食べることにたくさんの意味が

食べることにたくさんの意味があった。

食べないと具合悪くなると思ってた。
そして、寂しいときや心細いときや、疲れたとき、暇な時に食べていた。

食べていたら安心、って思ってた。

衝動みたいなものがあったし、食べないと眠れなかった。明日のこともわからなかった。
何か憑かれたように食べてた。

今も、どか食いはする。けど、何かにはまって一日にこれを絶対食べないとだめだっていう食品はなくなった。
今しか食べられないっていう切迫感の中で食べていた。

今は、食べなくても大丈夫、って思う。でも、心配だからサプリは飲んでる。

親から感じる愛情の源泉が、食べ物にあったから、親離れしたときに食べ物にすがってたんじゃないかなと思った。
今は親離れ完了したんじゃないかな。

あんなに食べるとおなかも苦しかった。いいことがなかった。

今は白菜煮て食べるとかそういう、普通の食事をしている。食べなくても結構大丈夫なんだと分かってきたし。
野菜食べてたんぱく質とって炭水化物少しとってたらいいんだ。簡単だった。

今は水タバコにはまっている。
セッティングが難しくて、煙でなくて、試行錯誤した。密閉することが大事なのね。
そして、葉っぱのメーカーによって、セッティング成功率かなり変わる。
もわっと煙がたくさん出ると達成感があってうれしい。体に悪いんだろうけど、体に悪くてもいいから今それやりたい。っていうね。
タバコほとんど吸ったことなかったから、すごく酔っぱらう感じになるニコチン。
食べ過ぎることと水タバコとどっちが体に悪いのか知らないけど、でも、いいんだ楽しいから。食べているときには時間を慈しめていなかった模様。だから。
ニコチン体に悪いよね。知ってる。
依存対象が変わっただけ。

いろいろカスタマイズしたり、はんだでつけられている部品を取り外そうとしてはんだごて買ってきて、でもペンチ忘れたからまだ取り外せていない、とか、今度はクレイトップをいいのに変えたい、とか、ホース変えたら快適度が全然違うとか、フライパンを敷いたら、炭が落ちることの被害が減ったとかそういうどうでもいいんだけど、わたしにはどうでもよくないことがたくさんあって、これって趣味って言ってもいいんじゃないかとか。

音楽を聴くことも、映画を見ることも、本を読むこともできないくらいの状態がずっと続いていたけど、今は少しなら見れる。
ので、時間を過ごす方法がだいぶある。
だから、食べなくても大丈夫になったのじゃないかな。

夜には寂しさが耐え難くてその時間を生き延びるための過食だったのだと思うと、その間の私自身のこともいとおしい。
ずいぶん自分のことを馬鹿だと思ったし自分の身体も愛せなかった。
でも、生き延びたんだよねあの時間を。と思うと、なかなかうまくやったんじゃないかなって。
うまくはやってないけど、がんばったんじゃないかなって。

死にそうなときに「勝手にしてください」と電話をガチャ切りされたりとか、会うと動悸がするから会いたくないと言われたりすることとか、びっくりしたけど、人に言えるようになって、ショックを、右から左に流せるようになったから、食べてためることなくなった。
あれ、結構人付き合いうまくなったんじゃないの?

コミュニケーションに問題があっても、心がこもっていたら大目に見てもらえるとか、わかってくれる人を探すこととか、大事に思うこととか、そういうの、できはじめてるんじゃないかって。
食べることにたくさんの意味を持たせなくても生きていけるんじゃないかって希望が。ちょっと。ある。
ダイエットと、散財を防ぐの、簡単だよって言われた。そうか、簡単なら、わたしにもできるかもしれない。


親戚づきあいがないのはラッキー

親戚づきあいがなくなったので、正月は一人だった。

寂しいと思ったのだけど、一日にのんびりとできて、あれ、これってラッキーなのかなと思った。

ネットでは親戚づきあいが苦痛という人がいた。

母方の親戚には病気のことをカミングアウトしたら、仲の良かった祖母の葬式に呼ばれなかった。祖母のために、ずっと子どものころから父がいないことを嘘をついているかのようにふるまっていることも苦痛だった。もう嘘をつかなくていい。

父方の祖母には「非情な子」と言われてから会わなかった。父のことは好きだけど、継母ともトラブルがあって、あった、というか、拒絶されたり納得のいかないことがあったりしたので、もういいかなと思った。

トラブルを起こしたせいもあるのだと思うのだけど、結局親戚というのはトラブルの時に助け合うから、という前提があって、仲良くするんだと思うから、トラブルを起こしたときに、あっさりいなくなる人たちは今後も期待はできないだろう。

血縁は、ひどいことを言う。それが親しさの証だったり、真実を教えてあげるんだ、ということだったり、わたしをよりよくするためだったり、というつもりがあるんだと思う。

でも、わたし、ダメなりに頑張っていて、少しずつ自分なりによくなっていると思う。

去年はお金をたくさん使った。それで、欠落していたことを学んだ。学んだらたいしたことがなかった、ということもあるけど、学ばないと人生が惨めだったからよかった。ふだんから、小さいころから、当たり前のように知っている人が多いような分野が補えたのはお金の力だ。

だいたいのことは、仕事をしていたら、免罪されるんだなと思ったから、仕事以外のことで、つらい思いはしたくない。いつか、助けてくれるんだと思えるなら、我慢もできるけど、助けてくれるわけじゃないもんね。父は助けてくれたから感謝している。でも、継子いじめからは守ってくれなかった。あれは、本人からするといじめじゃないんだろうけど、やっぱりちょっとひどかった。わたしもひどかったんだと思うけど。

これで、人付き合いの厄介な部分が減った。だから、自分で好きだと思える友達を大事にするために時間もお金も労力も使える。
好きだと思える友達がいてよかった。

家族じゃなくても、恋人じゃなくても、大事にできる人がいるのはうれしいことだ。
友達はわたしのためにいろいろ考えたり、教えてくれたりする。ひどい言い方をしないでくれる。
だから、一緒に人生を歩みたい。
距離を置くことばかり考えていたけど、今年は近づいていきたい。
凸凹がある同士で、うまくやっていきたい。友達に賞味期限がある場合もあるけれど、長い付き合いの友達もいる。

人付き合いが、下手だと思っていたけれど、家族と離れて、友達との時間が増えてから
「失敗してもお互いさまだから、その時に言う」と言ってくれる友達がいて、幸せだと思う。
人付き合い下手で、距離の取り方が下手だと思ってたけど、わたし、意外と悪くないんじゃないかな、幸せだなと思う。
友達、ありがたい。


新年の抱負

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

血縁や親戚ほどひどいことを言う人たちはいない。
だから、向こうから縁を切ってきたり、こちらから縁を切ったりした。
今年は寂しいと感じた。でも、友達に話したら、疑似親戚になろうと言ってもらえたので、うれしかった。

ひどいことを言う人たちから離れるのには勇気がいる。
わたしはでもひどいことを言う人から離れて寂しいことを選んだ。能動的だ。

少し、自分が安定したので、今年は、散財をしないで済みそうだと思った。
寂しいと買い物をしてしまうからお金がたまらなかった。
食べることに意味があって、食べないと具合が悪くなると思い込んでいたけれど、食べなくても、少しの量で大丈夫だということが少しずつ分かってきたので、ダイエットも頑張れそう。

本も音楽も大丈夫になってきたから、暇で食べることは減りそうだ。
うれしい。
年々少しずつ安定してきている。

今年は、ダイエットをすること、友達を大事にすること、お金を貯めることを目標にしたい。
仕事はバンバンできるようになってきたので、このまま走り続けたい。

www.vesii.jp
ベシー占いも初回の方を値段を下げて、三十分五千円にします。新年キャンペーンということで。
今後もそうするかは、もう少し考えてみます。

家族はひどいことを言われても、まだ、いいことがあるんじゃないかと期待してしまう。
いなくなったらどうしようかと思ったこともある。
でも、いなくても、大丈夫だ。
家族に対して時間や悩む体力を奪われるよりも、その分空いた時間で、友達を大事にしていくことが、わたしにはあってるんじゃないかと思った。

試行錯誤するためにたくさんお金を使った。
今年は、セラピストとして、もっと勉強をして、お客さんの役に立っていきたい。それがわたしの一番の喜びだ。

ネットで知り合ったり、現実で知り合ったりする人がたくさんいて、世界が広がった。
もっと、たくさんいろいろな人に会いたい。初対面の時はたいていの人はいい人だ。
それが続けばもっといい。