
おかあさんにいわれたことです。

おかあさんといた頃を思い出すと、主語がおかあさんなのが当たり前の時代だったです。
おかあさんがどうするか、何を言うのかが一番大事です。

だから鏡を見ることが怖いし、見ているところを人に見られると、ばっと鏡を隠してしまいます。
冷静に見られません。

差別や虐待というのは構造的なものです。弱者が、強者を虐げられる仕組みがあることです。
そして、強者はそのことに罪悪感を抱かず、正当性を担保する仕組みがある、それが差別の仕組みです。

c71.hatenablog.com
この記事に「男は」と書いたのは、「男が女性を差別する仕組みが前提の世の中」だからです。
そうじゃない男性もいるでしょう。そういう男性は、わたしが今しているように、ブログに書いてほしいです。
そうして、男性を男性の内側から変えていってほしいと思います。
わたしはわたしのブログで、自分の心を整理したいと思います。

わたしにわかってほしいと望むことはとても難しいことです。
わたしは、セクハラの話をしたかったわけではありません。
構造的に、虐待行為が、男性の場合は許されていると言う話を書きたかったのです。
だから、「よかれと思って、いやなことをする女性もいる」というのは、構造から外れるので、差別だと考えていません。
男性は、差別にのっかって、その行為をしているのです。
それに女性の場合は「おせっかいで」「無遠慮に」「ずけずけと」いらぬ親切をする場合が多いと思います。
それは、わたしが男性に対して思っていることとは違います。
男性は優遇され、それゆえに、鈍い、ということを書きたかったのです。

わたしにコメントで少数派に配慮してほしいと書いた方がいます。
数が少なくとも、権力を持っているひとはいます。
そして、男性で、マイノリティで苦しんでいる方がいたら、その方をわたしは救えません。

わたしは女性が「マイノリティ」だと思っています。
だから女性のために書いています。
それが、わたしの立場です。
男女差別は構造的なものです。
優遇されている男性も失っているものがあるはずです。
だから、差別はやめるべきです。

「俺のことも考えてほしい」「こういう人のことも考えてほしい」と書きたくなる人がいるのはわかりました。
それも、わたしの考えにないだけで、差別の被害者なのかもしれません。
情報が少ないのでわかりません。だから、書きたくありません。
わたしは、差別をやめてほしいだけです。
だけど、わたしには知らない人のことを考えるキャパがありません。
だからどうか、別の人に頼んでほしいと思います。
わたしは差別のことを考えたいです。


男には悪気がない

主語が大きいと言われるのだろうが、男と言う属性というものはあるし、社会の仕組みとして存在するので主語を大きく書く。
本来こんな但し書きを書くこともいやだ。

意地悪な女性も意地悪な男性もいるが、その大きな差は、女性の場合は相手にとって「いやなことをしている」と少なくとも知った上で、やっているが、男性はむしろ「良いことをしている」つもりで、自信を持ってそれをしているということだ。ようは覚悟がない。
悪意に対して責任感がない。

男性は、男と言うだけで、能力がなくても、敬意を払って何かしてもらえるので、能力を伸ばそうとする動機に乏しいし、他人がいやがっていてもそのことに気がつく動機がない。だから鈍いままで放置される。そういうものだと思われている。

わたしが二十歳前半の頃、還暦の男性にセクハラをされた。
向こうはむろん、口説いたつもりだろう。
わたしは彼がおじいちゃんだし、会社のえらい人だと思っていたから、ちらつかされていた「えさ」、おれといると良い思いをできるよみたいなことも、単に親切だろうけどうざいな、と思い、敬老の気持ちで相手をした。
手をつなぎたいとかチークを踊りたいとかもっと飲んでほしいとかタクシーに一緒に載ろうと言われて、ようやく気づいて、会社にちくった。
この逆のことがあったとしても、女の人は、相手に悪いと思いながらするだろうし、相手が条件を付けることをもちろん受け入れるだろう。覚悟があるだろう。
だけど、この件の場合は、男性の方が「えらそうに」わたしに接したのが「鈍い」と思った。
そもそも、女性が二十代の男に手を出そうとする上限の年齢は四十代がありえるかな、と思えるラインだ。
そのくらいになると、女性だって遠慮する。だけど、男性は、いくつになっても「俺はナイスミドルだし若い女にもてる」と思っている。思っているか、思いすらしないで声をかけたら女がよってくる、よってこないとしたら、女が悪い、女が憎い、ってなる。そもそも、声をかけずにもてたいと思っているようだから、救いがない話だ。
婚活の話を聞くと、四十代の男は、子どもを産める歳だからといって、二十代の女や、三十代の女を狙うようだ。
しかし、二十代の女にとって、四十代の男にはメリットがない。人として魅力があれば別だろうが。
二十代の女は、同じくらいの歳の男と付き合った方が、自分の子どもが二十代になったときに、まだ、四十代でいられるメリットの方が大きい。
若い女にとっては、四十代の男は「お父さんの世代」だ。

広告


女の人がいやがらせをするとき、相手からの反撃を覚悟している人の方が多いだろう。だけど、男の人は、いやなことをしているつもりすらないから、反撃されると、自分が一方的に、攻撃されたように感じて、うろたえる。そして、被害者だと言い始める。
彼らはとても鈍いので、加害をしていることに気がつかない。

自分の地位が、実力の結果だと信じている。そして、女の人が、同じくらい稼げないのは、男女の身体的な差や能力の差だから合理的だと信じてる。
ようするに身の程を知らない。
身の程を知ることを教育だと定義すると、彼らには教育がない。
教育がないから、差別による優越を受け入れ、それが自分の実力だと勘違いし、その上、思うようにならないこと自体を、自分たちに対する「差別」だと呼ぶ。思うようになることが、デフォルトだから、そうじゃないことは、誰かが悪意を持って邪魔していると考えるようだ。
彼らには教育が必要だ。だが、彼らは傲慢すぎて、教育を受け入れることや自分に教育が必要だと言うことが理解できない。
彼らには悪意を持って嫌がらせをする度量がそもそもない。だから、努力も出来ない。
彼らがしていると思っている努力は、端から見ると、ほとんど意味がないものだが。それについて来れない女性は、能力が低いと決めつける。そもそもその「作法」が合理的だろうかと疑う視点をついにもてなかった。

わたしが思う男性の特徴は「受動的」だということだ。
誰かが何かしてくれることを常に待っている人が多い。
世話をしてもらうのが当然だと思っていて、それは公私で変わらない。
だから、家庭でも、会社でも、男性がいると効率が悪くなる。
女性は自分の仕事の他に、男性の世話まで引き受けて、そして、プライドも傷つけないようにしないといけないから。
それなのに、男性は、自分がしていることが悪いとも思えない。悪気がない。
悪気があれば、改善する余地があるのに。

こうして、日本は衰退し、わたしはそれが喜ばしい。

追記c71.hatenablog.com


強いから鈍いけれど、教育について考える

わたしには強い部分がある。そこがわたしの弱みだ。

わたしは教育を受けた水準が高い。その意味では強者だ。
知的レベルで言ったら強い。弱い人のことがわからない。
わたしはその部分に関して、「弱い」立場の人への想像力が欠けている。端的に行って鈍い。
わたしが受けた教育は最高水準のもので、自分でも努力したと思うが、環境が良かった部分が大きい。
参考書を買うお金ももらえなかったし塾にも行けなかったけれど、勉強したからと言って殴られなかったし、勉強をすることは良いこと、という価値観の人々に囲まれて育てられた。勉強をして足を引っ張られることもなく、勉強をしている間は放っておいてもらえたので、モチベーションは高かった。図書館が居場所だったのでたくさんの本を読んで、世界は広いらしいと知った。
学校に行かない間も、図書館は、特にわたしを排除しなかった。
わたしは大人用の棚の本も読んで、今自分が勉強しているのは本の入り口らしいとわかった。

そして、大人の本も理解できた。
いろいろな疑問がわいた。それを知るために、次々と専門書を読んだ。参考文献を追っていくと、いろいろなことがわかった。
世界の扉が開いた。
学校の勉強は興味の持てなかった分野について学ぶ機会をくれた。
もちろん、退屈なものもあったけれど。

だから、わたしは勉強をすることに迷いがなかった。点数が低いときも気にしなかった。世界を広く知るために勉強しているのだからとわかっていたから、他人への競争には興味がなかった。わたしはとてもマイペースで、だから、他人の競争で苦しんでいる人への想像力はなく、ただ、「やめれば良いじゃん?」と思っていた。

大学にはどうしても行きたかった。専門的に研究している人に、わたしが長年持っていた疑問を直接ぶつけられる機会だ。わたしはあらゆる機会で質問し、同窓生に疎まれたが、気にしなかった。関係のない学会にも出向いて、疑問に思えば質問した。
知らない分野を知るためには、パンフレットと、専門書を同時に読むのが良いことを知っているのも、独学を続けたせいだ。
全体を把握して、単語を理解したら、論理的なものは必ず読める。
わたしは読書に関しては才能がある。パターンが読める。言い換えが理解できる。

だから、わたしはそれが出来ない人への想像力もいたわりの思いも少ない。

わたしは勉強をすると良いことがあると、知らない人、モチベーションがない層への理解がない。

わたしは大学に行くと良い就職ができると思って大学に行ったわけじゃなかった。わたしの人生は大学に行くところで止まるのだと思っていた。そのさきはなにも考えていなかった。(出来たら死にたかった)

だから、大学に行くと何か、良いことがあるの?と言われても、「質問が出来る」としか言えない。だけど、そもそも「質問が思いつかない」という抑圧されている人もたくさんいるのを知っている。生徒さんにもいる。そういう人には、質問して良いのだ、と気持ちをほぐすところから始めなくてはならない。だけど、そんな環境にたどり着くためにはそもそもお金がいるのだと言うことも、わたしにはわかっている。

広告


わたしの住んでいるところは、地域全体で、教育をバックアップしているところで、無料の塾を開いている地域もある。
だから、貧富の差に関係なく、勉強をする。
働いたあとも、再チャレンジ制度があるから、社会人経験があれば(別にニートでも良い)大学に無料で入れる。

わたしはそういう強い地域にいたから、そうじゃない地域に対する想像力が少ない。

勉強をすると、ある人の言い方を借りると「身の程を知る」ことができる。
できないことを理解できるようになる。
それは、残酷なことでもあるけれど、楽にすることでもある。
無理な努力をしなくて住むようになるから。

得意なことが、もちろん、世の中の要請していることに当てはまっているとは限らない。
そもそも、得意なことがない人もいるだろう。
そうしたら、単に苦手なことがあるだけで、おかねになる能力が全くないひと、ということが、理解できるだけになる。
でも、それは、悪いことではないと思う。

わたしは想像力がないから、続けて書くけれども、頭が悪くても「順を追って、論理的に考える技法」というのは学べるものだと思っている。
若い頃は、場当たり的に、網羅するように考えた。今は、少なく的を絞って考えることができる。正解にたどり着くまでに手数が少ない。
頭脳は衰えた。それは自分が良く知っている。だけど、若い人に教えることができているのは、大学で学んだ思考の技法を知っているからだ。

能力のなさを知ることで、それを埋めること、補うことができるようになる。
それは必ずしも苦痛を感じる過程とは限らない。
教育にはそういう力があると信じている。

極端に頭が悪い人というのは、わたしには想像がつかないけれど、貧困や、周りの環境から引き離されたら、自分の位置や能力を把握して、それを埋めたり、出来ることを伸ばしたりする手だてが見つかる人が増えるはずだ。わたしはそれが教育の機能だと思っている。

わたしは教育を受ける機会を持ったと言う点で強者だ。強い。だから、鈍い。
簡単にそうはいかないよ、と思う人もいると思う。
教育は必ず序列をつけるものだ、という考えを減らしたい。
勉強は自分のためにするものだ。
世界の広さを知るためには、自分が断っている場所がどの座標か知らなくては、地図を見ることも出来ない。
わたしはそう思っている。
傲慢かもしれない。
わたしが救えるのは、一部の金持ちの子どもだけだ。だけど、誰も救わないよりもずっと良いと思って教えている。
指針を探す力を身につけてほしいと思っている。

本当は学校教育がそれをするのが一番良い。でも、そうじゃない。
だが、そういうことを始めた市町村もある。わたしは絶望できない。
日本は衰退していくだろう。
これほどひどい差別のある国では、能力を発揮できない人々がたくさんいる。
それは効率の悪いことだ。
だから、それは仕方がないと思っている。
子どもが少ないままでも仕方がないと思っている。
でも、今存在していて、未来に大人になる人たちには、同じ思いを味わってほしくない。
それは、効率のためじゃない。生きていることに絶望してほしくないから。
だから、教育は大事だ。
苦しみの中から、何かを見つけ出すために使える道具だからだ。


ネットで友だちを作ること

ネットで友だちを作ることや、旅先で友だちを作ることがときどきある。
わたしは文章で人とやり取りする方が得意だ。
だから、ネットで友だちを作る方が楽だ。
自分と気が合う人を見つけやすい。

現実では母親のことを話せば「おかあさんに感謝しないと」「育ててもらったんだから」と言われてしまう。
でも、ネットではそうじゃない。
自分の話を延々とすると、現実では嫌われるけれど、ネットじゃ、わたしの長い文章を読むのはその人の自由だ。読めなんて、強制していないもの。

広告


ネットを通して仲良くなったり、気が合う友だちになった人がいる。
現実の世界では封建的な人と出会うことが多いし、それぞれひどいことを言う人が多いので、そうじゃないひとを見つけるのは、ネットの方が適している。
そのかわり、だまされてひどい目に遭うこともある。それは現実でも同じ。同情のされ方が違うだけ。

リアルの世界にも足場はあるけれど、ネットの世界も大事だ。
自分のことを書きすぎている、と二番目のおかあさんに言われたけれど、自分の気持ちをなるべく書きたいから、書くつもり。

たとえば、自閉症のことを現実で言うのは難しいし、気の合う同じような症状の人と話すのも難しいけれど、ネットだと出来る。


虐待されていたから服のことがわからない

虐待されていたので、服を買ってもらえなかった。
だから、服を着るときのルールがよくわからない。
雑誌を禁止されていたので、読み方もわからない。
買い方もわからないし、サイズもわからない。
背中やおなかが出ていたらよくないだとか、ベルトをするべきとか、そういうこともわからない。
教えられると悲しくつらく、悔しい。
わたしのせいじゃないのに。

好きな服を着るとバカにされる。
今でも変だと言われるときはつらい。
言われないように家の中で着ている。
洋服に関して教育の機会を奪われていた。だから、自己責任と言われるとぶちぎれそうになる。


たぶん虐待されていたと思う理由

洋服を一年に二回しか買ってもらえなかった。一回のときもあったと思う。
十四歳年上の親戚の人が着ていたお古を着ていたので、恥ずかしかった。
ときどき、おばあちゃんが服を縫ってくれた。
下着も買ってもらえなかったので、しかも子供用の下着しか買ってもらえなかった。一枚につき五年くらい履いていた。からだの成長にあわせて布が伸びるんだ…。
靴も、足の成長が終わったら五年くらい買ってもらえなかった。当然、わたしが持っている靴は一足。
スクール水着をからだが成長しても買ってもらえなかったので、高学年のときおっぱいがみえてしまったことがある。
鏡を見ると、罵倒される。眉毛を切っているとき、突然背後で怒鳴られたので誤ってまぶたを切ってしまった。そのときの傷はあとになってしまった。
ちなみに妹は、エックスガールとか、ブランド品を着ていた。食べるものも別だった。
妹にはわたしが妹を虐待しているとなじられたり、人格障害と言われたりした。DVで逃げたとき、どうしても3000円あればしのげると言うことがあったのだけど、断られた。

高校生になってもブラジャーを買ってもらえなかった。
スポーツブラは許可された。
修学旅行で、友だちが可愛い下着を身に着けていることや、新品の服を着ていて驚いた。

わたしは、受験に合格しても、喜ぶなと言われた。母は、他人に自慢していた。
鏡を見ると「ファッションショーでもするつもりか」「いろけづきやがって」「塗りたくっても何もかわらない」「髪なんてどうでもいい」と言われた。

生理にはじめてなったとき、どうしたら良いかわからなくて、聞いたら、怒鳴りつけられた。このくらいのことで、ぴーぴーいうんじゃないって。
生理用品の使う量も「いくらかかってると思ってるんだ」と言われて、制限された。
子宮内膜症だったから、血の量が多かった。
病院に連れて行ってもらえなかったので、死にかけた。
ある日、道で倒れて、救急車で運ばれたら、むなぐらをつかまれて「恥ずかしい。いくらかかると思ってるんだ」と言われた。
そのとき子宮内膜症だとわかった。
勝手にしろと言われた。
骨折したとき、車を出してくれなかった。お金もくれなかったので、お年玉で払った。
強盗に襲われて、左腕の神経が切断したときも、三日後にお見舞いに来て、お金もくれなかったので、自分で全部払った。
精神科に行くときも、「わたしは偏見ないけど、二十歳になるまではダメ。そのあとは自分の責任で好きにしたら。責任は自分で取るんだよ。興信所で調べられて就職に不利になる」と言われた。
DVにあったときも、逃げた先を調べて、警察に知らせて逃げるのを阻んだ。
とにかく、病院に行くお金も、教科書も、教材費も、お年玉から払った。
参考書はお金がなくて買えなかった。
就職するなと言われた。家にいろと言われた。

広告


箸で叩かれながら、泣くな、泣かないでおいしそうに食べろと言われた。
そのとき、妹はテレビを見ながら笑っていた。
けがをしたり病気になると罵倒された。
病院に連れて行ってもらえなかった。自分で調べて自分で行った。
十八歳の頃、三歳児用のおもちゃをくれた。大人になるなというメッセージだと思う。
三日間、口をきかずに無視された。
妹がいないときは、ごはんがゆでたキャベツに醤油をかけたものと、ゆでたもやしと、三日前に炊いたごはんだった。
何か気に入らないことがあると、部屋にこもって口をきかないのがおかあさんのやり方だった。
おじいちゃんの介護を手伝った。主にしていたのはおばさんだった。おかあさんはしなかった。
「良い勉強になったでしょ」とおかあさんに言われた。

大人になってから、二番目のおかあさんに「好きでいたんでしょ。だれかが、縛ったりしていたわけじゃないんだから、自由意志だよ。二十歳を過ぎたら自分で自分の責任は取らないと。そして、育ててもらったんだから、いつかおかあさんの面倒を見る気になるよ」と言った。
これは矛盾していると思う。
わたしは虐待されているから、逃げられなかった。それで逃げた。これは自由意志だ。でも、戻れと言われている。
自由意志で?
そんなバカなと思うから、わたしはおかあさんの老後の面倒は見ない。会いたくない。
そして、そういうことをいう二番目のおかあさんのことも会いたくない。
わたしはお父さんにもおかあさんにも二番目のおかあさんにももう会う気が全然しない。
わたしの悲しさや辛さや情けなさや痛みを知っている人が一人もいないから。
逃げなかったあなたが悪いと、みんなが言った。
逃げなかった責任を自分が取らないといけないなら、じゃあ、逃げるしかない、って思う。
わたしは生きるのが楽しいと思えなかった。
死にたかった。
お金をたくさん使って、欲しいものを買った。お金はなくなった。でも、少し元気になった。
よかった。