「やりたいこと」を明確にするための「嫌い」

やりたいことがない、って人は、好き嫌いもぼんやりしている。

周りにおぜん立てされて、いい風にしてもらえることに慣れていて、足りないものを感じることがない。

その時の思い付きで、「これをやってみたい」と思うけれど、そのやってみたいことの道のりを考えて、逆算して、じゃあ、今はこれをしておかないとそれができるようにはならない、たどり着かない、と考える発想がない。発想がないから、「今しないとできるようにならないよ」と言っても、「なんとかなりませんかね、がんばったら」という。でも、頑張るって何だろう?

「頑張るって何を?」と聞いても、「わかんないですけど」みたいにいう。

頑張る頑張ると口では言うけど別に具体的に何か行動を起こすわけじゃない。誰かが何とかしてくれるのを待っている。

 

「こうなるのは絶対ヤダ」と思っている人はそれを避けるために行動をするだろう。考えて、避ける。そうしているうちに、これはいやだけど、あれはいいかもしれない、と思うようになる。いやなものを避けていくと、力が付く。

もちろん、食わず嫌いで、イメージであれは嫌いと思っていたら世界は狭いままだ。たとえば、学校のカリキュラムは、本人が「その時点で」興味がないものに強制的に触れさせるという意味で優れている。嫌いなものを理解しようとすることも大切だ。そうすることで世界も広がる場合もある。

でも、それも、「嫌いだ」「嫌だ」ということがはっきりしているからできることであって、嫌いだとか嫌だとか、いわゆる世間で「負の感情」とされているものにふたをしていたら、何もわからないまま終わる。

誰かに何とかしてほしいなと思いながら年を取ってしまう。

嫌だ、というのは、「自由」への扉だ。提示されたものを否定するのは楽しいことだ。提示されたことを拒否する、拒否しない、その選択権があるということが自由というものである。

周りにお膳されるというのは、周りの都合に流されるということだ。

それに慣れると、周りの「あなたのためにしていること」という言葉をそのまま受け取って、でも、心の中の違和感に気が付けなくなる。

自分の人生を生きるためには、嫌だ、嫌いだ、拒否する、ということが大切になる。

それが前向きであり自由である。いい人、「都合のいい人」「言いなりになる人」は、結局、自分を生きることができない。

拒否することを恐れないでほしい。