mtfへのわたしの混乱及びバグ

以前、「トランス女性のことは女性と認識している」と書いたけれど、自分でよく考えてみて、「認識してないな」と思ったので、その理由を書く。

(そういう風に認識しているならトランス女性という言い方をしないで女性だけで済ませるはずだという指摘を受けた)

わたしは、mtfのことを考えるとバグる。

その理由は、

  • mtfは、おそらく男性として扱われて育ったので、女性として味わった差別的な経験を共有できるのか疑念がある
  • パス度が高ければ、そもそもmtfだとこちらが気づかないのだが、その過程で男尊女卑的な考え方を強化していないか疑念がある
  • パス度が高い低いを社会が求めているのはいいことじゃない。わたしは、女らしくあれと言われていることが嫌だという価値観を持っているから。しかし、パス度が低い人を、無警戒で女性として受け入れる自信がない。それは矛盾している。

という三つである。

今回は上記の上から二つを論点として書きたい。

本来なら、「女性にも女性差別をされた経験がないという人いる」「男尊女卑的な考え方を身に着けた女性も掃いて捨てるほどいる」で、終わりだ。

けれど、ひっかかっているのは、以前に、「女だから理解できないだろう、適性がないと受けられなかった授業があった」と女性が発言したのに対して、mtfの方が言った「高専だったけど、英語を勉強させてもらえなかった」という反応に傷ついたままでいるからだ。

どちらも、勉強をする権利を奪われたことに変わりがないのだけど、前者は女性差別のよくある例なのに、その前提を踏まえられていないのが悲しかった。

それで、わたしは、それとこれとは違うということを説明したが、理解されなかったので、「男性として育てられたから、教育については、男性特権を享受してきたため、見えないことがあるのではないか」と批判した。

こういったとき「彼女」が無理解だった、と終わらせるべきだったのか、「mtfだから無理解だったのだ」と範囲を広げてよかったのか、いまだに迷っている。

 

わたしは「mtfです」と言われたとき、わたしの頭の中では、この人は「m」だった、「m」として扱われてきた、という歴史性が存在するのだ、という発想が生まれる。その人が、その歴史をどう考えているか、その歴史があっても、女性の子供時代に遭う差別に対してのリアリティを共有できるか、とても気になる。

そのうえで、その人が、男性的な価値観で、加害的な言動を取ったときに、わたしはバグる。

批判していいのか?マイノリティに対する、マジョリティからの攻撃なんじゃないか?

そもそも、わたしは、女性の権利を向上するために戦いたい。

そこで、本来はこうすればいいんだろう。

女性の権利向上に反するものは、たとえそれが女性であっても、mtfであっても批判する。わたしは、前述の発言者を「彼女」と呼んだ。だから、守るべき権利を持つ彼女の女性としての権利を守りたい。一方で、女性差別に無理解であったり、女性差別的であったら、批判する。

 

ただ、わたしは、現実問題として、実際には、女性差別的な価値観を身につけた女性に対して、ほとんど批判しない。彼女たちこそ被害者だと思うからだ。平等な社会だったら、差別に対して、生存のための適応をしなくていい。

また、わたしは前述の発言をした彼女が不意に出した、男性的な価値観が恐ろしかった。女性だと思おうとしていたとき、「やっぱり男性なのかもしれない」と思うと警戒してしまう。わたしに関していえば、それはトランスフォビアと呼ばれてもそれは仕方がないと思う。けれど、同じようにおびえる女性に対して、「それはトランスフォビアだ」と言いたくない。わたしは、その恐れを理解できるし、それはもっともだと思うからだ。そうなったら、絶対に、わたしは、「シス女性」の味方をする。そういう風に決めている。

結果、わたしはバグる。(どちらも女性なのに、シス女性を優先する。つまり、わたしは、シス女性を優先すべき「女性」と考えているのだ)

 

以前、「あなたは、mtfのおすみつきをもらおうとしてきょろきょろしている。苦しんでいる女性はあなたを見ている。あなたは、女性のために戦ってほしい」と指摘された。

それも事実で、指摘を受け入れるのは、無性に苦しかった。それからずっと悩んでいる(長いやり取りをしてもらって指摘に感謝している)。悩んでいるのは「正しくありたい」という欲のためだ。

悩んだ結果、わたしは、「女性」を優先することに決めた。わたしはシス女性で、自分の権利や、同じ状況の人のため、権利を向上させたい。

結果として、ほかの人々が生きやすくなれば一番いいが、それは結果として伴えばいいくらいのことで、わたし自身戦うのは、女性のため。

一番いいのは、誰かが、「男性的な価値観」をとりだして、人をおびえさせたら、そのこと自体を批判することだ。その誰かの属性を考慮せず。

でも、実際には、わたしは、発言者の属性を非常に考慮する。それが女性か男性かとても気にする。社会構造の産んだ被害者なのか、加害者なのか、それに適応して防御しようとしているのか、ただ、加害しようとしているのか、それによって、批判内容が大きく異なるからだ。

だから、やっぱり、わたしは、「mtfです」と名乗られた上で、男性的な、加害的な価値観や考え方を表出させられたら、その属性を考慮しうえで批判するだろう。ただ、それも、マイノリティに対する過剰な要請である可能性も捨てきれない。

 

こうやって、整理をして、方針を立てようとしても、現実の流れで、ネット上でも現実でも、具体的な個別のケースで適切に対応する自信がまだない。

 

これを公開するのもさんざん悩んだけれど、自分にとって、大切なことなので、公開する。


悪い表現に悪いということ

たとえば、小川榮太郎の書いたような文章を読んだ時(それは余命三年だろうがなんだろうが好きなものを当てはめてください)、人は傷つけられる。

文章は人を傷つける。

傷つけられた人の反応はさまざまだ。我慢する人、黙る人、傷つく自分が悪いと思う人、そして、「これは悪いものだ」という人。

「これは悪い」という人の意義は高い。我慢し、黙り、傷ついて孤立した人を助けることができる。傷ついた人を孤立させない、また、傷ついたという感情を肯定するメッセージを発している。

「批判」というものをネガティブに思う人がいるらしいが、批判は、無言で孤立している人をエンパワーメントする役割もある。また、世の中にこういうものは許さない人間がいる、ということを伝えることもできる。

ポルノグラフィティの話になると、ポルノグラフィティに関する表現の自由を守りたい人たちは、傷ついた人々にも「批判する自由」があることを忘れてしまう。それも表現の自由であるのに。

弾圧だ、という。

しかし、ヘイトスピーチが、表現の自由の範疇にないことを、市井の人々が勝ち取ったように、「ヘイト画像」(今作った造語)にも表現の自由の範疇にないことを、これから我々は勝ち取れるはずだと思う。

良い言説があり、悪い言説がある。批判は、それが好きかどうかは全く別に起きるものだ。

「表現の自由」をたてに「ヘイト画像」と呼べるようなポルノグラフィティに一切の批判を許さない人々は、「批判をする人はそれを嫌いだから批判する」のだと思っている。

しかし、批判は。半ば自動的に導かれるものだとわたしは感じていて、例えば、それが好きであっても、批判をしなくてはならない時、わたしは批判をする。それが論理的に導かれるものであるときもあり、直感的に導かれるものであるときもある。

良い言説、悪い言説があるように、良い画像、悪い画像がある。

良いエロティックなもの、悪いエロティックなものもあるだろう。

言論について、それが「悪いもの」があることは、社会的に共通に認識されているが、「イラスト」「グラビア」「広告」に関しては、「悪いものと良いものがある」と示しただけで、「弾圧だ」「表現の自由の侵害だ」「価値判断をすること自体がいけない」とすら言われてしまう。

しかし、意図して表現されているものすべて、それには、メッセージ性がある。

わたしたち人間は、言葉でなくても、それらのメッセージを読み取ることができる。

絵画、イラスト、写真、それらはすべて、誰かが意図して表現方法を練り、伝えたいこと(無意識か、自覚的であるかどうかは別として、作者の価値観を反映するのが表現である)があるために存在しているのだ。その伝えたいことが、なんなのかは作者にもわからないとしても、それを「見る」人がいれば、そこには、メッセージが生まれる。

わたしは、消滅するべき言説があると思う。ヘイトスピーチのようなもの。

それと同じように、消滅させるべき、「エロ表現」「ポルノグラフィティ」があると思う。それらは、「ヘイト画像」と呼んでいい。

社会構造が作り出す弱者をいたぶり、居心地が悪くなるようなメッセージを発しているもの。それらは、ヘイト画像と呼びたい。

「女をいたぶるとエロティックであり、興奮する。女は、何をされても決して痛がらず、最終的には喜ぶ」「女が身に着けている【下着】はエロティックなものだ」「制服はエロい」「女の胸と尻を観たらだれでも興奮する」というようなメッセージを発しているもの。そういうものは、ヘイトスピーチが許されないのと同じように、許されないという価値観を育てていくべきだ。

時代はよくなって、ヘイトスピーチを規制することに、社会的な合意ができてきた。ヘイトスピーチをヘイトスピーチと呼ぶことで、それを「言論に対する弾圧であり表現の自由の侵害だ」という人は、呆れられる。

それに引き換え、ポルノグラフィティ、中でも「被害者」がいないとされる「イラスト」に関して、「批判」するだけで、「表現の自由の侵害」と言われる現状は、イラストに関しても、社会の理解が浅いと思う。

イラストの持つメッセージ性が軽んじられているから、批判から逃れているのではないか。あるイラストを批判すること自体は、なんら、どの自由も侵害していない。それは自明なことだ。

人が生活しているとき、場面による文脈がある。

たとえば、朝、起きて、人と会えば「おはよう」という。それは、朝の場面という文脈が人と人の間に共有されているからだ。非言語的な文脈は、存在しているという一例である。

その、非言語的な文脈の中で、ふさわしくない登場の仕方をしているポルノグラフィティがあれば、それは、「登場する場面とイラストとのそぐわなさ」が発しているメッセージについても、批判するべきだ。

例えば、子供向けの売り場に、エロ技法で描かれたイラストの表紙があれば、そのメッセージは「男性は、常に自分が女や子供を性的に扱う権力を持つことを誇示できる」というものだ。これは、言論と同じように批判できるはずだ。

 

 

わたしたちは、文章を読むとき、自然と、その文脈を追って読む。

そのうえ、例えば、小説を読んだ時、その小説が書かれた時代背景についてすら考えることもできる。「夏目漱石が坊ちゃんを書いた時の時代背景」について。

漫画にもそれをできる。「手塚治虫の漫画で出てくる黒人表現は、今では差別的なものだと了解されているが、当時はそうではなかった。しかし、それでも、傑作である」というように。

わたしたちは、文脈を追って読む、という訓練をしてきており、また、生活においても、「生活の文脈」に沿って生活している。

それなのに、「イラスト」「写真」となると、その感覚を失ってしまう。

 

悪いポルノグラフィティは存在する。

そのとき、悪いポルノグラフィティを二つの観点から批判できる。

「場にそぐわない展示をしている」「ヘイト的なメッセージを含有している」

愛好者も、批判者も、ビジュアル的な表現の持つメッセージ性を軽んじてはいけない。

悪いものは悪い、そういう批判が、豊かな表現を育てるだろう。そして、女性や子供が安心して過ごせる、人格権を尊重する社会を作るだろう。

関連記事

 


女性や子供を消費物とする表現はもう嫌だ

女性や子供を消費物として扱う、というと、よくわからない人も多いかもしれません。

女性や子供の表象を利用して、そこから人格をはぎ取り、見た者が一方的な意味づけをする…ようなものを想定しています。

具体的には、

学生服姿の女性のスカートから伸びる足を切り取って撮ったもの。

女性の胸元だけを切り取って撮った写真やイラスト。

衣服を身に着けているはずなのに、布が股間に張り付くかのような表現をされたイラスト。

マイルドなものの例をあげましたが。

女性や子供が、主に男性の妄想に都合がよく描かれたものすべてが、わたしはもうつくづく嫌です。

もし、家庭の中で、ポルノグラフィティを子供に見せたら虐待です。

しかし、一歩外に出たら、それに類するものがあふれています。

わたしは、子供のころから、それを嫌だと思う気持ちにふたをしてきました。

「それがある理由」を一生懸命考えて、「仕方がないんだ」と飲み込もうとしました。

興味をもって、慣れようとしたこともあります。いったんは慣れたと思ったこともあります。

でも、今思えばそれは過剰適応でした。

今、書店に並ぶライトノベル(ラノベ)の表紙について、喧々囂々です。

ゾーニングをすべきだ、いや、それは隔離になる、隔離されて周縁においやるのか、ゾーニングするとしたらその基準を国にゆだねるのか、表現の自由はなんとしても守らなければならない。

表現の自由を持ち出すのならば、人格権を持ち出したいと思います。

わたしは素朴な「嫌だ」という感覚、感情を重要だと思っています。

例えば、損害賠償請求の際にも、「心の状況」「不快に思ったか否か」というのは、非常に大切な点になります。

人格権とは、基本的人権から導かれる権利です。憲法11条、憲法13条に基づきます。

憲法13条は、

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

としています。

これは、労働法上の感情型セクハラについての条文の根拠となります。

現在、残念ながら、特定人以外への差別的表現に対して、規制する条文はないので、わたしが「ああいう表現は嫌だ」と言ったとしても、法律上はどうすることもできません。

環境的セクハラというのは、労働厚生省によると

「環境型セクシュアルハラスメント」とは、職場において行われる女性労働者の意に反する性的な言動により女性労働者の就業環境が不快なものとなったため、能力の発揮に重大な悪影響が生じる等当該女性労働者が就業する上で看過できない程度の支障が生じることであって、その状況は多様であるが、典型的な例として、次のようなものがある。

(1)

 事務所内において事業主が女性労働者の腰、胸等に度々触ったため、当該女性労働者が苦痛に感じてその就業意欲が低下していること。

(2)

 同僚が取引先において女性労働者に係る性的な内容の情報を意図的かつ継続的に流布したため、当該女性労働者が苦痛に感じて仕事が手につかないこと。

(3)

 女性労働者が抗議をしているにもかかわらず、事務所内にヌードポスターを掲示しているため、当該女性労働者が苦痛に感じて業務に専念できないこと。

と定義されています。職場環境の問題と、生活空間や公共空間を並列に並べるのは乱暴かとも思いますが、援用できそうな気もするんですよね。

つまり、ヌードポスターを公に掲示することが、女性労働者の苦痛に感じるため、それをやめさせることができる、という理論を使えないかということです。

男性社会では、「気持ち」「感情」というのは、論拠として、バカにされる要素ですが、まさに、その「苦痛に感じ」ることが、要件になっています。

ヌードポスターを掲示することで、女性にどんなメッセージを送るか、というと、「女とは、記号的な、肉体に還元できる」「お前は女である」「お前はエロい肉である」「俺はこの空間を自分の好きなように支配する」「ゆえに、この空間にいるお前のことも支配できる」ということなんです。

女性や子供が性被害に遭ったとき、まず言われることは「そこにいたのが悪い」「自衛しなかったことが悪い」「気を持たせたのが悪い」ということです。

職場というのは「そこにいるしかなく」「自衛することもできない」場所です。気を持たせたのが悪いに至っては、相手の妄想をコントロールすることができないのですから、なおさら逃げられません(妄想型セクシュアルハラスメントというのもがります)。

ところで、職場でなくても、これは同じです。

すべての人はあらゆる場所に自由に行く権利を持っています。

ある場所に行くのが、仕方なくでも、自発的にであっても、その場所にいたから犯罪に遭っても仕方がない、ということはありません。

どの場所にいたとしても、「安全に過ごせる」というのは、基本的人権です。

しかし、女性や子供にとって、すべての場所が安全な場所ではありません。

書店、公衆トイレ、電車、駅、図書館、美術館、大通りの歩道、信号待ち、エスカレーター前、遊園地、学校、会社、カラオケ、などなど、あらゆる場所が性的被害に遭う可能性のある場所です。これらは、わたしが危険な目や被害に遭った場所です。これらをすべて避けて生活することはできません。もし、それをしろ、という人がいたら、その人は、女性や子供に、「幸福な人生」をあきらめるように勧めているのと同じです。それこそ人権侵害です。具体的には先ほど挙げた13条違反です。13条は、対私人に適用されます。

例えば、書店の全年齢向けの「ラノベ」の表紙が、女性や子供の表象を性的、もしくは「もののように消費物のように」描いたとしたら、それの発するメッセージはこうです。

「女性や子供は、このように扱われて当然の存在だ」ということです。

(ラノベ、というのは、そもそも子供が小説を読みたいと思ったときに、最初に手に取るジャンルの一つだとも思いますが)

公共空間にあるというのは、そういうメッセージ性があるということです。

わたしは、もっと悪いもの、つまり、イラストや漫画の形式で描かれた、女性や子供の体を破壊する表現もあることを知っています。

それらがわたしに投げかけたメッセージは、こうです。

「女性や子供の体を破壊することはとても興奮する、エロチックなことである。そのとき、女性や子供は痛みを感じない」

これは、端的に言って間違っています。

わたしは、ずいぶん、このような文脈やコードに取り込まれました。

ポルノ表現を見続けると、脳や思考に悪影響がある、という記事も読んだことがあります。女性蔑視を当然とする考え方にも結びつき、何が女性蔑視に当たるかを感じ取るためのセンサーも壊れてしまうんでしょう。

「女性蔑視なんてない、なぜなら俺は認識したことがないから」とうそぶくような人間がいます。

表現の自由は、批判する自由でもあります。

だから、わたしは、女性や子供を消費するような表現を嫌だと言います。そして、消え去ってほしいと思います。

それは、かつて子供だったわたしのためであり、今、子供時代を送る、新しい世代に同じ思いをして、傷つき歪まずに育ってほしいからです。

 

 

参考

セクシュアル・ハラスメント 法務省


子供を持つか、持たざるべきか

子供を産んでから後悔したことは一度もない。

毎日この幸せな瞬間を覚えておくことができないなんて切ない、と思う。

しかしながら、友達には子供を産むこと自体は勧めない。

理由は命の危険があるからだ。

妊娠初期では化学的流産をする場合がある。中期後期も切迫流産をしたり、安定期になっても気は抜けない。胎盤剥離は、速やかに対処しなければ、失血死してしまう。

つわりは、わたしは妊娠初期から、産むまであった。なんなら今も吐きやすい。

牡蠣にあたって、インフルエンザにかかったみたいな具合の悪さが八か月続いた挙句、産んだら産んだで回復していないのに、二十四時間緊張しながら、一時間ごとに子供の世話をしないといけない。

わたしは、期間の長さから言って、陣痛よりつわりのほうがつらかったと思うが、陣痛が痛くなかったわけでもない。

妊娠直前、出産直後に歯を診てもらったのにかかわらず、一年後、三本も虫歯が見つかった。歯がボロボロになるのは本当だ。

産む前よりも産んだほうが大変というが、産んだ後は、子供と親がセパレートされているので、人に預けることができる。産んだあとは、休める。

男は産むことができない。わたしは今でも伴侶が産んでいないことを疑問に思うくらいだ。「君、産んでないよね」というと「産んでないねごめんね」と言われる。妊婦あるあるを共有できないのはさみしい。

女性は、死の危険を潜り抜けてようやく子供を手にするけど、男性は寝ている間にいつの間にか子供ができて「心の準備ができていない」「母親にはかなわない」といって敵前逃亡をする。

そんな奴は焼き払え、と言いたいが、誰も屑と結婚したいと思って屑と結婚したわけじゃないのだ。素敵だと思っていた相手が、実は「心の準備ができていないから妊娠中しっかり心の準備をしていて、生まれたときから母になるべく仕組みが備わっている母親が子育てをするのがいい」とほざくあほだと誰が思うだろう?

思わないだろう。

みんな、自分の連れ合いはそうじゃない、屑じゃないと信じていてなおかつ産後屑だったとわかるので、人生はつらい。見抜くも何も、未婚女性は、結婚の経験がないから、予兆があってもそれが予兆だと思わない。

なんだかおかしいかも?と思い始めたときには結婚話が進んでおり、それが「なんかおかしいかも?」くらいで後戻りできない暗い話が進行しており、なおかつ「これを逃したらもう結婚できないかもしれない」と思っていたら、絶対に結婚をやめることはできない。やめたほうがいいと思うけど。現実は難しいのだ。

わたしたちは、実家を双方一切頼っていない。その代わり社会の資源を頼っている。社会はわたしの子育ての困難さを軽減するために存在しているのだ。

社会はなぜ存在しているかというと、お互い助け合うことによって生存率を上げるというために存在しているのだから、社会の不備は人類の不備である。

人類を増やす目的で死にかけたのだから社会的資源を当てにしても当然の権利である。ただ、当然の権利だと思っていない人は多い。

当然と思っていない人は罵詈雑言を解き放つし、もしくは解き放たれることを恐れて自分で何とかしようとする。

男性の連れ合いが屑でも「でもあいつ、いいやつだから」と言って、愚痴を封印してくる自称友達は事欠かない。

そういう状況で産むのは難しい。

せめてもと思って、ネットで書いて共有しようとするとどこからともなくミソジニストが現れる。

女が安全に子供を産み育てるためには安全な医療と、安全を保障する社会が必要なのだ。

一人の女が産むことを決意するだけでは足りない。

本来は、自己決定権に基づき、女が一人で産むことを決意したら産める育てるという社会がベストだが今はそうなっていない。女が一人で産むことを決意するという意味は、結局腹の中で子供を育てて、それを外に出すという行為は、一人きりでするしかない、という意味だ。

産むときは一人だ。だから、わたしは「子供のいる生活は最高だが、勧めはしない」という。