心のアラーム


ここに書いてあるのは、わたしが「心のアラーム」と呼んでいるものなのかもしれません。

侵入されたと思ったら「心のアラーム」がなります。

それは、わたしの「決めること」です。

心のアラームを聞こえない風にしたらろくなことがありませんし、レイプされてしまうことだってあります。

わたしは「いやだ」「逃げる」という選択をするとき、心の中でりんりんとアラームが鳴るのです。

心のアラームを大切にするようにしてから、「人のことをいやに下げてものを言う人」にたいしてきっぱり冷たい態度が取れるようになりました。
誰に対してもニコニコすることはしなくてもいいのです。

切り捨てますし、それでいいです。いらないものはいらないです。

c71の著書

スポンサーリンク
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください