男性にとって、女性差別は利益がある

自明のことを書きたい。女性差別は、男性にとって利益がある。 障碍者差別は、健常者にとって、利益がある。 そのほかの差別も同様だ。 自分が差別される側ではない、ということで、自分へのプライドを保つ人から始まって、具体的な利 … “男性にとって、女性差別は利益がある”の続きを読む

いい人と思われたいことと、反差別とは相性が悪い

自戒を込めていうのだけど、「いい人と思われたい」ということと、「反差別」とは相性が悪い。最悪だ。 いい人間になりたいから反差別、というのと、いい人に「思われたいから」反差別というのは似て非なるものだ。 反差別をするために … “いい人と思われたいことと、反差別とは相性が悪い”の続きを読む

女性差別に興味を持っても、男性にはメリットがない

はじめに これは「女性差別」「女性への犯罪」に初めて気が付いて、第一走者と言ったり、女性に声をあげろと言ったり、女性差別の代弁者になろうとする男性に対して批判する文章です。 (厳密に言えば男性にとってもメリットはないわけ … “女性差別に興味を持っても、男性にはメリットがない”の続きを読む

「生きる」と「怒る」

生きているという「感じ」がするのはどういうときかというと、怒っているときだ。 怒るとパワーがわく。生きるためのパワーだ。 会社を辞めたときも、「パワハラに遭ったので病気になりました」というんじゃなくて、「パワハラだ、それ … “「生きる」と「怒る」”の続きを読む

オンラインショップを作ってるという日記

今はワードプレスでオンラインショップを作ってる。 カートがあって、商品をいれて、クレジットカード決済ができたり、銀行振込口座のメールが行くようなやつ。 woocommerceというのを使っている。 クレジットカード決済は … “オンラインショップを作ってるという日記”の続きを読む

アトピーと躁鬱とASDのスキンケア晒す

わたしはツイッターで自撮りをすぐあげるので知っている人は知っていると思うけどわたしはデブ&アトピーで肌がボロボロで、常々自分でもかわいそうだと思っている。 ので、今わたしが使っているスキンケアを書いておきます。 わたしは … “アトピーと躁鬱とASDのスキンケア晒す”の続きを読む

本当に欲しいものに限って買えない

ほしくないものはバンバン買うことができるのに、本当に欲しいものは買うことができない。 自分が本当に欲しいものが何か、自分でもわかっていない。 伴侶によると、お金を使い切らないといけないと思って、「がんばって」使っているよ … “本当に欲しいものに限って買えない”の続きを読む

自己卑下と自己憐憫

わたしは、金遣いが荒い。 伴侶はほとんど自分のために何か買う人じゃないので、余計私の金遣いの荒さが際立つ。 わたしが買うもので、生活を豊かにするものや便利にするものもあるので、一概に買い物が悪いとは言えないのだけど。 伴 … “自己卑下と自己憐憫”の続きを読む

「ありがとう」という言葉の軽さ

さっき、赤ちゃんのミルクの時間になったけれど、めんどくさいなと思っていた。 そしたら伴侶がミルクを入れて赤ちゃんに授乳してくれた。 わたしは「ありがとう」と言った。 それで、思いついたのだけど、わたしは、やりたくないなと … “「ありがとう」という言葉の軽さ”の続きを読む

責任逃れのための「自己責任」「他己責任」

自己責任という言葉は、責任逃れのための言葉である。 他人に対して、「自己責任で」というとき、「俺に責任はない」ということだけを言いたいのだ。 もっといえば「俺に迷惑をかけるな」という意味である。 もっとも卑怯な人は、他己 … “責任逃れのための「自己責任」「他己責任」”の続きを読む