まあまあな朝

今朝は夜中の二時に起きて、それからうとうとして、五時に起きてシャワーを浴びた。
電子たばこを吸ってから、食事を作っているところ。
電子たばこはニコチンが入っていない。タバコはもともと吸わないのだけど、口寂しいときにいいかなと思ってはじめた。

言いたいことをためて言ったほうがいいと会社の先輩に言われたけど、気にしないことにした。
わたしは、言いたいことを言いたいように言う。それで、わたしのことを好きになるのも嫌いになるのもその人の自由で、わたしが損をするのはわたしの自由である。人をコントロールしようとする人はろくでもない。境界線があいまいである。わたしのためのつもりかもしれないけど、大きなお世話だ。

そのあと、落ち込んでいたら、飲み会の席で、朝二時半だったのに、他の若い女の人と三人で、そのおっさんとカラオケに無理やり連れていかれた。さだまさしとはましょーをおっさんは歌い、歌いながらわたしの目を見ながら指をさしてきて、そして、歌の内容を解説した。もう一人の女の人が自分のために次いだコーラを、自分のコップにジャーっと移したので、最悪だと思った。
おっさんのはましょーもさだまさしも、聞きたくねーと思った。
最低だった。終わったのは、三時半で、へとへとになって帰った。女の人が時給千円もらいたい話だといったのでこの人いい人だなと思った。
そしてその日はコンビニの早朝バイトが入っていたので五時起きなのだった。起きじゃないけど。

言いたいことはいつでも言う。なぜならば生きている喜びのためである。自分にうそをついていると、なんで生きているのかわからなくなる。生きにくくなる。それにわたしはこのままでも受け入れられている。受け入れてくれる人がいるし、いなくてもかまわない。

そのおっさんの最低さを考えると考慮する必要はない。
人を操作したり支配したりするおっさんは最低だ。今までさだまさしとはましょーが好きなおっさんでろくなやつはいなかった。そのことがまた蓄積されていった。

朝ご飯を食べたからちょっと元気になった。

ベシー占い 占い承ります。


漫画を描こうと思います

今日から漫画を描きます。
紙も書きました。

子どものころ絵を描くのが好きだったのですが、下手だと理解してから描くことから遠ざかっていました。
でも、下手でもいいから、描いてみます。

いつもの通り、需要とか供給とか考えないで、ただ、わたしが描きたいから描きます。
時間がかかってお金のかからない趣味です。

楽しみです。

ベシー占い 占い承ります。


附箋を貼ってもらう

わたし自身は附箋を全く使わない。
でも、生徒さんには附箋をたくさん使ってもらう。

わたしは最近高校生でもどの教科も教えるようになった。物理も化学も生物も数学も現代文も古文も英語も教える。
予習はしないので、教えてほしい教科の教科書を持ってきてもらう。
すべてのことは教科書に書いてあるので、教科書に書いてあることを解説する。言い換えたり、比喩を使ったり、机上で実験をすることもある。

問題を解いてきてもらう。だいたい解いてこないのは、難しい問題にあたったとき途方に暮れてしまうからなので、「あ、無理と思った瞬間に付箋を貼ってきて、そして簡単な問題だけやってきて難しい問題を絞ってきて」と言っておく。
そうすると、気軽に勉強することができるし難しい問題にあたったときの孤独や恐怖と向き合わなくていいので、結構みんな勉強してくる。みんな本当は勉強が好きなんだと信じている。だって、塾にくるわけだから。

そして、わからない問題をわたしが解いて、解説する。その時になるまでどの教科が来るのかどんな問題が来るのかわからないので、予習をしても仕方がないのだ。
うまい具合に、教科書を説明してほしい生徒とか、学校で配られている短くポイントがまとまったプリントを持ってくる生徒が混在しているので、仕事中に復習ができる。

問題をすらすらとくと生徒が安心してくれる。それで、簡単でしょ、というと「簡単だ!」と言って喜ぶ。
怖くないしパズルみたいなもんで面白いんだよというと、確かにと言ってくれる。
勉強の面白さ深さは、だんだん知るとして、入り口ではゲームとしての面白さがわかってくれたらそれでいい。
興味を持つ分野がだんだんはっきりしてくると、その関係の本を読んで、良かったら貸したりもする。それで、進路が決まることもあるから、とても仕事はやりがいがある。生徒のためなら、本も読むし、関連のことも調べる。そういうことの繰り返しが楽しい。いろいろなことがわかる。

その場で解くことは、リラックスしていたら意外と簡単だ。生徒も、せかしたりはしない。自分で解けない問題だから、難しいだろうと思っていて待ってくれている。その間に自習してもらうこともあるし、考えながら説明することもある。さもわかっているかのように、説明しながら、その場で解法を考えているときはスリルがある。それに自分が賢いのではないかという錯覚に陥るのでそれもまた良い。

ベシー占い 占い承ります。


子どもの可能性を子ども自身に気づかせること

自分のところを悪いところばかりだと思っていたころもあるけど、それでもどこか自分には見所があると思っていた。
死にたい、もうだめだ、消えたいとばかり言っていたころも、やっぱり自分には才能があっていつか輝くのだとどこかで信じていた。
普通になりたいとも思っていた。

今だって別に有名人というわけじゃないし、平凡な人間だけど、平凡というスタートに立てた気がする。

コンビニで働いているとたった一分未満の時間で、威張ったり尊大だったりする人がいる。
寂しくて話しかけてくる人もいる。
まともな人って貴重だなと思える。

自分がまともな人間の枠に入っているかはわからないけれど、世界は懐が広いと知れる。
お金を投げて渡す人、財布を投げる人、嫌味を言う人、袋を持っていただけで、せかすなと怒鳴る人。
いろいろいる。いろいろいて、愚痴をこぼしあうシフトの人もいて、嫌なことがあるから、お互い共感できて、ハッピーになるし、いいことと悪いことはコインの裏表だということが、コンビニの仕事はわかりやすく教えてくれる。

塾の仕事は複雑で、一人教えた後、わたしは今日いい先生だっただろうか、良い教え方をしただろうか、全力を尽くしたけれど届いただろうかと自問自答する。そのあと違う生徒に会うとわたしはまるっきりキャラクターを変えて、元気に話をする。一日に何度も新しい時間がやってきて、わたしは何度も新しい人間になる。
そういうことを繰り返していくと、今日は一日まるっきりダメだったということが少なくなり、一回の悪い出来事で死なないといけない、と思い詰めなくてもいいと分かる。
たった、一時間でも、わたしは違う人間になって、今日はあなたのために来たの、あなたに会えてわたしはうれしい、と生徒さんに態度で表す。そうすると、生徒さんも同じようにわたしに会えてうれしいと全身で言う。
わたしのことをカメラで撮って記録して、くすくす笑いながら、くっついてくる生徒さんもいる。塾では勉強をしないけれど家では相当こつこつやっていて、成績も上がってきた。塾でわたしは勉強を教えるというよりも話し相手になっている。勉強を教えたほうが楽なのだけど、難しい子だと思っていた生徒さんが何年もかかってなついてくれるのは、そして、わたしの賛辞を受け取ってくれるのは本当にありがたいことだ。
わたしが「あなたはこつこつ努力しているの知っているよ。苦手な大っ嫌いな科目も点数が上がったね」というと「あざーっす」「照れる」と言っていた。そんなことも、昔は難しかった生徒さんだ。とても嬉しい。

生徒さんが初任給を考えると、学位を取りたいと言ってきた。資格が取れるなら専門でもいいと言っていたのだけど、初任給や生涯収入、それから可能性の幅を考えたり、人脈を考えると大学を出ることのほうがいいと言ってきて、とてもうれしかった。
わたしはそれをそれとなく勧めてきたので。
人生の可能性が前向きに開いてきて、人生を長いスパンで考えるように変わる過程に居合わせるのはかけがえのない喜びだ。
わたし自身はつまらない人間だけど、子どもが変わっていくのを寄り添える仕事につけて本当に幸せだ。子供はいいところがたくさんある。だけど、子どもは自分自身の可能性に気づいていない。自分はダメだと人と比べている。
でも、そうじゃない、あなたには時間がたくさんあって、努力することもできる、だから可能性に満ちていて、道をいくらでも開けるのだという、その可能性に気づくように手伝うことがわたしの天職だと思う。

ベシー占い 占い承ります。


グルーミングをする

今は暇があったら、お風呂に入ったり、泥パックをしたり、ヘナ染をしたり、下手だけどネイルを塗ったりしている。
時間がゆったり過ぎていく。せせらぎの音や雨の音のユーチューブを聞く。

今朝は、朝五時に起きたので、九時の仕事までヘナ染をすることにした。
ヘナは、時間はかかるけど、周りが染まらないので、手軽に染められる。
ヘアパック効果もあるし、地肌もすっきりするので、癖になって、楽しくやっている。
流しでお湯を出して溶いて、頭髪に塗布する、それから、タオルで巻いておくだけだ。
それでもなんだか、ぼんやりした時間が何か有意義なことをしている時間だ、と認識できるようになるから、とても嬉しい気がする。

自分の髪や肌がさらさらになると、一日嬉しい。人から前と違うと言われるのも嬉しい。
自分がうれしくなるんだったらきれいになりたい。
持て余していた時間が、楽しい時間に変化して、一日が充実している。

漫画を描くためのセットも充実したからこれからは漫画もかける。
毛糸だけ買ってあったから、今度針を買って編み物もできる。
電子たばこも買ったので、口寂しいときおやつを食べなくて済む。

模様替えの続きをしてもいい。やることはたくさんある。やらなくてもいい。
夏の暑いときが懐かしかったけど、冬には冬の良さがあって、じっくり何か自分を育てていく時期なのだ。それにはそれで深い味わいがある。
なんだかとても幸せだ。

ダメな先生だと思ってつらいときもあるけど、なかなか幸せを感じる。
新しい色付きのリップクリームを塗るとき、ああ幸せだなーと思った。

ベシー占い 占い承ります。


思ったことを言う

わたしは社会性が低くて、話すのが下手だと思ってた。だから、怖くて話すぎてた。そして、人と会わなかった。
でも、今は仕事で自信がついた。子供は裏を読まない。思った通りのことを受け取ってくれる。

人と、まめすぎてもダメだし疎遠すぎてもダメだ。
だから、ちょうどいい風にしないといけないんだけど、ちょうどいい、っていうのが、難しかった。でも、思った通りに、思いついた瞬間に動いていたら、いいんじゃないかと思った。

思いついたことを思った通り言って、悪く思われたらそれで仕方がない。
でも、良かれと思って言ったら、それ以上のことはできないんだから、心配しても意味ないのだから、せめて肯定的なことを言っていたら、いいんじゃないかと思う。
話さないと、伝えないと、何も始まらない。
伝えることで人と分かり合えることはあるけど逆はない。分かり合えることで、世界は広がるし、良いものも教えてもらえる。

伊勢丹の地下フロアで、お店の人に悩みを打ち明けて、それにあったものを用意してもらった時には感動した。
伝えることって大事なんだなと思った。
接客を初めて分かったのだけど買ってもらうことがすべてじゃなくてお客さんが喜んでくれることがやりがいなんだなと思ったので、少しずつ話せるようになった。そして、店員さんは売り上げのことも考えていて、なおかつ、わたしが喜んでくれるような自分が自信を持って進められる製品を教えてくれた。そして、買ったらものすごくよかった。

友達にも、生徒さんにも思ったことを伝えていきたい。それでどうなったとしても、世界が開けていくし、練習になる。
わたしは、自信がなかった。でも、何も変わらないけど自信がついた。受け入れられることも受けれられないことも両方経験して、フラットな気持ちで、「調子に乗る時もあるし落ちているときもある。むき出しのままのスタンス」ていうのが確立した。
子どもには受けがいい。それは、精神年齢が似ているからかなあとも思う。でも、仕事をしてよかった。
わたし、役に立ってるかどうか、いい先生かどうか悩むんだよと言っていたら、役に立ってますよ、当たり前じゃないですかと言われた。サービスされているのはわたしだ。嬉しかったので、こちらも存分にほめたたえた。
こういうやりとりって、とてもいい。

ベシー占い 占い承ります。


時間が有り余って寂しい

時間が有り余って寂しい。というのも、眠れず徹夜をしてしまったからだ。とてもだるいし、しんどい。

いいことない。
人と話したい。
疲れているのに覚せいしている。焦っていて、何か買わないとと思い込んでいるけど錯覚だ。
錯覚だと言い聞かせたい。

ベシー占い 占い承ります。


ざわざわする、やることがない

そわそわしてしまう。やることがない。やることがないので爪をぬった。今度はブログをまた書く。
そうだ編み物をすればいいのかもしれない。
早くペンが届かないかな。ペンが届いたら漫画を描ける。

昨日は徹夜なのに一向に眠くならない、そわそわ、ざわざわする。頭痛もする。楽にならない。

ベシー占い 占い承ります。


今年変わったこと

今年は、いろいろな買い物にチャレンジした。

洋服、コスメ、下着、肌にいいものをいろいろ取り入れて、生活スタイルも変わった。家具も自分の好きなものに買い替えた。
とてもうれしかった。罪悪感があるときもあるけれど、たいていはうれしい気持ちでいる。人に批判されないのっていい気分だ。

買い物を罪悪感の中でわけのわからない中でやるよりも、楽しくして、その後反省するところは反省するってやり方のほうが、だんだん前進して、前と同じではない気がする。

ちゃんと、ほしいもの、どんなものがいいのか、自分なりで吟味したり、どこで買うのか、どんな店員さんなら怖くないのか、話し方も少しずつ学んだ。
友達に付き添ってもらってデパートに行ってから、一人で同じフロアに挑戦した。同じお店に行って同じ店員さんと話すのならわたしにもできる。
そうやって、行動範囲を広げていった結果、世の中にはいろいろな便利な商品があるのだと知った。

知らなかった。
オーガニックなものって、高いけどどんなふうによいのかも知らなかったし、品質の良い服ってどんなものかも知らなかった。今年はメイクも教わった。薄化粧のやり方も教わった。身だしなみやTPOも少しずつ覚えた。上司にも頼んで変だったら教えてもらうようにしている。
友達もたくさん増えた。
ブログを通して、知り合った人と会ったり、スカイプで話したりして、友情を深めた。
わたしのブログを知っていて、好きになってくれた人たちだから、仲良くなりやすい。依然していたブログでは、わたしに依存する読者さんがいて、困ったものだったが、わたしが成長したのか、そういう人たちが一切いないのも助かる。
みんな大人で、しっかりしていて、それでいて困っている。困っていても大人だ、大人でも困るんだ、というのは発見だった。

一年前に悩んでいたことは今はもう悩んでいない。怖かったことも平気になった。
人に好かれようと思うからつらかったんだなと思うし、今日はそうでもない。そうでもない日が増えていくといつの間にか忘れて、そんなことで悩んでいたことさえも忘れるんだなと思う。

仕事も、授業は充実していて、眠たくならないように工夫している。生徒にも眠たくなるから、演習よりも説明させて、って頼む時がある。そんな風に言わない時もあるけど、言える生徒さんには言って、謝るようにしている。前と、症状は変わらないけれど、トラブルは減ったと思う。どっちみち、変えられないことなら、対応を変えればいいんだって気づいた。

去年は音楽が聞けなかったけど、今年は音楽を聴くことにも地道にチャレンジした。
好きなものは見つかっていないけど、ヒップホップやロック、苦手だったクラシックやジャズ、自然の音を集めたヒーリング音楽、ヨガの音楽など、落ち着くものを見つけられたり、克服できたりした。

今年は初めて、印刷所に頼んで本を作ってもらった。採算は取れないけれど、本を出すことで、人と知り合ったり話したりできるのがとても良い。不思議なもので、値段をつけないと、本は誰も持って行ってくれない。ただのものは人は警戒する。

わたしも役に立てることがあるんだと思った。文学フリマではわざわざ来てくれた人の気持ちにずいぶんと励まされた。あ、わたしここにいてもいいんだと思えた。プラスの反応はなかなか伝わってこないから、とてもうれしかった。

クレイパックはとても楽しい。

こういう便利なものがあると教えてくれる人と出会えたからよかった。仲良くしてもらえてとてもありがたい。
でも、一方的に与えられる関係はつらいから、わたしも与えたいと思う。

去年の今頃、ブログのこの記事がばずった。c71.hatenablog.com
それから、なんとなく読者が増えた。
自分の身近なくだらないことを書いていたのに。
だから、初期のころはほんとに身近な人のことを書いている。
今は遠慮しているから、ちょっと減った。誰も読まないと思って好き放題書いていたのが懐かしい。
いや、インターネットはいつでも開かれているから、同じことなのだけど目に留まりにくいときと、止まりやすいときでは、緊張感が違う。
とはいっても、今も特には緊張していないといえばいえるんだけど。でも、わたしも変わった。

マイナスの反応をもらうことがどっと増えて、びっくりした。
それまでは、精神病のグループの人たちと星をつけあって和やかに過ごしていたのに。

不思議だなあと思う。

ヘルパーさんも頼んで、手帳も取った。
家の中の居心地が変わったり、野菜も食べるようになったりした。
小さな変化だけど一年を通すととても変わったと思う。
直したいところはまだまだあるけれど、一年で、これだけ変わったのだから、結構いいと思う。
いいところを見たい。

ベシー占い 占い承ります。


小さいチャレンジ

今日は、眠れなくて徹夜してしまった。
疲れた。
朝からぐったりだ。
今日も仕事はある。

最近の困りごとは、買い物をたくさんしてしまうこと。いろいろなことに興味があってチャレンジしたいから、お金を使ってしまう。
それ自体は前向きでいいことだし、前には考えられないことだったから、うれしいことだ。
でも、お金のペースを考えたほうがいい。
どうしたらいいのかなあ。

手芸や、工作、今度は漫画を描いて本を印刷したいし、いろいろ肌にいいものを使ってみたい。クレイもいろいろ機能があるそうだ。少しずつ改善していきたいことがたくさんある。

最近は過食をあまりしなくなった。あまりしないので、たまにしようとしても、おなかが痛くなってしまう。体の感覚を取り戻したのだろうか。食費が減ったのでとても助かる。以前食費に使っていた分を趣味に使うことになったとしたら、一歩前進という見え方もできないこともない。

インテリアをもう少しどうにかしたい。今日は疲れたから明日しようかな。

できないことは、あるけれど、小さくチャレンジして乗り越えていきたい。
ほんとうにできないのかどうか問うよりも先に、小さい段階で自分のペースでやっていきたい。
今は親もいないから、もっとこうしなさいと言われてペースを乱されることがない。相談しないほうがかえってストレスがないのか、うまくいくような気がする。

お金のことはテーマだ。こうやって文章に書くことで、整理できる。人に相談もする。何か言ってほしいわけじゃないんだけど聞いてもらうとほっとする。わたしも相手の困ったことがあったら聞きたい。そうやって助け合っていきたい。

食べ過ぎることも、文章に書いてから少しずつ落ち着いてきた。代替行為として文章を書くことは、わたしにとって有効だ。
お金を使う時に今月の予算を考えて使うようにしたいんだけど、難しいな。先月も同じ決意をした気がする。

楽しかったし生きているしよしとしよう。
小さいチャレンジを繰り返して、自分のできることが増えるのは楽しい。
普通の人みたいになれないと思って苦しんでいたけど、普通の人なんていないし、わたしなりにいいところもあるはずだから、人のいいところとわたしの最悪のところを比べるんじゃなくて、いいところといいところを比べたり、自分の悪いところは単独で、「困っているから何とかしよう」と考えて、無理に責めないでいよう。責めたところでエネルギーの無駄だ。ストレスで余計してしまう。

だから、一日でも一分でも自分をコントロールできたら、自分はすごいんだ、ってほめたい。
いろいろ大変なことがある中で工夫しているんだから、いいんだ、って思いたい。

ベシー占い 占い承ります。