改めて販促!電子書籍が無料キャンペーン

月曜日まで無料キャンペーン中です。読み逃していたものや、初めて読む方、ぜひ、この機会にお読みください。

(アフィリエイトリンクです。)

kindle がいつでも読み放題。


電子書籍「赤ちゃんに嫉妬する……産後クライシス」上梓しました

今、KDPに申請中です。
健やかに大切に育てられている赤ちゃんに嫉妬してしまう気持ちについて書きました。
無料キャンペーンも、明日実施する予定ですので、お待ちください。

アメリカ時間で8日十二時から、12日まで五日間無料キャンペーンします。
赤ちゃんに嫉妬する……産後クライシス


躁状態が一週間目

夜中の一時から四時に目が覚めてしまう現象が一週間続き、とてもしんどい。
また、赤ちゃんが母乳を拒否するので、一日一回しか授乳できていない。
もうこのまま卒乳かな。

落ち着かなくて、ほしいものリストを一生懸命作る。
ぼーっとしていたい。でも落ち着かない。
なにかしないといけないと思う。でもなにかやらかしそうでこわい。


欲望のあり方

自分が何を欲しがってるのか、案外わかっていないようで、なにか見ると刺激されて、ほしいという気持ちが喚起される。
そして、頭がくらくらする。
自分が何を欲しがってるのか、それによってどんな満足をえるのか、わからないまま手に入れて、それから変化することで、あとからわかることもある。
わたしは、わかりたい。
だから、ただ、買うんじゃなくて、買う前と買ったあとどう変わるのか知りたい。
そうすることで、わたしは自分の衝動と共存したい。


起業できそうな高校生

高校生に、メルカリがはやっているそうだ。
売るときのコツをおしえてもらった。

商品の下に綺麗な布やセーターを引く。
飾りとしてアクセサリーを添える。
光を調節する。
詳細な記載。
それだけで、中古のスマホケースが新品の半値ですぐに売れるそうだ。

実践したら、微動だにしなかった出品がうごいて、たくさん売れた。

ハンドメイドの筆箱をプレゼントしたら、メルカリで売れると。
売るときのこつは、大量につくっていっぺんに出品すること。
それで、ハンドメイド作家だと認識される。
作品の中から選ぶ楽しみができるので、買ってもらいやすくなる。
作品のキャラや方向性をわかってもらえる。

メルカリを通して、子供たちが、マイクロビジネスで起業してるといっていい。
素晴らしく教育的だ。

ものを買うことも売ることも自分の欲望のありかを知ることになる。


願いは家内安全

昔はもと家族の健康を願っていた。
年末からいらいらしていた。もと家族は、イベントごとに、怒鳴り散らしたものだ。
仲良くしなくてはならない、きちんとしなくてはならない、理想に遠すぎたので、いらいらしていた。
焦りと後悔ほど無駄なことはない。
焦りは未来を先取りしようとするあまり地に足がつかなくなるし、過去を後悔すると、今を食べてしまう。

先送りするしか、対処方法はない。それは気休めではなくて、目が覚めたら、新しい抜け道を思い付く可能性にかけるということだ。

わたしは、気持ちが穏やかじゃなく、なにか焦っている。
でも、気晴らしにほしいものを考えたり、編み物をしようとしたりする。
それでも、もっとほしい、もっと早く作らないとと焦るには変わらないのだけど、比較的被害が少ない。
人に当たり散らすよりずっとましだし、あとで自己嫌悪しにくい。

今祈るのは、何者かになりたいというより、家族が平和に暮らせるようにだ。
昔はそんなこと、思いもしなかった。
堕落だと思っていた。

わたしは、受験に合格しても、喜んではいけないと言われていたから、なにか成功しても喜んではいけないという癖がついて、成功しても喜んではいけないので、努力にきりがなく、ずっと頑張り続けていた。

わたしの感情を奪った人は、絶対反省しない。
自分が被害者だと思っている。
だから、わたしが親に会わないのは、虐待をしてしまう人への親切だ。虐待しないですむ環境をつくってあげることが親孝行だ。

もと家族には家内安全がなかった。
今はわかるようになった。それが幸せ。


さみしくてさみしくてさみしくて、手を伸ばす

複数の人に自分の機嫌をとるのがうまいといってもらえたので、信じられないような、意外な気持ちになった。

わたしは暗い青春を送っていて、渋谷に買い物に行こうといわれても華やかな場所が怖いと断ってたくらい。
でも、ほんとはそういうところにいく人生がよかった。

さみしくてさみしくてさみしくて、夜に苦しくなって、そうなると変な人と関わるようになって、トラブルになることも続くんだけど、とにかく大量の人に話しかけて話してだんだん楽しいときも増えてきた。

失敗も多いけど、居心地の良い人間関係を知って、人間関係のことも学んだ。

さみしくてさみしくてさみしくて、どうしようもないときに、ああ、これがあるから人と関わる気になるんだなと気がついてから、だんだんさみしさを原動力だと捉えるようになった。

そして、長い時間をかけて、生活を整えることが、気持ちの荒れをケアすることになると気づいて、部屋を整え、風呂に浸かり、爪を塗り、髪をブローし、毎日洗濯して畳んでしまうようになった。

忙しければ忙しいほど、そういうことが必要なのだ。
忙しいと、できなくなるけど、できなくなるほど忙しいのは、キャパを超えてるから、忙しいこと自体をやめる。

セルフネグレクトをやめるためには、たくさんのことを学ぶ必要もあった。
でも、それもさみしさが原動力。さみしくなければ、自分の欠けている部分に気づかなかった。
手当たり次第になんでもためしてみるのは、さみしかったから。

助けになることがつらいとき、声をかけるだけでも、かけられるだけでも、全然違う。
なんにもできないなんてことはない。
できることがおもいつかないなら、一緒に考えればいい。
孤立せず孤立させない。
それが一番大事なこと。


週刊金曜日とゴヒエツコについて呟いたら凍結されました


ゴヒエツコと週刊金曜日の関与について呟いたら、一時的にですが、Twitterを凍結されました。

週刊金曜日とゴヒエツコの名前だしたらいけないの?
どこが悪いの?
プライバシー?裏工作の告発はプライバシー侵害よりも公益性のが高いでしょう。
どこに個人情報入ってるの???

週刊金曜日なにやってるの?

ゴヒエツコか、週刊金曜日かが、通報したとしたら、めっちゃカッコ悪いですね。

わたしはPTSD発症してますよ。
ゴヒエツコは被害者づらしてるけど、わたしのファンだといってきたんだし、わたしのこと、こういう人だと知ってたでしょ?
人に秘密をばらされたくないなら自分でやればいいんだよ。プロの文筆家のくせに、やることが稚拙。
わたしよりも歳上なのにね。


性暴力の重さと軽さ

たとえば、「触られただけじゃん!」というと、性暴力の本質を見誤ることになるけれど、傷害事件にも重いのと軽いのがあるんだから、性暴力事件にも重いのと軽いのがあると言っていいと思う。

わたしは、高校生の時に脅迫されてレイプされ続けていたので学校に行けなくなって受験に失敗した。
夜道で襲われて、大けがをして入院した。
軟禁されて薬を飲まされ続けて、もうろうとしている間に妊娠していたうえに籍まで入れられていた。
(嘘だと思うなら裏どりできるよ、事件になってるから)
それと、ゴヒエツコが一回抱き着かれてキスされたのが同じなの?
わたしは当時、フェミニストに非難されまくったけど、
「性暴力被害者だからと言って、もっと重い性暴力被害者を矢面に立たせる」
「性暴力被害者でもなんでもない濁山ディク太郎までが矢面に立たないで、性暴力被害者の陰に隠れる」
「根回しを公表した相手に、暴言を吐く濁山」
を誰か批判したの?

わたし以外に言える人いないから言うけど、性暴力被害にも重い軽いはあるよ。
そして、重い被害者のわたしが、軽い被害者のほうに配慮して黙らされるのっておかしいと思うんだよ。

あと、そもそも、濁山なんて、男だし被害にもあってないし、ただの加害者なのに、なんでフェミニストはあんなにあいつのことをかばってわざわざリプライまで送ってわたしを非難したのかさっぱりわからない。
百万歩譲って、ゴヒエツコについてはまだわからないでもないけど、濁山だよ????

ゴヒエツコが「菅野という名前を見ると具合が悪くなるんです」というのに
「じゃあ、うんこと呼びましょう」という配慮はできるのに、同じ性暴力被害者で、なおかつ、協力した相手に、その想像力が発揮できないのはなんでなんですかね?

ゴヒエツコは守らないといけない被害者!でも、c71はどうでもいい!みたいなことなら、それは性暴力に憤ってるんじゃなくて、ゴヒエツコの支援者でもなくて、取り巻きが楽しいだけでしょ。
あと加害者がたたくと気持ちがいい相手なだけ。

正攻法だとかなわない相手をたたくのは気持ちがいいけど、ゴヒエツコをたたいてわたしの味方をしてもおもしろくないもんね。
(ということらしいですね、わたしにはわからないけどさ)


相手は性暴力被害者なんだから、配慮しろって言うけど、わたしにたいして同じくらい配慮しろよ!くそが。

それにしても、今、精神疾患がすごく重くなってて、日常生活が破たんしている。
消えたいと思ったり、死にたいと思ったり、眠れなかったり。
昼間に突然号泣したりしている。
わたしは、自閉傾向が重いから、定型の人の考え方はわからない。
そういうことにも絶望する。


めっちゃ具合悪い

普通のことも書こうかな。
今日は朝から死にたいと思って、外出したまま家に帰るのをやめて、どっかに消えようかなと思った。
でも、消える場所も思いつかないし、寒いのは我慢できないから、家に帰った。
家に帰ったら、なんか声が出ない。
たぶんストレスだろうなと思いながら口パクで話しているうちに治った。

からだがうまく動かなくて、ずっとわたしはこの世にいないほうがいい、みんなからも、パートナーからも邪魔だと思われているに違いないから、消えてしまいたい、こんな醜くて、生きていないほうがいいし、周りの考えていることは理解できない。

自分なりに正当な理由があって怒っていても、突然切れると言われ続けてきたんだし、いくら説明しても相手は理解しない。
壁があって、どうにもそこを抜けられない感じだから、そういう人とは関わらないようにして生きてきたけど、ドアをバーンとこじ開けてくる人が、わたしの心の中をぐちゃぐちゃにして、わたしが抗議すると、基地外とののしる。
だから、本当に私がそうなのか、そうじゃないのか、ずっと考えているけれど、相手は言ったことも忘れて、気にしなければいいじゃんというが、お前が行ったんだろうと思う。

腹が立ちすぎてて疲れてもう悲しくなって生きているのが嫌になった。