思春期をやり直している

思春期をやり直している。

遅いだろうか。

遅いかもしれないけれど、わたしは自分の持っているカードでやりくりしないといけないから、これでいいんだ。

わたしは、自分の年齢に見合っていない服装をしたがる癖がある。

自分が年を取ったことを飲み込めないのは、十代のときに十代らしい格好を楽しんだりしていなかったから、あとから、したくなってきたんだと思う。そのとき、その年代でやるべきだったことをできなかったことがわたしのコンプレックスだ。

わたしは、コンプレックスを減らしたい。

綺麗なものを身につけたい。
鏡を見るたびに老けた自分にぎょっとする。

鏡なんてゆっくり見ていなかった。
プライバシーなんてなかった。

わたしは母親に会いたくない。
そればっかり思う。

わたしは、趣味を始めたい。
趣味と言う単語を聞くと今まで持てなかったことに、後悔と悲しみを感じて胸が押しつぶされそうになるけれど、人生が今始まったのだと思いたい。

周りの人は親の面倒を見ろと、そうでなければ自分が年を取ったとき面倒を見る人はいないと考えろと言ってくるけれど、今母親は元気だし、面倒を見ようとしたらわたしは死んでしまう。

母親の面倒を見ろと言われたので父にも会いにいくのを辞めてしまった。

それでいいと思う。

物欲に縛られないのがいいと洗脳されてきたけれど、物欲あっての人生だと思うようになってきた。

欲しいものがあると生活に張りが出るし、生きていってもいいと思える。

わたしはずっと、そんなことでは生きていけないよと言われ続けてきたけど、そもそも、生きたいと思っていなかった。
早く死ねるなら死にたかった。
だから、生きていけないよ、生活していけないよ、と言う言葉がピンとこなかった。
でも、なかなか死ねないのだ。首を吊っても死ねない。

なかなか死ねないのだったら、楽しく快適に生きたい。
わたしは快適に生きられればいい。

快適に生きるために物欲という目標がなければ、生きている意味がなくなってしまう。

わたしはカメラなんてちっとも欲しくないし、写真の楽しさなんてわかりたくもないし、わかる気もしないけれど、カメラを買おうと思う。

それは、意味のない先行投資になるかもしれないし、無駄になるかもしれないけれど、買おうと思う。

百万円貯めて、400くらいのバイクも買おうと思う。
それは、わたしに扱えないかもしれないけれど、買おうと思う。

無駄だと思う。

無駄だと言われるしそうなんだと思う。

ベシー占い 占い承ります。


いやで仕方がないこと

楽しいこと、というのがよくわからない。

虐待されていたせいで、そういうことを理解できない。

楽しむということをしたことがない。

こうして、文章を書くことはこっそりできたから続いたけれど、それだって、母親は介入してきた。

いつも母親は、わたしが評価されると、「わたしのおかげであんたの文章がうまい」と言うのだった。

それがいやで仕方がなかった。
楽しいことをしていると必ずもっとひどい方法で報復されるので、楽しいことというのは、本当につらくてきつい苦しい死にたくなるようなことだ。

母親は早く死んでくれたらわたしのためになるのにな。
「あんたのためにならなんでもできる」といつも言っていたのだから、死んでくれないかなと思う。
わたしが本当にしてほしいことは決してしてくれないんだから、死んでくれたらいいのにな。

趣味をするとバカにされたり笑われたりするのがつらい。

人にプライドが高いと言われたのでつらい。
失敗が恐ろしいからなのかもしれない。
プライドが高いと言われるのはとてもつらい。
つらくてしかたがない。

ベシー占い 占い承ります。


趣味という単語

趣味という単語を聞くと、虐待シーンを思い浮かべてしまって、うっとなり、つらい感じになる。

でも、本当につらくていやだけど、趣味をしないと行けないと思う。

わたしの母は、侵略系だったので、わたしが興味を持つことを代わりにやってしまう人だったので、趣味のことを考えるととてもつらい。

また、趣味に関しては劣等感がある。
わたしには、そういう才能がないのだ。ということを突きつけられる。
才能がなくても、趣味をやってもいいと思うんだけど、できない、できないことを突きつけられて、わたしは本当にだめ人間だなあということを目の当たりにするから趣味はつらい。

やってみようと思うことは、カメラとバイク。

カメラには全然関心がないけれど、勧められたのでやってみる。

どこが楽しいのかさっぱりわからないといったら、じゃあ、辞めればいいと言われたけれど、どこかから始めないと、虐待と趣味が一緒になった世界から抜け出すことができない。

虐待をフラッシュバックしてとてもつらいけれど、カメラをやろうと思う。

何が楽しいのかわからないけどリコーのGRを勧められたので何も考えずに買う。

いやで仕方がない。

ベシー占い 占い承ります。


太ってしまった

なかなかやせない。
たくさん食べているから仕方がないんだけど、食べては寝る生活をしているのでとても不健康だ。

一週間に一度ヨガをやっていて、肩こりと腰痛が楽になるし、気持ちもさっぱりする。

だけど、やせることとはあまり関係がないらしい。

わたしは太っているけれどみっともないほど太ってはいない。

でも、そんなこととは関係がなしに、気持ちがひどく落ち込んで、自分は醜いと思い込んでつらくなってしまう一面もある。

ベシー占い 占い承ります。


感情のコントロール

感情のコントロールについて考えてみました。

感情を乱すものから離れても、基本的に病気なので感情は周期的にあがったり下がったりします。

今は、あがっている状態です。

だから、ブログが更新できるのですが。

感情のコントロール、初期の状態では体を動かすことで、感情に振り回されることを少し緩和できる気がします。

わたしの場合は、どうしても叫びだしたくなったり、走りたくなったり、暴れだしたくなったりします。

それを、常に、ある一定の運動を日常的に続けることで、緩和できるような気がしています。

調子のいいときも悪いときも、運動をすることで、泣き叫ぶことが減ってきたような気がします。

嫌いな人に関わらないことで、嫌なことを考えなくて住むような気がします。

それでもだめなら、死んだように眠るのもおすすめです。

寝て逃げるのはとても良いことだと思います。

わたしは、躁状態のときに慌てて原付に乗ってこけて、膝を削ってしまいました。それはよくなかったです。

感情のコントロールを失っているとき、その自覚がほとんどないです。

感情のコントロールはとても難しいのですが、感情にぶれがあることを知っていて、嵐の最中にそのことを「わたしは、感情障害があって、今は、その症状に飲み込まれているのだ」と思うと、薬を飲んだり、休養をとったり、逆に忙しくしたりして、実際的な対処をすることができるように思います。

ベシー占い 占い承ります。


感情というものと暇と仕事

暇だと感情についてよく考えます。

だから、暇を排するというのが、このごろの目標です。

九月の一回目の三連休のとき、一歩も家からでなかったばかりか、ベッドの上から出て行かなかった反省をふまえました。

人間は、過去へ戻れないのに、過去に対して体が止まってしまって、そのときの感情をぶり返して、決して忘れられない、ことを煮詰めていくと、憎しみが濃縮されて具合が悪くなります。

それは損です。

悲しみだとか恨みだとか、そういうものを引き起こす人から離れたことで、感情障害はかなり落ち着きました。

たとえば、わたしはバイクにずっと憧れていたのですが、親に止められていて、いい年をしているのに、言うことを聞いていたのです。
そして、わたしは、そのことに恨みを抱いていました。

近くにいると、いうことを、条件反射で聞いてしまうのです。

でも、親を捨てたことで、自分の好きなように生きられることが本当にわかってきました。

1秒たりとも親のことを考えるのはもったいないです。
あの人は関係のない人です。

親の介護をしないと、子どもに介護してもらえないよと言われましたし、子どもを持つならそろそろ結婚を考えた方が良いと言われましたが、介護をさせるために子どもを持つと言うのはおかしいと思います。
そして、子どもがいない人生も楽しいと思うのです。
子どもは授かり物です。

私は子どもが好きですし、欲しいですが、一人で作れるものでもないです。
そして、そのことをしのごの思っているよりも、やりたいことをやって、楽しいと思って、にこにこ暮らしている方がよっぽどいいと思います。

近頃時間がないと思い始めました。

体が元気でいられる時間が少ないです。

体を使って楽しめることを、何でもやりたいと思います。

腹の立つ人もいますし、人間の幅を広げるために、そういう人と関わらないといけないと忠告されることもありますが、やっぱり、嫌いな人とは距離を置き、快適に過ごし、ニコニコ笑って余裕を持っている方が、嫌いな人とやりとりすることも楽になっていくのではないかと思います。

それが、感情をコントロールする、ということなのではないかと思います。

風通しを良くして、自分が幸せでいるために全力を尽くすこと。

わたしは、長い間、学生をしていました。

今は、そのことが嘘みたいに働くことが楽しいです。

こんなに楽しいならば、もっと前から働いていれば良かったと思うほどです。

でも、その楽しさは、わたしが学生時代にしたつらい思いを礎にしたものかもしれません。
早く働いていたら、今頃は仕事に飽きていたかもしれません。

わたしは仕事を得るのにとても苦労しました。
今は、不安定な雇用ですが、仕事にやりがいも感じて、うまくいかないときは寝込むほど感情移入してやっていて、うまくいくとドーパミンがどばどば出て、人の役に立つ喜びで有頂天になります。

精神病は、働くことで軽減してきた気がします。
お薬もとても良く効いています。

今は、躁状態で、こんなにブログを書いたり、バイトの面接をしたりして、活発で、いてもたってもいられない状態ですが、そういう状態も自分で管理する努力ができるようになりました。

というわけで、眠れませんが、それは仕方がないことかなと思います。

ベシー占い 占い承ります。


ほしいもの

欲しいものができました。

バイク!!!!!

ヤマハのボルトが気になります。

かわいい。丸いバイクが好きな様子。でも、尖ってるやつも好きだ。

あと、カメラも欲しいです。リコーのやつ。

バイトをして買いたい。

今までの人生、物欲を押し殺そうとして、歪んでいた。
趣味もなくて虚しかった。

しかし、これからは違う。

やりたいことを軽い気持ちでやっていきたい所存です。

免許とりたい!

ベシー占い 占い承ります。


暇だとネガティブになるのでバイト戦士になります

わたしは塾講師なので、夜しか働かないです。

今まではそれで良かったです。

なにしろ、疲れやすかったので、夜働いて朝から昼にかけて疲れを取るというサイクルでよかったです。

しかし、夏講習を終えて、何か吹っ切れました。

昼間やることがないと、過去を振り返ったり、眠ったりして、ろくなことになりません。

だから、わたしは、お金を稼ぐことにしました。
バイト戦士の誕生です。

面接を受けるのはとても怖いのですが、一度ですむことは、たいしたことじゃないと友人に言われたので、それもそうかと思いました。

暇もつぶれて、お金も稼げる。

面接で断られることはたいしたことじゃないです。
おたがいの条件が合わなかっただけです。

と、考えるようにしました。
合理的になります。

わたしは、まだ感情に振り回されます。

だから、感情は感情として大事にして、感情に振り回されないように、時間を区切って、コントロールするようにしたいです。
感情に振り回されると体力を消耗します。

体を動かして、感情に消耗される隙を与えない作戦でしばらくいきます。

ベシー占い 占い承ります。