電子書籍「自閉症スペクトラム戦記」近々出ます

今、協力してくださる方がいて、文学フリマで出していた、「自閉症」関連の書籍を作っています。 今とは、心境も違うのですが、その時の気持ちを書いたものです。 それが出るのが一番最近の楽しみです。 もう少ししたら、出版できるの … “電子書籍「自閉症スペクトラム戦記」近々出ます”の続きを読む

ミラーなわたし

わたしは人の欲望を読んで、それを実行してしまいやすい。 それは、相手が喜ぶなら、自分が死んでもかまわない、という思考の癖があるせいだ。 死ぬ、というのはいろいろな意味があって、肉体的に死ぬということももちろんあるけれど、 … “ミラーなわたし”の続きを読む

自分の気持ちがわからない

わたしは自他の区別があまりないのか、人の顔色を窺って、相手の要望をかなえたいというところがある。 特に断る理由がなければ、自分に不利なことでも引き受けてしまうことがある。 違和感が重なって、だんだん積もっていくと、その人 … “自分の気持ちがわからない”の続きを読む

他人の人生は見世物か

他人の人生は見世物じゃない。 どんなに自分からかけ離れているように見えても、近づき方にはマナーがある。 動物園の動物を見るように、人を見てはいけない。 人には人生があって、その背景がある。その背景を知ることなしに「そんな … “他人の人生は見世物か”の続きを読む

名前を奪われること、名前を付けること

DV加害者は名前を奪う。 名前を呼ばなくなる。名前というのは、自我や、アイデンティティのよりどころになるものなので、表面上よりもダメージが大きい。 名前を失った人にしかわからない痛みだから、人に話しても、わかってもらえな … “名前を奪われること、名前を付けること”の続きを読む

白黒思考の自閉症の人が肯定感を得るには

自閉症の子達は白か黒、0か100の世界観を生きている子が多いから「失敗はこの世の終わりだー」と極端に失敗を恐れる子が多い。だからこの子達にとっての自己肯定感獲得の始まりは「失敗してもやりなおせばいいんだよ」「まだチャンス … “白黒思考の自閉症の人が肯定感を得るには”の続きを読む

DV、モラハラから逃げられないのは、あなたのせいじゃない

逃げればよかったのに、逃げなかったのは、そこにいたかったからに違いない。 縛られていたわけじゃないし、ということは、わたしも言われたことがある。 モラハラ、DV、軟禁からにげられないのは、逃げるアクションに至るまでの「思 … “DV、モラハラから逃げられないのは、あなたのせいじゃない”の続きを読む