社会のルールが平等じゃない

わたしは、女性が男性と同じように働くべきだとは思ってない。

なぜかというと、この社会は男のルールでできているから、女性には最初から不利だ。
それを「男女は不平等だ」という言い方をする人もいる。現実を見ろとか、現実を教えろという人もいる。
現実を追認するのと、現実に対応しながら、変革を試みるのは違っていると思っていて、わたしはできるならば後者でありたい。

女性が、男性と同じように働くには「頑張る」必要がある。
その時点で、同じ土俵に立てていない。見えない天井も壁もある。女性の下で働きたくないだとか、女性には出世の道がないだとか。ベンチャー企業に勤めた女性がいるのだけど、彼女は同じように働いている同期の男性と、二年で給料に差がついていたといっていた。

それもそうだし、女性には、出産に関わるコストがかかる。働く前から「あなたはいずれ出産しますよね?」と言われる。
出産するしないに関わらず、月経があり、月経は人によって、動けないくらい体調不良を招く。それがもともとない人間と同じようには働けない。
だから「男のほうが優れている」という風な結論を導き出す人も多い。
人類が滅亡しようとなんだろうと、どうでもいいんだけど、「人手」というものは、どこかの女性が十歳前後から血を流しながら体の準備をして、四十週吐きながら体の中で育成して、死にそうになりながら、産みだした誰かなのだけど、そこのところは見ない人がいますよね。フリーライダー。

だから、わたしは男性と同じように働くことはしないし、あきらめてもいる。

男のルールの社会は、たくさん人が死ぬし、人が生まれにくくなるし、育ちにくくなる。それはおかしいんじゃないの?と思う。

つわりがひどい間、「この間、普通、産休取れないんだよね、耐えられない人は、仕事をやめるしかなく、そして、出産を機にやめた人は、ほとんど、パートにしかなれないんだよね」という暗澹たる気持ちになった。母親がしんどい時、父親になる人の睾丸が同期して腫れ上がるとかになればいいのにね。

ベシー占い 占い承ります。


偽医学にご用心

薬は体に悪いという人がいる。
しかし、病気は健康に悪い。
当たり前だ。
薬で病気の症状が軽減できたら、その分、楽に休むことができる。
根本的な治療にこだわる人がいる。
たとえば、わたしはアトピーで皮膚がボロボロだ。
ステロイドを適切に使えば、亜鉛軟膏を使えば、傷は早く治る。そうすると、感染症から身を守れる。
生活の質も上がる。でも、それを許せない人もいる。

皮膚がボロボロで傷だらけで、バリアーの役を果たせず、痛みやかゆみがあるなら、それを取り除くのが先だ。
体質は変わるかどうかわからない。

でも、根本的に体質を変えろと言ってくる人がいる。
健康的な人には信じられないかもしれないが、根治しにくい病気を持っていると、ハイエナのように、新興宗教やマルチに勧誘される。最初はただで渡される。良いでしょ、薬や病院に頼ると、体の力が失われるの、根本的に治さないと。
一時的に悪くなっても、それは好転反応。幸せになりたいよね?

うちの母は、自然なものにこだわって、洗濯も粉石けんに変えた。そのせいで、洗濯物にはカビが生え、アレルギーは悪化した。
一人暮らしになってから、精神的にも肉体的にも、ずっと楽になった。
アレルギー物質を除去するために、一日エアコンをつけ、空気の出入りを減らし、乾燥機をかけ、ハウスダストを減らすためにこまめな掃除をする。それが自分でコントロールできるのは素晴らしい。

サプリも漢方も、副作用がないと勧めてくる人がいる。
副作用があるかないか、それは、調べてないから、わからない。わからないから、ないってことになってる。そういうことだと思う。
普通、効用のあるものには、副作用があるものがほとんどだ。それが普通だ。効き目のほうが、副作用より、益があるから、使える。
副作用があるとわかっているものは、医者がコントロールできるということだ。

漢方外来に行ったら、牛乳をやめて、肉食もやめろと言われた。
藁にもすがる思いで行ったので、しばらく気になった。
でも、アレルゲンでないものを除去する理由はないと結論した。
もし、牛乳をやめて、アトピーが治るなら、もう、そういう調査や研究が行われているだろうし、でも、そういう発表を聞いたことがない。
その人は、日本人は肉も牛乳も食べてこなかったから、体質に合わない、だから、肌が鮫肌になる、と主張してきた。
でも、縄文時代に、日本人は肉を食べていたはずだし、平安時代には牛乳があった。言っていることが無茶苦茶だ。
ようするに、根拠がない。思い込みだ。
食べたことがないものだから駄目なのだったら、お茶もだめだろうし、コーヒーもだめだろうし。
牛乳や肉は、栄養が豊富だ。それを捨てるメリットが「一年後にアトピーが良くなるかもしれない」ということだけだ。
その間悪くなったとしても「好転反応だ」と言われる可能性もある。
責任を取ってもらえない。痛いのもかゆいのも自分だ。

関係ないことなのに、母親と仲良くしろ、どうして、距離を置いているのだ、と言われたこともドクハラだと思った。

そんなことまで、どうして言われないといけないのか。
精神疾患や、自閉症だということも伝えた。摂食障害があることも伝えた。なのに、それらは考慮されなかった。

以前、中国に東洋医学を学びに、留学した西洋医学の医者にかかっていたことがある。
その医者は、「あれもだめ、これもだめ、と言っていたら、食べるものがなくなっちゃう。水も飲めなくなる。だから、バランスよく、いろいろなものを食べて、一つのものを食べることのリスクを減らすことが大事」ということを言ってくれた。
わたしは、そのころ、ほかの漢方薬局に「医食同源。あれを食べるのは体を冷やす。これは炎症を強める」など言われて、食べるのが怖くなっていた。

新聞広告の「この病気にはこれがきく」みたいに書かれている病気になると、いろいろな人が、寄ってくる。
そういう病気は、治りにくい。だから、カモになる。
医者にかかっていると治らないと、その人たちは言ってくる。
でも、耳を貸したら、いけない。
もし、効き目があるなら、標準医療になっているはず。
そこまで、医療は人が悪くない。医者は基本的には、人を助けたいと思っているはず。
相性の悪い医者だったら、逃げる。
元気なうちに、相性のいい医者を探しておく。
弱っていると逃げられない。

注 漢方もサプリも、医者に相談しながら使ってます。
使いようで効き目がないわけじゃないので、うまくつきあいたいですね。
基本は標準医療がいいと思います。
個人的な考えで、医者じゃないので、わたしのいうことも鵜呑みにしないでほしいです。

ベシー占い 占い承ります。


菅野完さんの性暴力疑惑に関わる話

わたしをゴヒエツコさんが利用し、世論をコントロールし、菅野さんを社会的に抹殺する計画を実行させるように、教唆した経緯

下記の記事には、いかに、ゴヒエツコさんたちとのグループチャットがあります。
ゴヒエツコさんと、その支援者とのグループチャット

去年、ゴヒエツコさんに、依頼されて、週刊金曜日の記事のスクショを張った記事を書いてから一年たつ。
彼女の言うことを鵜呑みにして、彼女の望む記事を書き、世論を操作した。
その後、彼女は、性暴力サバイバーのわたしの心情を利用して使い捨てにしたことが分かり、わたしは、怒った。
それで、ことの顛末を明らかにし、菅野さんに謝った。

ゴヒエツコさんに、嫌がらせをされ、はてなを去ることになり、わたしは、もっていた影響力を失った。
わたしは、以前のように、たくさんの人に届ける言葉の力がない。

著作権を無視したととられ、その面での信頼も失った。
背後関係を調べず、言われるままに書いた記事のせいで、裁判に、悪い影響を与えた。
菅野さんに謝ったり、ツイッターでフォローしたりしたことで、「性暴力をした男とかかわっている」と見られて、その面でも信頼を失ったと思う。
今はTwitterのフォローも外した。

わたしは、彼が性暴力加害者かどうかわからない。
一年間、対話して、彼はわたしにとって、悪い人じゃない、ということを感じただけだ。
謝罪を受け入れてくれ、自分の思うことを語ってくれた。
彼は右翼だ。でも、反差別でもある。そのへんの話も伺うことができた。
わたしにとっては、天皇制を支持することと、反差別は矛盾と感じられたから、その整合性について、彼の思うことは勉強になった。
正直、左翼の「反差別」と言っていることの中に、「女性差別」についての問題意識が入っていなかったり、反差別というだけで、実際に何をしているのか不明瞭な人々に不信感も持っていたころだったから、そのあたりの話ができて面白かった。

ゴヒエツコさんは、わたしにこう言った。

自己評価低いからこそ、あんな素晴らしい文章が書けるのではないでしょうか?自己肯定感溢れまくってる私には到底無理です。

この言葉はわたしの心を折った。

わたしは、こう答えた。

“いろいろな被害を受けて自己評価低いと分析してるのでそれを素晴らしいといわらると、傷つけられたことが素晴らしいになってしまうので、
そうするとなんのためにがんばったのかわからなくなります

ゴヒエツコさんは、苦しむわたしに関係なく、終始軽い調子であった。
わたしの訴えを無視して、ゴヒエツコさんは結局、わたしとの対話を拒否した。
だから、彼女の考えていることはまったくわからない。
ただ、裁判の結果を、世論をコントロールして、変えることはおかしいと思ったし、もし、そうしたかったとしても、自分は隠れて、他人である性暴力サバイバーを利用して、使ったことは、間違っている。

週刊金曜日の書いた記事の名前が「うんこ.pdf」だったこと、菅野氏を週刊金曜日が「うんこ」と呼んでいたことは、メディアとして、間違っていると思う。

わたしは、性暴力サバイバーとして、ほかの性暴力被害者が、困っていると聞いたら、できることをしてあげたいと思った。
それで、自分に無理をさせすぎた。
わたしの判断は間違っていた。

とはいえ、わたしは、この事件について、何も知ることはできない。
一年たった。
わたしは、これで、疲れてしまった。

何があったのか、わたしには知ることができない。何が本当で、何が嘘かもわからない。
以前、裁判をしたことがあるから、裁判は、本当のことを明らかにする場ではないことを、もう、知っている。あれは、お互いの利害調整の場であって、真実を明らかにする場ではない。
だから、わたしは、判決が出ても、なにもわからない。
争いがないのは「菅野氏が抱き着いた」ということだ。
ほかのことは、なかったということだ。
抱き着いたことも性暴力だとは思う。
だけど……。わたしに起きたことを考えると、ゴヒエツコさんは、わたしにもっと配慮してくれてもよかったと思う。
それぐらいで、というつもりはない。
でも、彼女を支えようとしたわたしは、レイプと、暴行と、軟禁の被害者だったのだ。
PTSDとフラッシュバックに苦しみながら、彼女と関わり、そして、ぶつりと対話を切られた。

本当は、関わるべきじゃなかった。
でも、向こうからトラブルはやってきた。
そして、トラブルを大きくしてしまった。反省している。
むやみに、関わってはいけないと学んだ。

でも、また、性暴力被害者が現れたら?
わたしはどうするだろうか。
きっと、できることをしたいと思うだろう。話を聞くだけでも。
ただ、慎重にはなるだろう。
それでも、できることを探すだろう。

無力だなと思う。

追記:
今日、判決が出たようだ。

これをいうことで、わたしの立場は全くよくならない。
また、わたしは、人の信頼を失うだろう。
きっと、不愉快に思われるだろう。ブロックもされるだろう。
でも、わたしには、これを書く理由がある。わたしは、ゴヒエツコ氏に、わたしの弱いところを利用された。

ゴヒエツコ氏は、わたしを利用し、わたしを傷つけた加害者だ。
わたしは、そのころ、元DV夫にまた裁判を起こされ、会社でパワハラを受け、ほかにもう一つトラブルを抱えていた。
実家との関係が急激に悪化していた。
精神科に通い、カウンセリングを受けていた。記事を書いた時もフラッシュバックや乖離、別人格も出てきた。
それを彼女は承知で、わたしを利用した。
人倫にもとる。

言っちゃうと、わたしの性被害を利用したゴヒエツコ氏は、わたしにセカンドレイプをしたわけだ。
わたしが、苦しむのを承知して、わたしの経験を利用して、わたしの具合を悪くさせ、そして、とんずらしたから。
その彼女が、セカンドレイプされたくない、と言っているのは、わたしから見ると、どうかと思う。

人は、情報をコントロールされると、行動をコントロールされる。
わたしもそうだ。
だから、これを読むあなたも、慎重になってほしい。
情報を流すもの、メディアには、何か意図がある。そういうこともある。

さらに追記:

【復元】菅野完氏の「性的暴行」を報じた『週刊金曜日』のステマ疑惑 #週刊金曜日 #中島岳志
ここに詳細がありますが、

(一人だと危険そうであれば複数人)に最初ツイートをお願いし、フェミの方たち同士で根回しをして頂き、スクショを各自のツイートで使って頂けないか
その第一波を受け、第二波の方々に拡散のご協力を頂く
後追い記事で、複数媒体が動ける体制を整えてくれており、金曜日も第二弾、第三弾と続ける予定です。

 さらにゴヒエツコ @etsugohi とゆかいな仲間たちとその失礼には、計画の「第一波」に協力する具体的な人物名も。

その第一波を受け、第二波の方々に拡散のご協力を頂くのが見え方として自然かと思います。第一波に濁山さんも入ってます。中島岳志さん、山口智美さん、いとうせいこうさん、朝日で女性問題を多く取り上げている林美子記者始め多くの方にご協力頂く予定です。

ここに挙げられた人たちは、人に頼まれて、世論をコントロールするために、意見をいう人たちです。

特にいとうせいこうさん、X氏と結婚したといううわさがあります。

ツイッターで見ただけだから、本当かは知らないけど。

『週刊金曜日』、記事の信憑性が怪しくなってきた
ここには、ゴヒエツコ氏が嘘をついていて、それに基づいて書かれた週刊金曜日の記事の信ぴょう性は怪しいのではないか、それとも週刊金曜日が、嘘をついているかという取材に基づいた検証が載っています。

三浦弁護士の記事
菅野完氏の民事訴訟についてのお知らせ

ベシー占い 占い承ります。


やだなと思うことからちょっとだけ気をそらす

人と関わる仕事は、自分のペースでしにくいし、割も合わないと思うことがあるんだけど、そうして知り合って、長く続く付き合いになることもあるから、投資でするつもりで、「やだなー」と思う気持ちをそらすことができる。

別に本当に後で役に立たなくてもいいんだけど、今、この場で、やだなーと思う気持ちをそらせればそれでいい、という場面は多い。

死にたいと思う気持ちを解決しなくても、そらしているうちに、時間がたてば、忘れるみたいなもので。
解決しなきゃ、と思うと、集中してしまうから、問題が重くなる。
それよりも、気をそらして、問題に関わらないようにしながら、ほかのことをやるテクニックもだいぶ必要だ。

教える仕事は、人を育てる仕事でもある。
昨日、わたしは、有名にもならないし、歴史にも名を遺すことなく死ぬんだろうな、と思った後、でも、普通の人生を送れ得るから、わたしとしては、だいぶいいんじゃない?と思えてうれしかった。
人を育てるといっても、わたしが関わった子たちは、みんな、きっと歴史に名を遺すことなく、有名にもならず、一生を送ることになる人たちがほとんどだろう。
でも、わたしが伝えたことで、人生がちょっとでも彩られたり、困ったときに頼る先を増やせていたりしていたらいいと思う。

中高生というのは、どんなに社交的でも、勉強ができても、やっぱりきつい時代だなと思う。
生徒に、高校生に戻りたいか聞かれると、絶対ヤダ、あれは二回もしたくない、それで今の人生がもっと良くなるとしてもヤダ、というと、彼らはちょっとほっとした顔をする。

別に、やだなという気持ちを共感しあったところで、問題は解決しないことのほうが多いんだけど、お互いにあれはヤダ、とか言っている間に、気持ちがそれて、別のことができるようになる。
それは、とっても生産的だ。問題を解決しなければならぬ!と思って時間を無駄にするほうがよっぽど馬鹿らしい。
別に生鮮的である必要もないしね。

子供を産む以上に生産する仕事はないと思うけど、男社会の中では、子供を産むことでその間仕事ができないというのは、生産的じゃない!って価値観がある。
ばかばかしい。
そんな人為的なもので、精神を引き裂かれるなんて、まっぴらだ。

もっともわかりやすい問題でも、こんなの、解決なんてしなくていい、と思う。
産みたいから産むし、生産的かどうかなんて知るかと思うし、国のために産むわけじゃないし、子供のためでもなく、わたしのエゴで産む。それでいいし、それ以外のことも、わたしのエゴ。エゴを満たして幸せになるんだ。

男社会の問題が解決する前に、わたしはたぶん寿命が来る。
その間に少しでも、男社会はばかばかしい、ってのを周知したい。

男のルールでできた試合場で命がけで戦うのはバカだ、でも、現実的にはお金も稼がないといけないしそうすると男社会のルールもわかってないといけないね、というののバランスはとらないといけないから、女の子にも男の子にも、子供たちにはサバイバルの方法を伝えたい。

問題に近づきながら、核心に踏み込みながら、でも、飲み込まれないで、気をそらしながら、自分の生活とのバランスをとって、わたしのルールで生きていきたいよ。

男から降りました、って言っても、単に、稼ぐだけの人生をやめただけだったり、お前全然ジェンダーロールから降りてないじゃねえか、ってこともたくさんあって、いらいらもする。
ロジカルシンキング男なんか、本当にくそだ。前提の知識が間違っているのを、ロジカルに結びつけても、間違った結論しか導き出さないのに、俺は賢い、とのたまうのを見ると、言葉が通じねえ、と無力感にさいなまれる。

自分の子供を、「人材」なんて呼ばれて、使い捨てにされる未来を幻視すると、めまいがする。そんなことのために、爆発しそうな腹を抱えて、つわりを耐えているわけじゃねえ。

行き詰まっているのに、既得権益があると、文句を言いつつ降りられない。
でも、やっぱり、変わらないといけないね。
時間は動いているし、人間は増えたり減ったりしているから。

まともに、世界のつらさを見てしまうと、生きていることもできなくなってしまうから、ちょっとだけ、のぞき見ながら、目をそらしながら、気をそらしながら、でも、真ん中の部分は間違えないように、心の中を点検しながら生きていかないとなと思う。

たいていのことはばかばかしい。
ばかばかしいことが本質だ。
ばかばかしいことに振り回されて、消耗して、死にそうになる。
死なないように生きていきたい、そう思う、生きていきたい動機がまだ見えないけど。

ベシー占い 占い承ります。