人の心を大事にすることを教わった

文章を書くことはとても楽しいし、思ったことを書く分には良いのだけど、人が言ったことを書くときには気をつけようと思うことがあった。
わたしは相手がどうして傷つくのか、その仕組みがわからないから、また同じことを繰り返してしまうかもしれない。
それはとても不安だ。
相手を尊重すること、というのは、言葉だと簡単に理解できるけれど、実際の行動で「これはしてはいけないこと」というのが、事前にわからない。
今回は教えてもらえる間柄だったから、良かった。相手を傷つけてしまって、いやな気持ちにさせたし、わたしも自分のことがいやになった。それは悪かった。しかし、そういう間柄の友だちがいたことは良かった。
人を大事にするやり方がわからない、というのは今後の課題だ。
研究するべきだ。

わたしは友だちが少ない方だと思っていたけれど、まんざら、そういうわけでもないらしい。ちゃんと友だちがいた。
その友だちがいる理由は、わたしの努力と言うより、相手の努力によるものだ、ということも知った。
わたしも、努力をして、相手を喜ばせたい。
相手の努力によって、長く続いている友情だ。
これからは、心を入れ替えて、こまめに連絡を取ることを気をつけたい。

わたしはもともと、ブログを人とのふれあいのために開いたわけじゃなかった。
ただ、自分の考えを整理するために使っていた。
だけど、今は、いろいろな人が読みにくるから、わたし一人のものとは言いにくい。公共のものだ。
ネットの性質上、もともと、きっと、開設当時からそうだったのだろうけど、わたしには気づかなかった。
人からコメントをもらって、参考になった、と言われるようになって、ブログやわたしも成長した。
わたしと人との関わりのツールに変化した。

文章を書いていると、人にわかってもらいたいんでしょ、と誤解されることがある。
でも、そうじゃなくて、ただ、自分のためだけに書いている場合もある。わたしがわたしを理解するために、書いているのだ。
だけど、ブログを通して、友だちも出来たり、世界が広がったりした。
知らないことを教えてもらうこともたくさんあった。
今は、ブログが成長したので、どちらかというと、人との関わりにおいて解釈されることが増えて来た。
だから、わたしはそれを受け入れざるを得ない。
外の世界から、圧力があれば、わたしも変形するのだ。
それは、良いことでも悪いことでもあるけれど、生きると言うのは、変形する、ということだ。
変形しても、本質は変わらない。

広告


見知らぬ人からいやなコメントをもらうことがよくある。
わたしはアフィリエイトを始めた。
それは、なぜかというと、いやなコメントを数の一部だと肌で感じたいからだ。
褒められること、けなされることの軸の他にもうひとつの軸を作りたかったから。
お金儲けしたいから、ブログやっているわけじゃない。
ブログやっていて、毎日書いていて、1000記事たまったから、お小遣いになれば良いかなと思った。

人によってはアフィリエイトを嫌うらしい。
だから、お金儲けでブログをやっていると思う人もいるらしい。
だけど、アフィリエイトをはじめて、精神的に助かった部分もある。

いやなコメントがあると、今まではただいやなだけだった。
でも、今は数のひとつだ、ってとらえられる。
来訪者の一人。
それぞれ意見のある人が、こんな文字ばっかのブログを読みにくる。
その中にひとりが、いやなことを書くのだ。もちろん、良いことを書いてくれる人もいる。
それがわかったので、アフィリエイトを始めた意味があった。
それまではぐさっときた。
今は、いやな言葉をかけられたことに対して、身を守るやり方が少しずつわかって来たから前ほどは傷つかない。
誰でもそうだと思うけど、自分の傷つきには敏感だけど、人を傷つけることには傷つきづらい。
わたしもそうで、今日も失敗してしまった。
すごく悲しい。でも教えてもらえることはありがたい。

わたしに、バカ、とか、病気、とか言ってくる人は教えてくれる人がいないんだろう。そういうことをしてはいけないと。
教えてもらうときには、消えてしまいたいような、世界が終わってしまったような、何とも言えない惨めな気持ちになる。
でも、教えてもらった方が良い。
たいていは、教えてもらえない。

人の心をどうして、大事にしなくてはいけないか、を教えてもらった。
相手がわたしを大事にしてくれているとき、わたしがその人ともっと長くつきあいたいとしたら、その人のことを尊重しないといけない。そうしないと、人付き合いが続かない。
相手が、わたしにそういうことを教えてくれるのは、ありがたい。その人とまだ友だちを続けたいのなら、風通しの良さを維持することも大事だ。
友だちになるためには、相手の心が大事だ。人には心がある。
わたしは人に心があることを理解しにくい。自他の境界を理解しにくい。そういうところがある。
自他の境界なんて誰でもわかっていると思うのだけど、わたしは、自分がされていやなことは気をつけられるけれど、その人が独自にいやなことを気をつけられない。
自分と他人は別の人だから、いやだと思うことも違う。いやだと言われたらやめないといけない。いやだと言われる前に気をつける想像力は少ない。
自他の境界をつける、というのは、相手に期待しないことや、相手を思い通りに動かそうとしないことだ。
わたしはそれが難しい。だから、安易に一人になりたがる。それが悪いことではないと思っているけれど、少しは人間の友だちも必要だ。

勉強をすることは、世界を広げることだ。友だちはわたしを導いてくれる。導こうと思っているわけじゃないのは知っているし、その人がその人らしくあることが、わたしの利益になるために存在しているわけじゃないとも教えてもらった。だけど、その人がその人らしく存在して、摩擦が起きるとき、わたしの世界は否応なく広がる。

勉強は自分のペースで世界を広げてくれる。
勉強を教えることは、とても楽しい。相手の心にあった言葉を探し出す作業は楽しい。
それなのに、わたしは人のことを大事に出来ないときがある。
世界を広くすることは楽しいと思っているのに、人相手だと、摩擦があるから、ときどき心が苦しくなる。
人付き合いは、相手のペースで世界が広がる。
相手にとっては、わたしのペースに合わせてくれている、という体感なのだろうけど。

友だちであっても、人というのは、自分の周りにひいたカーテンを引き裂くような存在だ。
それは、良いことだとか、悪いことだとか、そういうことで評価が出来ない。
ただ、カーテンはいつもあるし、カーテンを引き裂く人が現れたら、その世界を見ざるを得ない。
そして、わたしも世界に見られる。

今日は人の言葉があまり耳に入らなかった。
せっかく、素敵なことを言ってくれているのに、その瞬間を大事に出来なかった。
言ってくれたことを覚えておきたいと思って、文章に書いてしまうことは、ときどき、良くないときがある。
盗作と同じようなものだし、相手の心を傷つけることも知った。
そのとき思ったことをそのとき書くのはわたしにとって、大事なことだけど、他人が入ってくるときには気をつけないといけない。
なぜなら、その人はわたしに言ってくれたのだから。

わたしはこの数年で、抱えていた問題の数々が改善しつつあるけれど、人との関わりと言うのは、とても難しい。
いろいろなことを知って、考えて、冒険していくのだけれど、今までは一人だったつもりでいた。
今は、一人じゃない、ということがわかった。前から一人ではなかったのだけど、本当に一人ではない。友だちがいる。
一人じゃないと言うことは、相手の領域を尊重すると言うことが発生する。今まで、わたしはそのことをやっていたつもりだけど、出来ていなかったようだ。わたしはそれが苦手な部分だ。本腰を入れて取り組まないといけない。

苦手な部分を成長させるのは難しい。
恥ずかしいし、消え入りたくなる。
わたしが他のことを覚える能力が10あるとすれば、人の気持ちを大事にするやり方を覚える能力は1くらいだろう。
だけど覚悟を持って、わたしと友だちでいる、と宣言してくれた人がいるのだから、わたしもそれに応えたい。
ゆっくりとした歩みで、苦手なことだから、逃げたいのだけど、そうも言ってられない。

人を道具のように扱わないなんて、当たり前のことなんだろうと思う。それは、概念として知って入るけれど、実際の行動で、反映できない。悪気は全然ない。
怒られている理由もわからない場合もある。
仕事では人の言葉を一生懸命聞くけど、オフでは、気を抜いてしまう。相手が一生懸命説明してくれることを、なかなか理解できない。
勉強に関してのことなら理解できるのだけど、話している言葉を理解するのが難しい。
でも、努力をして、なるべく、人の気持ちを尊重する仕方を覚えたい。
そうしたら、また、世界が広がるかもしれない。
わたしは傲慢で鈍いので、時間がかかるかもしれない。いっぺんにしたら、脳みそがパンクしてしまう。だけど、時間をかけて、やっていっても良いと思う。そうしていきたい。動機がなぜかわからないけれど、その友だちがいなくなると、さみしいから。

ベシー占い 占い承ります。


悲しくなって寝てた

いろいろあって、悲しくなって寝ていた。
ミスがミスを呼び、人付き合いでも失敗した。
ああ。人の心の大事にするやり方がわからない。
失敗すると、悲しくなる。
何かをしながら人の話を聞かないようにしなくては。

世界が終わったくらいに悲しかった。
今も悲しい。
どうしようもない。
いやなことをしてしまった。反省はするけれどまたしてしまうかもしれない。そういうのが怖い。

ベシー占い 占い承ります。


人が知りたいことを書きたい

わたしは本当のことを書きたい。
自分の考えていることや事実を書きたい。素直に書きたい。

昔はツイッターをやるのは、怒るためだった。怒ると刺激になるからだ。
時間をつぶせるし充実した気持ちになる。

今は、今人はどんなことを考えているのかなと知りたいと思って、ツイッターを読んでいる。
あまり書かなくなった。

そして、人が知りたがっていることについて、考えたり、文章を書いたりするのが楽しい。
人が知りたがっていることを文章にして書いて、読んでもらうと、嬉しい気持ちになる。

役に立つかどうかは、その人の問題だけど、わたしは他の人の知りたいことに参加できて、社会の一員のような気持ちが味わえて、嬉しくなる。

考えることがないときも、人の知りたいことについて考えることができる。
わたしは考えること自体が好きなので、命題があると、楽しいのだ。
問題を解くことに似ている。

わたしは数学も、なんでも、勉強が好きだ。
知ることが好きだし、問いを作り出すことも好きだ。
問いを作り出せたら、答えも出たのも同然だ。
オリジナリティは、質問に現れる。
中学高校と進むに連れて、難しくなると思う人もいるけれど、どうしてそうなるのか、という理由を説明してくれるので、原理がわかって、考えること自体は簡単になる。
とにかくそうなるしかない、と覚えるよりも、どうしてそうなるか、納得して進んだ方が快いものだ。
質問を通して、世界の秘密に迫れるのはとても嬉しい。
質問を、他の人が考えてくれる分、ちょっとはしょって、世界の秘密に続く道を探検できるようだ。

ベシー占い 占い承ります。


叩かれ慣れて来た

いやなコメントをもらって、前は落ち込んだのですけど、だんだん、落ち込まなくなった。
見慣れて来たり、友だちに、「ひがみじゃない?」と言われたり、自分なりに反論を考えたりしているうちに、どうも、理屈がなかったり、利がなかったりしているような気がしてきた。

気に入らない感情だけで叩いているのじゃないかな。
これこれこういう理由でダメ、というよりも、気に食わないところから発生して、理由をあとづけにしているのかなと思う。

だから、説得力もないし、言葉遣いもおかしい。馴れ馴れしかったり、バカにしている感じだったりして。見知らぬ人に話しかける感じじゃない。

その人がわたしに投影しているか、距離感がおかしいのかなと思う。

みんなブログのエントリについてや、わたしについて、好き勝手なことを言う。
それぞれの意見を総合すると矛盾しているから、じぶんにあっていて、好きな意見を聞けば良いと思う。
人によって逆のことを言うから、人のことを気にするのには意味がないなと思った。

広告


今、友だちと話していることは、こういうことだ。
それを排他的な態度だという人もいるだろうし、成長がないと言う人もいるだろうけど、バカ、と言われて、自分の心を削るのも、生きて生きていきにくいから、批判は受け取るけど、言葉遣いがおかしいものについては、受け取らないし、基本的には自分の選んだ友だちの言うこと聞いて、バランスをとった方が、心のためだ。

ある人が、こちらの準備ができていないときに、ばんばん「あなたのために」と言ってくる人もいるけれど、受け取れないんだから、仕方がない。
キャパ越えているんだから、成長もなにもない。批判を受け取って考えるどころじゃない。
余裕もない。

ということを話した。

ベシー占い 占い承ります。


貧乏な年増男と結婚したら

貧乏な年増男に口説かれて万が一結婚したらと思うとぞっとする。

自分の年齢を考えず理想が高いのは40女か40男か – はてこはときどき外に出る

id:kutabirehateko さんのツイートやブログから考えを参考にさせてもらいました)

相手が六十代になったときに、子どもはまだ大学生。
そうしたら、自分が働かないといけない。年増男が、じゃあ、主夫やるよと気が利く保障はない。
そもそも、四十代女は子どもが産めないから、若い方が良いから、って価値観だから、希望は薄い。
年増男の親は年を取っているから、介護しないといけない。女は、男は介護から逃げる、って話を、親からずっと聞かされて育ってる。
それも怖い。
子ども生まされて、介護させられて、生計も立てないといけない。子産み女、介護要員、働き手、おまけにトロフィーかよ。

c71.hatenablog.com

そんな言葉で考えるとは限らないが、それくらいのことは考える。
さっぱりした、気だての良い、未婚の年増男もいるだろうし、そういう人と結婚する友だちもいるが、金があるその人には。

広告


四十女は、お金に対する希望が高いから、敬遠する、という程度のことしか考えていない男の子どもが生みたいか、というと、難しい。しかも、了承もとらないのに、勝手に「二人は子どもがほしい」とか言っていたら、夢見てるのもいい加減にしろよ。産むところだって苦痛があるんだから、じゃあ、子育ては全部やれよ、と思う。

男なんていてもいなくても楽しい。いたら彩りになるし、いなかったら清々しい。そんなもんだ。
そんなもんのくせに、いろいろ注文を付けてくるやつはうざい。

同い年で同じ年収の男がいたら、年増男より、そっちを選ぶだろう。将来も有望だし、しばらく介護は降り掛かってこない。若い方が一般的に、ジェンダーについて、敏感に考えている。むちゃくちゃなことは考えていない。

年増男は一般的に、若い女にファンタジィを描いている。
若い女は金に困っていないわけじゃなくて、同い年くらいだったらこのくらいの年収だよね、というのを知っているだけ。

こういうことを書くと、女は金に汚い、という人がいるが、生活をして子どもを育てるのには金がいる。
その、巣作りにかける情熱のなさと言ったら、男は、鳥にも負ける。鳥は巣作りをするのが当たり前だ。
そして、男はセックスに汚い人がネットでは目立つ。

ベシー占い 占い承ります。


本当のことを掘っていく生き方

友だちに、この数日で、文章がうまくなったと言われた。
素直に考えたことや事実だけを書いていく人なんだとわかった、と言われた。
ものの捉え方や生き方の個性が文体となって現れているとも言われた。
嬉しい。
人のまねをしないで書ける段階にきたのではないかと言われた。
人の形のまねをしないで書けるようになった。
確かに、端的に書けるようになった気がする。
キャッキャしたり、怒りすぎたり、しないで、さっぱり書けるようになった。

広告



わたしは嘘が嫌いになった。
嘘をつくと嫌われる。嘘つきを好きになる人はいない。だから、わたしは正直でいる方が得だとわかった。
正直でいれば、失敗しても謝れば許してもらえる。嘘を許してもらえることはない。
自分の足でここまで歩いて来たんだ、あなたは何も変わらずここまできたんだ、おめでとう、と言われて、とても嬉しい。

わたしは本当のことが好きだ。
本当のことを知りたい。
わくわくする。
この世の秘密が知りたい。

ベシー占い 占い承ります。


年増男は若い女を口説く方がハードルが低いらしい

年増男が若い女を口説く方がハードルが低い、というのは、自分の精神的なハードルが低い、ってことで、実際上のハードルの低さはどうでも良いんだろう。
現実的に、実ることはないから、安心して夢を見られるというか。

 

kutabirehateko.hateblo.jp

働き始めた頃、還暦のじじいに、口説かれて、まさか口説かれているとは思わないというか、性的に見られていると思わないから、びっくりしたよね。抱きつかれたり手を握られたり酒飲まされたりした。
わたしは、上司にちくって、そいつ、会社からいなくなった。よかった。けっこうまともな会社だったんだな。
でも、そのあともダメージは残っていて、おっさんは、こっちが飯おごってもらう=若い人にエール、という気持ちじゃなくて、よこしまな気持ちでそうしているんだ、口では応援したいからと言っていても、という気持ちになった。だから、あまり心許さなくなった。

 

一回でもそういう目に遭えば、年増男に対する考えは厳しくなる。

 

広告


十代の女性も「おっさんは清潔感がない」「油くさい」「うるさい」「タバコ臭い」と散々で「可愛いオバサンはいるけど、可愛いおじさんはいない。男はかわいそう」という人もいる始末。
十代の女性も、年増男から、いろいろいやな目に遭っているからそうなるんだよね。善良な年増男もいるのだけど、どうしても、属性で見て警戒してしまう。

十代はやっぱり十代を良いと思う人が多いようだし、二十代は二十代を良いと思うようだ。

 

自己評価が低い女性を狙え、ってまとめにのっていたけど、本当に犯罪者思考だな!
人の弱さにつけ込んで、年齢や立場の弱い人を搾取するなんて最低だな!って思った。

自己評価が低い女性は、傷ついているから自己評価が低いわけで、男に対して現実的なわけじゃない。
だまされやすいだけ。
だまされやすさを「ハードルの低さ」と言い換えるのは本当に下衆の所行だ。

四十女はクズに対してディフェンスするから「ハードルが高く」て、若い女はディフェンスがまだ弱いから「ハードルが低い」って思うんだったら、単なる搾取でつまらないなと思う。

追記

わがまま、というか、こどもかよ。
同世代の女性に対しては自信がないから、自信がなさそうな、若い女を狙う。若い女はおっさんによって、傷ついているから、改めてケアする元気も義理もない。
自分で自分のことはやってくれ、同世代でよろしくやってくれという感じ。
子どもを産めるからと言って、若い女に来られても、こちらは、生む機械じゃないんだから、という感じ。
そして、介護要員でもない。四十女に相手にされないほど金がない男がよってきたら、介護要員、子産み要員として、扱われていて、人としては見られていないってわかるじゃないですか。

 

ホモソーシャルの中で、四十女にふられるより、若い女にふられる方が傷が浅いって打算があるのかもしれないし、だから、女は中身を見ないってよけい言いたいのかもしれないけど、そういう風に他人を貶めるのはやめてほしい。
迷惑だ。

貧乏な年増男と結婚したら

ベシー占い 占い承ります。


あなたがそれを名乗ったら他の人に失礼って?

コメントが来て、「あなたが占い師を名乗るのは、他の占い師に失礼。勉強もしていないくせに。多重人格を治せ。気持ち悪い。豊かな家に育った人に嫉妬している。おばかさん」というような内容だった。

わたしの家はどちらかというと貧乏ではないし(じゃなかったらこんなにぶらぶらして生きていられない)、そこに関する嫉妬はないのだけど、他の人から見るとあるんだろうか?自分で稼ぎたい気はするんだけど。

占いに勉強が必要な人はすれば良いし、わたしは必要がないからしなくて良い。勉強をするよりも、感性を磨いたり、直感の通りに生きたりする方が大事だと思うが。
そして、わたしが占い師を名乗ることで、誰かに影響があるとは思えない。たとえば、勉強をしていない家庭教師がいたとしても、わたしに対して失礼だな、とは思わない。
思う人がいるのかな、むしろ。あいつがサラリーマンを名乗るのは、サラリーマンである俺に対して失礼なことだ!みたいに。

謎だ!

コメントをくれた人はわたしの友だちじゃない。友だちじゃない人に忠告をされても、どうしようもないし、バカと言われたら誹謗中傷だから、IPアドレスをもとに、調べてもらって、法的措置をとるのも良いのかもしれない。まあそんなことしなくても、who is 使って少しくらいはわかるんだけど。
バカって言ったらバカなんだよ、って言われたことないんだろうか。気の毒って言ったら失礼かな。

広告


わたしの多重人格は治っているし、精神科にも通っている。精神科に行けというのが、罵倒として通じると思っている人の人権意識がたいへんなことだ。気持ち悪いって人に言うのも、差別だしね。多重人格だったら占いをしてはいけない、というのも良く輪かrな愛。
多重人格そもそも治ってるけど。人の病気を揶揄してその職業にふさわしくないって賢いワタシみたいな口調でわざわざ気持ち悪いと思っている相手のブログのコメント欄に出張してこなくても。わたしのブログよっぽどのファンじゃないと更新頻度高いから全部読んでいる人少ないと思いますよ!

というわけで、「こんな人が、この職業を名乗っている!他の人に失礼!」というのなら、その人のコメント欄にくるよか、のびのびと自分が気に食わないって自分のブログに書いたら良いのに。そしたら、誹謗中傷で警察に届けるのにねー。(警報にも誹謗中傷はあるらしい)

ベシー占い 占い承ります。


加害性について内省すること

これは、24maさんのブログなのだけど、できたら全部読んでほしい。

dsp24ma.hatenablog.com
dsp24ma.hatenablog.com
dsp24ma.hatenablog.com

わたしはネトウヨになったときの静かな語り口にしびれてツイッターに投下したのだけど、その後、ネトウヨの自分語りには内省がないと書かれていたのを読んで、責任を感じたので、全部読んでほしいと思って、このエントリを書く。

ひとつのエントリで全部のことを書くのは難しい。そして、擁護するのだけど24maさんは、自分がなぜネトウヨになったのか書いてくれ、その経験をシェアしてくれた。こんな風に、過去を振り返ってわかりやすく説明してくれる人は貴重だ。
そして、彼女に、加害性についての内省がないとは思わない。あれだけを読んだときにも。

わたしはひどく傲慢な人間だから、人を傷つけることも今までにあった。とにかく鈍いのだ。周りの人を傷つけていただろう。
(ということを書くと、それみたことかといって、コメント欄で叩かれるのだけど。彼らはわたしが後悔した情報から叩く材料を見つけるわけなので。自分で反省して書いたことも、彼らにはえさになるようだ)
(人によってはこれだから、アスペはというのだろう。わたしはアスペルガーじゃないし、高機能でもない、自閉スペクトラム症なんだけど)

わたしは繊細な部分もあるが、鈍い。だから、気づかない。反省のしようもない。終わり。
ってなるか、変えられない過去のことでじたばたしてしまうかのどちらかで、やっぱりなかなか自分の価値観を変えるのは難しい。

わたしは自分がか害したことについて、こんな風に内省できない。

ベシー占い 占い承ります。


励ましの時間

http://dsp24ma.hatenablog.com/entry/2015/08/28/084614

生徒さんの性格によっては全然教えないときがある

隣に座ってるだけ。

それでもいいらしいのは、励まされるからだって。
一人でやると大変だけど、ついているとはずみがつくって。

ライ麦畑で捕まえての、捕まえ手になれたのかな?
こどもが崖から落ちないようにしてるの。

ベシー占い 占い承ります。