男性にとって、女性差別は利益がある

自明のことを書きたい。女性差別は、男性にとって利益がある。

障碍者差別は、健常者にとって、利益がある。

そのほかの差別も同様だ。

自分が差別される側ではない、ということで、自分へのプライドを保つ人から始まって、具体的な利益を得る人は大勢いる。

安い賃金で人を雇える経営者、ケアを丸投げして自分はその義務から逃れる者、再生産から逃れる者、汚い仕事をしないで済む、属性だけでちやほやされること。

「自分はあいつらよりはまし」と思わされることでさらに上の階層の人間に懐柔され、都合の良いように動かされる。最後には殺される。

 

女性差別を利用して、ヒーローになろうとする男性がいる。

彼は、女性差別者だ。いろいろなパターンがある。女性にひどいことをして度胸試しをする男性、女性差別を人に教えようとする男性。彼がどれだけ女性差別の代弁者となろうとしても、当事者ではない。それでも、彼は、称えられる。それは女性差別の構造を踏襲している。女性から利益を得ているからだ。

 

女性が男性から利益を得ても、それは男性差別になりえない。なぜならば、権力構造が違うからだ。その違いを理解しない人間は、フェミニストをダブルスタンダードとののしる。耳を貸す必要はない。彼らを説得することもする必要がない。そもそも説得できない。彼らは女性差別から利益を得ているから、絶対に説得されない。

 

いい人間だと思われたいというのは、強い欲望だ。評価されたい、すごいと思われたい、尊敬されたい。

反差別はその手段になりうる。だから、気を付けなくてはいけない。

わたしは、たとえば、日本国内では、民族差別の代弁者にはなれない。わたしが訴えることができるのは、女性差別と障碍者差別だけだ。日本国外にでれば、差別される側に回る。白人ではないから。アジア人差別を抗議することができる。できるというのもおかしいけれど。当事者以外ができるのは、耳を傾け、明らかな差別者をつぶすこと。でも、いつもはできない。生活があるから。

 

 

わたしが以前した失敗は、セクシャルマイノリティの男性が語るフェミニズムに耳を傾けすぎたことだ。彼は、わたしよりも、学があるように思った。

わたしは、今思えば、学問に関して、女性差別を内面化しており、学のある男性の言うことには、正しさがあるのではないかと思っていた。しかし、わたしのもつ女性差別を受ける当事者性を利用されかねなかった。途中で気が付いて、引き返してみたけれど、わたしは、彼から学ぼうとするべきではなかった。

 

わたしの弱みは、「常に学びたい」という願いだ。それが欠点だ。そのため、人に付け込まれる。とはいえ、学びたいと願い、学ぶので、そうしたことにも、遅くなりはしても、気が付くことができる。

 

日本において、男性のほうが高い教育を受けやすい。だから、わたしが学びたいと思えば、男性から学術的な思想を強いれることになりやすい。そしてそれは、わたしの当事者性を奪われることにつながる。とても危険なことだ。

 

自分にとって大切な思想を、自分を差別する属性である「男性」から学ばなくてはならない。そういう状況下で、わたしは、どれだけ抗えるだろうか。学ぶ最中に少しずつ紛れ込んだ、洗脳という毒を飲み込んで、女性差別を内面化してしまう。

 

わたしは、権威に弱い。権威を持っているのはたいてい男性であり、男性の規範を身に着けた女性である。だから、わたしは、それらに背を向けなくてはならない。

 

 

男性にとって、女性差別は都合がいい。利益がある。

それを忘れてはならない。

人を信用しないわけにはいかない。何かしらの基準は必要だ。常に学んでアップデートしなくては、差別と闘えない。自分の尊厳を守れない。しかし、「学び」の中に「毒」が混じる。信じた人がさりげなく差別をし、そして、差別してきたにもかかわらず、「自分が差別された」と被害者としてふるまう。一つでも差別される属性があればそれが可能になる。

 

男性の中にも女性差別はよくないと考える人はいる。女性の中にも女性差別は必要だと考える人もいる。誰にとって何が都合よいのか、状況によっても変わる。自分の利益を主張できるのは、自分だけだ。

学問の世界も、政治の世界も、経済の世界も、男性に独占されている。そのため、それらの果実を得ようとすれば、引き換えに、心や体や思想に、男性の価値観が混じる。毒されてしまう。それを拒否すれば、コミューンや、身体、魔女などの概念に行きつく。ただ、誤解を恐れずに言えば、それも「追いやられる」ことの一形態ともいえるだろう。

 

忘れてはならないのは、男性にとって女性差別には利益があるということ。

人と人の間には、それぞれ違った正義と利害があるということ。

自分の利害を主張できるのは自分だけだということ。

その孤独の先に、かすかに連帯の道が見える。それほど連帯は難しいだろう。

連帯がたやすく見えるとしたら、それは、毒が混じる水を飲むことと同じだ。

 


投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバーhttp://www.vesii.jp/ ベシー占い 占いをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください