法律は平等でもなければ公平でもない

女性専用車両に嫌がらせをする男性たちに関して、いろいろな議論がある。
その中で「女性は不服があれば裁判を起こすべき」「警察は暴力装置だから、法律に沿わないことをさせると権限が拡大してしまう、そちらのほうが危険だ」という意見に関していくつか書いておく。

裁判を起こさないなら、権利に胡坐をかくものだ、不断の努力を怠っているというものまで読んで、わたしは憤激した。
降りろコールをすることだって、戦いだ。それ自体が、「不断の努力」の一つだ。男性の嫌がらせについて、意思表示をすること自体が、権利を行使しているということだ。

法律にのっとって、「男性が嫌がらせのために女性専用車両に乗ること」は肯定し、女性たちがその嫌がらせにブーイングすることは、ダメで、女性は盗撮されようが罵倒されようが、「裁判を起こす」やり方のみで、反撃しろと言っているのも同じだ。
警察に頼ることも、警察の権力を増長させるからダメだが、司法ならば良い、というのは、どういう使い分けなのか。
危険を感じたとき、警察に、パトロールを頼むことは誰でもする。していいことだ。

それを電車でしただけじゃないのか。それをも、否定するなら、武器を持ち歩いて、自力救済するしか道がない。
実際に危害を与えられても、やりかえすことも、言い返すことも、警察を呼ぶこともできないなら、けがをしてから裁判するしかないと言っているのと同義だ。
それでは遅い。

そもそも、女性専用車両は、性暴力を撲滅させたい女性たちの運動に対してのガス抜きだった。
当時私は中学生だったが、ひどく落胆した。
「日本は本当に男尊女卑なんだな。女性の安全を守るために動くよりも、文句を言う人間を隔離する方法をとったわけだ」と思った。
痴漢は性暴力であり、犯罪だ、だから、それをなくせ、という運動があったのだ。その目的は果たされなかった。
女性は、公共機関で、移動する自由を奪われている。
痴漢に遭う、ということは、安全に移動する自由を、つまり人権を侵害されている状態だ。
それを、鉄道会社も、社会も、許容し続けているので、痴漢は、大手を振るって「女性がいるからしかたがない」ものとして存在し続けている。

その一方、性暴力被害に遭うことを避け、また、PTSDと戦いつつも、働いたり、学業をする自由を獲得するために、女性専用車両を必要とする人も確実にいる。
その場所を奪われたら、女性たちに、「安全に移動する」自由はなくなる。
男性は、いくつもある車両の中の一つに乗れないだけだが、女性にとっては、女性専用車両がなければ、「公共交通機関そのものに乗れなくなる」のだ。女性は移動できなくなる。移動できなければ、学業を修めることも、仕事に就くこともできなくなる。

そもそも、女性の六割は、非正規雇用である。それは、政府が、たくみに、女性たちを労働の周縁に、追いやった結果だ。それも、法律にのっとった結果である。それが、社会の構造による差別だ。
電車に乗れないということは、女性たちが経済的に自由であること、生きることそのものが奪われるということだ。

裁判を起こせばいいという人がいる。
しかし、裁判は、貯金があり、仕事を休め、住所を知られてもかまわない人だけが行えるものだ。
女性の多くは非正規雇用なので、裁判を起こせば、仕事を失うか、収入が減るかする。

だから、裁判を起こせない。住所を知られて、あとで報復に出られることも十分考えられる。
(実際、裁判後に住所を知られて脅迫状を受け取ったことがある)

また、民事裁判を起こして、勝ったとしても、相手に貯金がなければ、何の金銭的賠償も受けられない。
ないものはない。強制労働させることはできないから、裁判に勝っても、泣き寝入りする結果は変わらない。
失うもののない人間は、それを悪用して、やりたい放題する。
刑事事件にならない、ぎりぎりの嫌がらせは無数にある。

それについて、「裁判を起こせばいい」という人間は必要なく、むしろ邪魔で有害であり、「差別や嫌がらせ、人権侵害は許さない」と表明する人間だけが必要だ。

刑事訴訟は、そもそも、検察が起こすもので、結果的に相手が有罪になっても、被害者には何一つメリットはない。
(刑事訴訟を起こした時、裁判制度の中では、被害者は当事者じゃない)

そもそも、法律は、健康な日本人男性に有利なようにできている。
社会は、法律にのっとって動いている。
あらゆる行動は、法律の基礎に支えられている。
社会に差別がある、ということは、法律の中に差別があるということだ。
立法の意思決定の場に、女性を含むマイノリティは非常に少ない。
裕福な日本人男性によって、法律が作られ、運用されている。
だから、法律が、日本人男性にのみ有利なのは当たり前だ。
法律は法律自体が平等なのではなくて、「規定が誰でも知ることができる」という意味で平等なだけ。
あとは国を縛ることができて、法律以外で、人に罪をきせることができないだけ。
それでも籠池さんみたいなことが起きる。
入管や籠池さんのことみても、法律が平等なのだといえるのか。

法律が、公平で平等だという考えはナイーブすぎる。
沖縄差別も、アイヌ差別も、部落差別も、わざわざ立法までして、合法的になされている。
沖縄の基地問題をひとつとっても、明らかだ。
女性に不利な法律だっていくらでもある。
冤罪は、弱者を犯人に仕立て上げることで出来上がっている例がほとんどだ。
字が読めない、気が弱い、貧困、支援が得られない人、そういう人を狙う。

差別は、社会構造だ。
法律や司法は社会の基礎だ。法律の中に差別がある。
それら自体が、差別を作り上げる一つの要素だというのに、裁判さえ起こせば、法律にのっとれば、正義がなされるはずだと思うのは、無知だ。


悲しみは遅れてやってくる

身内が半年前に胃がんで亡くなった。
それから今やっと悲しい、すごく悲しいと感じた。
半年前、わたしは出産直後で、産後鬱になり、悲しむ余裕がなかった。
その人は、胃がんなのに、妻に働かされすぎて、弱って亡くなってしまった。彼は苦しいと言ったので、周りはみんな助けようとしたが、妻はそれを「陰謀」だと言って退けて、彼を働かせ続けた。そして、彼は亡くなった。
(実父も胃がんだ)
いい人でも悪い人でも人は死ぬのだけど、いい人が死ぬのは堪える。嫌な人でもそれなりに近しければ堪える。

今日、学資保険に入った。伴侶が亡くなっても、子に保証が入るタイプだ。保険会社が倒産しても、保険会社自体が保険に入っているので、9割保証されている。病気やケガ、傷害を負っても、入院しなくても、一日から保険金が入るようにしたので、たぶん大丈夫なはず。15歳になったら、終身タイプの生命保険に入れる。わたしたち親自身は、入ることができない。

わたしたちは、早めに死ぬ確率が高い。二人とも発達障害だからだ。特に、わたしは、ラピットサイクルタイプの双極性障害だから、自殺のリスクがすごく高い。悪くすると40歳で死ぬ。平均的に60歳くらいで死ぬらしい。
わたしはそういうことを「縁起でもないから考えない」というタイプじゃなくて、すごく考えるタイプだ。

実際、躁鬱の波のたびに、自殺の衝動は高まる。薬を飲んでコントロールしているけれど、何かショックなことやライフイベントがあると調子を崩す。

学資保険に入ったことをきっかけに、若くして亡くなった人のことを考えてしまう。
胃がんになる前は死ぬと思ってなかっただろうと思う。まじめな人で、体も丈夫そうに見えた。
死の寸前に自分の葬式の手配までして亡くなったことが本当につらくて悲しい。
妻にそういう能力がなかったのだと彼は知っていたのだ。そこまでしても、死後もめたのだから。
彼の遺品は、時計しかなかった。私物を持つことを許されていなかったのだ。
なにもかもが本当に悲しい。

わたしの子が産まれる一方で、同じ時期に、亡くなった人がいること。
わたしは、彼の死を悼む余裕がなかった。そして、今、余裕ができたので、とても悲しい。
悲しみが押し寄せてくる。

わたしは死に接近しながら生きている。躁と鬱のはざまで、浮き上がるとき、沈んでいくとき、わたしは死に近づく。
ときどき、本当に死にたいと思う時があって、子供のことを考えると、止められるときもあるが、そもそも、子のためにこそ、死んだほうがいいと思ったり、このことを思う余裕もない時もある。強い衝動に引っ張られて何も考えられなくなる。吸引力があるのだ。真っ黒な穴なのか、まぶしい光なのか、とにかく、そんな渦の中に飛び込んでしまいたくなる。そういう病気なのだ。
わたしの意思や、感情とは関係なく、周期的に呼び寄せられる病なのだ。
なんとか、死なないように、生きていたい。
人の死の喪失に、悲しいと思いながら、自分の死を思うのは卑しい。それでも、考えてしまう。
悲しみを感じていなかったからと言って、悲しくなかったわけじゃないのだ。その余裕がなかっただけ。

二度と会えないんだな。心に生きているなんて言葉もあるが、若くして亡くなった人については、ただむなしく思う。
また会えると思っていた。
でも、もう会えない。


子供を撮るためカメラを買った。


ちょっといいカメラを買った。起動が早いこと、人肌がきれいに映ること、コンデジであることを条件に探した。
ミラーレスだと持ち歩きにくい。カメラマンに聞いたら、ズームがあったほうがいいということなので、これにした。
少し値が張るものにしたのは、使って気持ちがいい、という感覚的な部分は、お金を出さないと手に入らないからだ。
趣味を増やしたいという目論見がある。
どんな道具でも楽しめる人は、才能がある。わたしは、触って気持ちが良いものじゃないと、続かないだろうと思った。
生き物として、感覚的に、楽しいものが、わたしにとっていいもの。

趣味は、最初は楽しくない。うまくなり始めると楽しい。うまくなると、次にうまくなるまで苦しい。
だから、最初と、うまくなり始めが、楽に続くようにしたいと思った。
趣味は育てないと、趣味として定着しない。
さあ、趣味をやろう!と思っても、そんなときに、やりたいことは、まずない。
普段から、興味が全然なくても、やってみて、畑に種をまいておかないと、いざという時に育てることもできない。

子供というのはいい被写体なので、これを期にカメラと親しくなりたい。
自己表現の手段は多ければ多いほどいい。

わたしが好きなことを、増やさないと「お母さん」の記号に飲み込まれて、わたしが何をしたい人間なのか、消えてしまいそうだ。
わたしは、旅行が好き、手芸が好き、料理が好き、出かけるのが好き、ネイルが好き、化粧が好き、ファッションが好き。
教えることが好き。
家を片付け、工夫して、使いやすく、居心地よくレイアウトすることが好き。

わたしは、遠くに行きたくなる。どこかに帰りたいと思う。
帰りたいと願う場所が、今いる家でいられるように、いつも工夫したい。
変わらないわたしのまま、わたしを愛せるように、カメラを買った。


「いい旦那さんね」と言われるのがつらい

うちの伴侶はよくやっていると思う。
でも、外の人に「いい旦那さんね」とわたしに向かって言う人がいる。
そう思うなら、そこに本人がいるので、本人に言ってほしい。

わたしは、人生の「サブ」になるのがいやだった。

それもあって、籍を一緒にはしていない。
でも、「伴侶が主」で、「わたしがサブ」扱いを受けることが多くてうんざりする。
それは一つずつは些細なことだ。

家事分担について聞かれて、正直に答えると「全部やってもらってるんじゃん」と言われることだとか。
そんなことはないのだけど。
もしそうだとしても、帝王切開をして、産後の肥立ちが悪く、二回もひどい出血をして、実家には一切の援助なく、わたし自身の病気や障害がある中で子育てをしているのだから、それぞれが精一杯のことをしないと、家が回らないのだ。
だから、やることはお互い当たり前である。
じゃないとわたしは死んでしまう。死んでほしいかと聞くと、伴侶は死んでほしくないという。
わたしに死んでほしくないなら、伴侶が動くしかない。

具合が悪いので、「全部やってもらってる」と言われると、じゃあ、わたしに死ねって言っているのと同じ意味になるけど?と思う。そんな覚悟もないくせに。

能力的には、わたしと、伴侶で違うないというか、分野によってはわたしのほうが優れている。
でも、対外的には、「彼の意見」「彼のできること」にフォーカスが当たって、わたしの意見はないがしろにされやすい。当たり前のように、彼に意見を聞く人が多い。

わたしは、子供を産んだことによって、人生における「伴侶のサブ」になったんだなと実感することが多くて、うんざりする。
この世から消えてしまいたいと思う。だって、彼がいるなら、わたしが世界に煎らないんじゃないのかと思う。

わたしは、家の運営をしている。ムードをよくして、清潔を保ち、栄養のある食事を作り、寝具を補充し、あらゆるものを管理している。
それは彼には手が回らずできないことだ。
必要なものを吟味して、購入して、暮らしやすくすることで、家族全員の健康を守っている。

それだって労働だが、社会の構造的に、そういうものは労働としてみなしていない。
むなしい。
もう、元気がないから、戦うことも難しいので、ただただ、そういう風潮がむなしい。
賃労働をするには、健康が必要で、健康を保つための前提となる労働がある。
わかりやすく言えば、ホームキープ、介護、育児。
そういうものを、賃労働に押し上げてきたのは良い傾向だ。それがなかったことにされていたころよりもいい。
自分でやることで、節約になるかというと、そういうことじゃない。
労働が見えなくなるということ。

子供を産み、育てると3000万円かかるというツイートがある。
わたしは、3000万円よりも、家族のほうが好きだ。
でも、どちらかを選ぶしかないより、両方ほしい。だから、もうちょっと頑張ってみる。


【異性愛カップル】女性は男性に家事を教えなくていい

成人した異性愛カップルにおいて家事育児の分担は大きく問題になる。

よく、男性も女性も「女性が、男性パートナーにわかりやすく、できることから、丁寧にひとつずつ、新人教育するように教える」ということを言う。
わたしはそれに反対だ。

たいていの場合、家事育児のやり方を「教育」するのは女性だ。「協力」を求めるのも女性だ。
男性は「言われるとやる気をなくす」「もっとわかりやすくいってほしい」「冷静に言ってほしい」という。
しかし、やる気をなくすも何も、そもそも、やっていないわけなので、これ以上やる気をなくすとしたら、マイナスがさらに虚数になるのか?という感じがする。
そもそも、女性と男性は対等なので、女性に「教育コスト」「説明コスト」そして、そもそも「家事育児」の負担がのしかかるのはおかしい。
男性は「働いていること」を免罪符にするが、成人しているなら、基本的に、自分で自分の面倒を見るのは当たり前だ。その前提の上に「各家庭の家事分担」が初めて議論できる。
自分のことを自分でやる、という部分には「自分でわからなかったら、やり方を調べる」「教えてもらうように頼む」という姿勢が不可欠だ。
前提が間違っているのだ。
女性が「説明して」「協力を求めて」「教育する」のでは、対等ではない。対等な相手に、上記の言葉は使わない。
成人した、責任能力のある相手に、一方的にケアをするのは間違っている。
たいていの場合、ケアをするのは女性側だと決まっている。

対等というのは、自分で自分のことをするという前提に立って、その上で、まとめてやったほうが効率が良いことに関して、役割を決めるという態度が必要だろう。

気がついた人がするというのも罠だ。
家事をしない人は当事者意識がないので、気がつかない。
気がつくのは、家事をできる人だけ。

余談だが、「男はこうあるべき」「女はこうあるべき」と考えている人たちは、わたしとパートナーの関係をうらやましがったり、嫌味を言いたくなったりするようだ。
わたしは「全部やってもらってるじゃない?」と言われる。
パートナーはわたしに相槌を打っただけで「優しい」と言われる。
どちらも、こちらとしては、苦笑いするしかない。

そういう人は、家事をする男性を求めているのだろう。しかし、家事を当然する男性は、基本的には「男とはこうあるべき」という思考を持った人を好まない。逆もまた叱りで、わたしは、対等である相手しか好まない。当然、家事育児を主体的ですることを当たり前に求める。家事をする、育児をする。というのはやさしさじゃなくて、責任感、主体性を持つこと、当事者性を持つことに他ならない。
その意識が生まれるためには、人権意識が必要だ。相手には相手の人生があり、自分には自分の人生がある。
それを実現するために、お互い補い合う。自他の区別をつけ、自分の人生は自分のもの、相手の人生は相手のものだとわかることが必要不可欠だ。

ほめて育てる、という方法論は聞き飽きた。
パートナーシップを結ぶのは、子供じゃなくて、大人だから。


改めて販促!電子書籍が無料キャンペーン

月曜日まで無料キャンペーン中です。読み逃していたものや、初めて読む方、ぜひ、この機会にお読みください。

(アフィリエイトリンクです。)

kindle がいつでも読み放題。


販促ー!電子書籍を全部無料で。

8日から五日間無料ダウンロードします。アフィリエイトリンクです。
https://t.co/O8FHQarNZp
【赤ちゃんに嫉妬する……産後クライシス】
エッセイ
https://t.co/13aT8mbfQ5
https://t.co/Cx3kxdZHwY
https://t.co/RB4iiDUqC6
https://t.co/RArZPBIbZi
https://t.co/W3YbddTmNQ

https://t.co/urJQ5AU1Ls
短編集
https://t.co/P1AEB3kWXW
https://t.co/AxQa6jRNP0
https://t.co/dLVQYPRj0u
【毒親育ちがセルフケアに挑む セルフネグレクトの罠を回避せよ】出ました!これも八日から十二日まで無料ダウンロードします!
https://t.co/WDe4wqc1JQ


電子書籍「赤ちゃんに嫉妬する……産後クライシス」上梓しました

今、KDPに申請中です。
健やかに大切に育てられている赤ちゃんに嫉妬してしまう気持ちについて書きました。
無料キャンペーンも、明日実施する予定ですので、お待ちください。

アメリカ時間で8日十二時から、12日まで五日間無料キャンペーンします。
赤ちゃんに嫉妬する……産後クライシス