仕事が続きそうです

三月の後半になったら、仕事が激減するかと思っていたら、案外仕事が舞い込んできました。

まじめに誠実にやっていたら、いいこともあるんだなあと思います。

わたしは昔から変人だと言われてきました。

でも、そんな変人なところを愛してくれる生徒さんや、わたしを純粋な人だと言ってくれる親御さんがいて、わたしは働けています。

世の中の隅っこみたいな職場を良く見つけられたと思います。この職場を大事にしたいです。

子どもの未来を作る仕事だから、社会に貢献できています。

大切な人たちを守りたいと思います。

ベシー占い 占い承ります。


向いていないことはしないでください

退塾をする生徒に贈る言葉として、「向いていることをして、向いていないことはしないように」と言うことを話しました。

「記憶することは苦手で、でも、仕組みを把握したり、システムがどうなっているか考えるのは好きだから、そういうところをのばそう。仕組みを理解するのに必要な記憶することは努力が必要だけど、受験で自分が苦手なところがわかっただろうから、いやがらずにぼちぼち時間をかけてやって行こう。

塾を辞めても、いつでも、何かあったら、相談に乗るし、いつでも、力になるから気楽に連絡をください。わたしは、子どもの未来を育てる仕事だと思っているから。お金はとらないから」

という話をしました。

ベシー占い 占い承ります。


心のアラーム

心のアラームが鳴ったら、それがどんな状況でも、逃げなさいと、精神科の先生に教わりました。

危険だと思ったら、雰囲気を壊すと思っても、相手が怖いと思っても、とにかく逃げなさいと。逃げてどうにかなる人間関係なら最初からない方がいいと言われました。

それが役に立つ日が来ました。

わたしは、塾の掃除をしていました。
そうしたら、いじめをしている人に呼び出されました。
他の教室に連れて行かれ、二人きりになりました。
わたしは恐怖を感じました。

「ここの隅、ここ!ここの髪の毛がこびりついているのをこれでとってください。あなたのだから!」と言われました。
「先々週、ころころでとったんですが…」
「とってこれですか?」

わたしは、その人が見ている前で、掃除機をかけました。その人は途中でいなくなりました。
どのくらいやったらいいのかわからないのでずっと掃除機をひざまずいてかけました。
わたしのアラームは鳴りっぱなしでした。

「汚いままで二階に行けないでしょ?」と言って、その人は机の下を確認しました。
「はい…」と言って、わたしは逃げ出しました。

その足で上司の元へ行き、「わたしは限界です」と言いました。

上司は「今日は無理だから、明日話を聞くから」と言ってくれました。

次の日、上司は笑顔で、「もうないよ」と言いました。

「向こうから、もうしないって言ってきたから。いじめてるつもりはないって言っていました。髪の毛のことがどうしても許せなかったらしいんです。どれだけ髪の毛が散らばっているか見せたかったと言っていましたが、見なかったからわからないし。どちらの言い分もわかるし」

「人間だから、髪の毛も落ちますし、気になることもあると思います。何をどうする訳にも行かないので、これからないということがよかったです」

ということで、解決しました。

心のアラームが鳴って、その通り逃げ出して、うまく着地してよかったです。

髪の毛はわたしのものだろうし、だから、掃除をするのは当たり前だしと思いましたが、他人に話したら、やっぱりそれはおかしいと言ってもらって、わたしのアラームも頑張ったなと思いました。

ベシー占い 占い承ります。


生徒さんが合格しました

合格発表までは嫌な夢を見てとても気分が重かったし、連絡がくるまではどうしようと思ってばかりいましたが、合格の連絡が来たとき叫ぶほど嬉しかったです。

教師冥利に尽きます。

感謝の言葉をいっぱいもらいました。
わたしのおかげだと言ってもらえました。
なんてうれしいんでしょう?

こんな嬉しいことはないです。
自分のことよりも嬉しいです。

ベシー占い 占い承ります。


わたしはプライドが高いです

わたしはプライドが高いです。

だから、いつも自然な感じで自分のことをほめたたえますし、他人に対しても比べないし期待もしません。

だから、教えることが向いているのかもしれません。
他人ができないことに対してがっかりもしないし、できて当たり前のこととも思わないです。
せいと参賀できなかったらできないんだなと思うだけです。
だから、かえって、教えることが向いているんだと思います。

わたしのプライドの高さや、自分を好きなことは、何に由来しているのか考えてみました。

わたしの母は、問題の多い母だったのですが、わたしが勉強ができたり、賞状をもらったりすることは、いつも手放しでほめたたえてくれましたし、何かするとすごい、素晴らしいと言ってくれていました。

女の子だからこれはしない方がいいと言って、性別で制限を決めることもなかったし、できないことを強制してくることもありませんでした。

得意なことをのばして、苦手なことをさせることはしませんでした。
そういう意味では恵まれていたと思います。

わたしはプライドが高いので、いじめられてつらくても、どこか、この人はかわいそうだなと思う余裕があります。

わたしは気が強いなと今回の件で思いました。

ベシー占い 占い承ります。


人生のお休み

いじめをしてくる人は、幸せそうではありません。

わたしは幸せです。
わたしはとろそうに見えると自覚しているのですが、実は気が強いし、傷ついているけど、マッサージにいったり、映画にいったり、仕事をしたりしているので大丈夫です。

弱そうに見えても、どこかで「この人かわいそうだな…大丈夫かな」と思う余裕があります。それって、客観的です。わたしは結構いい感じです。

わたしがいい感じなのは人生にお休みが長くて、楽しんできたからなんじゃないかなあと思います。
仕事もゆっくり働ける仕事だから、いいかなあと思います。
つらい時期もたくさんあったから、今の穏やかな日々に満足しています。

わたしをいじめている人はぎりぎりとしていて余裕がありません。
もっと、自分をいたわって、甘やかしたら、わたしにかまわなくてよくなるのにもったいないなあと思います。不満足なのかなと思います。

これから、しばらくは攻撃がないと思うので、ちょっと安心しています。

ベシー占い 占い承ります。


いじめの続き

自由参加の掃除をしていたところ、別の教室に呼び出されて、わたしが今まで使っていた机の掃除をするように言われました。

「二階に移動するならこんな汚いままでいけないでしょ?」と妙に優しい口調で言われました。
「先々週の月曜日にころころでとったんですけど」
「とってそれですか?この掃除機のノズルでとればとれると思うんでやってください」と言われたのでしました。

最初、わたしが掃除しているところを見ていましたが、途中でいなくなって、わたしは丁寧に掃除機をかけました。

終わったあと、呆然と立っていると、先生が床をチェックして髪の毛が残っていないか見ました。

確かにわたしの髪の毛ではあると思いました。

異次元空間にいるような気がしました。

ベシー占い 占い承ります。


わたしがされたこと

一月上旬に、高校生の生徒さんとトラブルがありました。

その後、二日後にペアの先生に謝罪をしたところ、
「謝罪のタイミングが遅い。ついでに謝ったように思える。わたしの価値観だとそういうのはあり得ない。事務室に謝りにくることもできたのにしなかったのはどうしてなのか。どんな状態がわかっているんですか?すごい上の人まで出ているんですよ…上司の人は言わないみたいなんで、これは言わないでほしいんですけど…空気を読んでください。◎◎先生が言ったから、先生でいいと思ったんですけど、結局、先生はどのレベルで教えられるんですか?教科書見ないで教えられるレベルなんですか?教科書見て教えられるレベルなんですか?化学どのくらいできるんですか?」
「数学ほどじゃないです」
「数学がどのレベルか知らないですから」
とおっしゃいました。
「掃除も、先生がた総出でやっているのに、あなたは出てこない。別件ですけど、先生の席の周りだけ長い髪の毛がこびりついているので、自己責任でころころでとってください」と頭を下げている状態で言われました。

その一時間後、電話がかかってきて、「上司には言わないでくださいね。◎◎先生は言わないでおいてることを言ったってわかったらヤバいですから…改めてって、言ってましたけど、事務室に来て謝られたら、何をしたんだと思われるんでこなくていいので、普通にしてください」
とおっしゃられたので、「お電話本当にありがとうございました」と言いました。

それから、一週間のうち、事務室であいさつをしたところ、二回無視されました。
上司の先生に、増回の生徒さんの親御さんから相談されたことを報告したことも、上司の先生に「普通そんなこと言いますか」と言ったそうです。

不登校の生徒さんといるとき、階段ですれ違ったとき、生徒さんがいることに気づかなかったらしく、無視はされなかったのですが、非常に険悪な声で「おつかれさまです」と言ってきて、生徒さんが怯えて、「ここの塾は裏ではこんなに険悪なの?先生大丈夫?」「あの先生、わたしに気づかなかったんだね、しまったって顔してたよ」と言うことがありました。
その生徒さんは、四コマやる予定で、入試の前日だったのですが、そのことのあと、おなかを痛くしてしまって、早退しました。生徒さんは怖がって泣きました。

事務室に、フロアの鍵を閉めるために、九時頃行ったとき、後ろから入ろうとして、「わたしも入ります」と言ったところ、無視され、鍵を閉められて、開けてもらえませんでした。
自分の鍵で入ったところ、「自分の責任で閉めてくださいね」と言われました。それは、先生がいる状態です。
そんなことが、その後もう一回ありました。

二月十九日に、レターボックスに、手紙が入っており、月曜日の掃除の日に来ないのであれば、頻繁に使っている301(実際には、謝罪をしたあとからほとんど使っておらず、謝罪をした次の月曜日に髪の毛は粘着テープで掃除しており、その現場を、先生も見ていました)の掃除を責任を持ってしてくださいと言われました。

ベシー占い 占い承ります。


楽しいことは切ない

このところ、たのしみにしていることがありました。

三週間も働きづめだったので、ややそう状態でもあったし、いじめで疲れてもいました。

楽しいことが実際に現実にあって、楽しかったですが、楽しい最中から、「これはもうすぐ終わってしまう」と思って、なんだか切なくなり、泣いてしまいました。

楽しいことを作ろうと必死なのですが、なかなか難しく、他人に執着してしまいます。

いじめはいじめで消耗するので、精神的にはギリギリです。

ベシー占い 占い承ります。


うれしいこと

生徒さんが晴れ晴れとした声で、電話をかけてくれました。

試験を精一杯できた、前の日にやった問題がそのままでた、と言っていました。

お母様も別に別に電話をくださって、精神的にも成長してくれたことが一番嬉しいと言ってくれました。

いい人に囲まれていて嬉しいです。

先輩にクラシックバレエのレッスンに誘ってもらって、踊ったら、嫌な気持ちが吹き飛びました。

楽しいってすごいです。

死にたくならないし、落ち込まないし、幸福になります。
なにも事情は変わっていなくても、幸せになります。

ベシー占い 占い承ります。