服を処分すること

服を買うことについての罪悪感は消えないものの、衝動があるため、買うことはできる。
今度の課題は、処分すること。
処分することにはものすごい葛藤がある。
処分したら、二度と会えない。気に入って買ったので愛着がある。
親に二度と会わないと決めるのはたやすいのに、服とおさらばするのはつらい。

今日、服をもらってもらった。
とてもかわいいスカートで、暖かくて、柔らかくて素敵だった。
でも、二年たつのに一度しかはかなかった。
服もかわいそうだ。
流行からも離れる前に誰かに来てもらったほうがいいと思って手放すことにした。
そのスカートのことはずっと頭にあって、「はかないといけない」「でもはく機会がない」という葛藤で苦しんでいた。
普段はワンピースを着ることが多いので、スカートを穿くことは、特に冬にはあまりないのだ。

服を処分して、すっきりした気持ちと、さみしいという気持ちが入り混じっている。
とても喜んでもらえた。
今はこのことについて考えたいと思っている。
服を処分することって、自分を大事にすることじゃないかと思った。
着ない服を着ないと決断すること。
自分がもっと嬉しい気持ちになる服のために、場所と心のスペースを与えること。
着てくれる人に渡せるなら、それはものを大切にしていると言える。
着たくない服をもったいないからと着るのは自分を粗末にしている。
服のことも雑に扱っている。
服をまとうということは、自分の一部を形作るということだから、そこに不満があると、自分に不満が向かってしまう。
だから、これでよかったんだ、自分を大切にするために服を手放したんだ、着ない服をずっと持っている、というのはストレスだ。
もちろん、痩せたらご褒美に着ようと思うとか、楽しみに持っているならいい。コレクションしたって良いんだ。
でも、着なきゃいけないと思うようなら、自然に着てくれる人に来てもらったほうがいい。

でもさみしい。すごくさみしい。
後悔もしているのが本音だ。
でも、また新しい服と出会える。

細菌はブランド物の中古を買ってきて、またリユース産業に戻すということをしている。
レンタルみたいなものかもしれない。
新品を買うと気分がすごく上がるけれど、気楽に服を試すのもいい。
ブランド品を気楽に買うことはできないけど、良い縫製や生地の経験を積むことができるから、中古で万歳だ。
新品の付加価値というのはどんなものにも絶対的にある。
わたしはそれには価値を見出せないからこれでいい。

服を処分するのは悪いことじゃない。
なんで悪いことだと考えているのか、どこでその価値観が植え付けられたのは考えないようにしたい。
後悔は過去に今の時間を費やすし、焦りは未来を食いつぶす。


投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバー 最近はフェミニズムの記事が多いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください