伊予かん

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

伊予かんが好物なので、スーパーマーケットで購入した。

何の気なしに買ったけれど、伊予かんを向いたとたん、郷愁にとらわれた。

母は、伊予かんが好物で、冬になれば伊予かんを切らしたことはなかった。わたしは何の心配もせずに、飽きるまで存分に食べ、もしくは、あまりにも好きなので節約して食べた。
わたしはおいしいものを食べさせてもらって育てられた。

香りや、酸味。瑞々しい感触。幼い頃を思い出す。平和なひとときもあったのだと。

ふいに、帰りたいと思う。

けれども、わたしは帰らない。
けっして。

c71の著書

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバー 最近はフェミニズムの記事が多いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください