わたしはロハスでもエコでもないし、西洋医学万歳だ

わたしは漢方も飲むけれども、ベースは、西洋医学万歳だ。

さっぱり治せるし、生活を快適にする力は最もある。

西洋医学がなければ、アトピーがもっとひどくて、家から出られない状況だったし、精神状態も良くならず、家から出られず人生を終えていただろう。無責任な助言はしないでいただきたい。靴下はかさねばきしたくないし、ロハスでもエコでもない。使える便利なものはどんどんつかいたい。好みの問題だから、立ち入ってほしくない。

病気を治すというのは難しい話だ。
西洋医学は治せない、というが、西洋医学は症状を止められるのだ!

これはなんと素晴らしい恩恵だろう。
わたしは、今、すぐ、この症状を止めたいんだ!!!!!っていつも思っている。
たとえ、それでは治らないと水を差されてもだ。じゃあ、薬飲まなければ治るのか、そうじゃないだろう。

薬を飲んで症状を抑えている間にいろんな人生を体験することによって、治っていくんだろう。症状を抑えられなくて気分の上下不安、パニックが野放しになっていたら、体力を消耗しすぎて、わたしは働きにもいけない。薬万歳だ。

わたしに薬を減らしたらいいとか言わないでください。
わたしは減らしたいと思っているけれど、それは、わたしの問題だから。
口を出してほしくない。好みが違うんだから。

それに西洋医学はすごいぞ。アレルギーを抑えているのは西洋医学だ。
漢方は抑えてくれなかった。アレルギー体質は改善されない。弱まることはあるけれど、なくならない。最新の研究ではそうらしい。一生そうらしい。だけど、薬を飲んで快適に暮らすことはできるのだ。それこそが希望だ。生活のクオリティを落とすようなことを言われるとストレスになります。

アトピーは治らないの。治らないって認めたらつけこまれたいですむの。治りたいからつけこまれるの。宗教とか怪しい薬や体操に。効いて治るならあんなに本でないです。本が出るということが、なおらないことを逆説的に証明している。

治らないけれども快適に暮らすことはできる。それを実現するのが西洋医学だと思うよ。


投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバー 最近はフェミニズムの記事が多いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください