言ってることはよくわかるし、その通り…けど、大企業の正社員になるのは難しい話ですよ


はてなブログに引越して最初の記事がこのざまだよ

言ってることはわかるけど、異議申し立て。

そりゃあ、大企業に入れれば一番いい。
でも、今、大企業に入りたくても、何千倍とかそういう倍率なので入れぬ。

入れない人のことは知らねえ、ということなんだろうとわかるんだけども。

大企業に入りたかったけど、入れなかった人は常にいる。のであぶれた人は、じゃー、シューカツ頑張れば良かったじゃん、入れる人もいるんだし、とかいうと、大卒で就職率が六割くらいなので、四割の人がそもそも死んでいる上に、六割の人も大企業に入ってる人はわずか。

わたしの場合はゲームのルールがわからないまま参戦したので落選した。残念。才能がなかったのだと思う。シューカツの。
勉強が得意な人には得意な人なりの才能があるように、世の中を渡るのが上手な人には上手な人の才能があるのだと思う。
それだけのことで、わたしには才能がなかった。

それとは別に、一般論として、女の人は、そもそも大企業に入りにくい。正規労働者になれた女性が五割り切ってるんだもの。

そういう現実をふまえて「それでも大企業に入ればいい」といっても虚しい。

じゃー、どうするんだよー、って答えはないんだけども。

大企業に入れないし、組合を作る根性もないし、法律を変えられる見込みもないし、病気になる可能性は誰にでもあるし、家族を養ってなくても、稼がないといけなかったりはする。家族を頼れない人だっているだろうし。

わたしの場合は、会社を辞めるしかなかった。
けど、先のことを心配しても仕方がないと、最近思える時間がわずかでもある。
それに、アルバイトは楽しい。
正社員のときより、仕事に楽しさがある。サービス残業がないのと、怒られなくなったから。
時給通りの仕事をして、時間になったらすぐ帰る。
それだけで、人生が楽しくなった。

食べれてるかと言うと、食べれてないのだけど。
食べれていない分は家族に面倒を見てもらってる。身もふたもない。
わたしは恵まれてる。
犯罪にあったり、緊急病院も含めて、入院何度もしてたり、いろいろしてるから、恵まれてない部分もあるけど、恵まれてる部分もある。
アルバイトが結果的に楽しいのも恵まれていた。
働くことが楽しいことを知らずに生きて行く可能性もあった訳で、そういう意味では悪くないと思う。

大企業に入れる人は入った方がいいし、それで楽しかったり、食べて行けたりして、満足できたら一番いい。
でも、そうじゃなくて、その人なりに、恵まれてる部分に引け目を感じすぎたりもせず、人生にあわせて価値観を変えて生きて行くのも良いと思う。

c71の著書

スポンサーリンク
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください