努力が必ずしも実らないと知っている生徒さんと過ごして

四年前、力が足りず、生徒さんを志望校に受からせてあげられなかった。

わたしにとって、それはうまくいかない話だった。

でも、その生徒さんは今でもわたしを頼ってくれている。

わたしの懺悔は、わたしの中で成仏した。わたしが懺悔したら、その子の今の人生が、「失敗の延長」ということになるのだ。
だから、わたしは、その子に謝ってはいけない。
わたしは、手助けができる職業なだけだ。
人生を変わることもできない。人生を変えることもできない。
ただ、手助けをしたいと願いながらそばにいさせてもらうだけだ。
わたしを選んだのは、彼女だ。
彼女の選択を、尊重するということは、彼女が失敗しただとか、わたしが失敗しただとか、言葉にしてはいけないということ。

その子の人生はその子のものだから、その子の結果はそのこのものとして、語られなければならない。

わたしの失敗の話にしてしまえば、わたしはその子から志望校だけでなく、人生まで奪うことになった。

その子が入った高校の部活は、全国レベルで、その子は部長になった。

部長になってから人間的な成長は目覚ましかった。ああ、この子は、人生を選び取れる力があったのだ、わたしは、自分をなにか、えらいものだと錯覚していたのだと思った。

部長になったその生徒は、後輩たちを全国に連れて行った。重圧や重いけがの連続で、苦しみもがきながら、輝かしい場所に行った。

彼女には明確な夢がある。四年越しに、その夢を兼ねる手伝いができる。

人生は、長い道のりだということが、わたしにすらわかった。

彼女が、今も過去に囚われて悔やんでいたら、今度のチャンスも失っていただろう。
けれど、彼女は前を向いている。
結果的によかったね、ということは簡単だけれど、わたしはそれをしたくない。

彼女はずっと努力して、そして、努力が実らないことも受け入れながら、あきらめなかった。

彼女自身の生きる力で、つかみ取ったチャンスだ。
わたしはずっとそばにいて、それを見ていた。
結果的によくしたのは彼女自身の実力だ。

努力がいつも実とは限らないと、彼女はすでに知っている。
知っていながら、彼女はあきらめなかった。

高校で思うような志望校に入れなくても、次のチャンスが来る。次のチャンスをつかめなくても、またその次のチャンスが来る。
その間の時間も、無駄にするかどうかは、その人の問題であって、悔やみながら過ごすこともできる。そして、また、その場でできる最高の何かもある。

それを選ぶのは、自分自身だ。
誰かのせいじゃない。
自分のせいでもない。

めぐりあわせと、ひたむきさで、自分の人生をつかみ取ることは、そのとき、今、この場でできる精一杯のことの連続で、可能になるのだ。


自分の中の子供を助けることができる、教師という仕事

教え始めてから、二年目まで教えていることが苦しかった。

生徒の未来や環境に嫉妬したり、自分の子供時代を思い出して苦しかった。

輝かしい子供の肌を見ると、まだ何も経験していないことがうらやましかった。

それでも、だんだん、子供はどれだけの苦しみを抱えていても、逃げられないのだということが身に染みた。

理不尽な大人や、親から逃げることができない。環境も変えることができない。

それを間近で見るにつれ、どれだけ恵まれたように見える子供でも、重い苦しみを背負っていることがわかった。

わたしにできるのは「まし」な先生でいることだけ。

そう思うようになった。

勉強に完璧はない。世界の事柄でわかっていることは少ない。わたしにできることもとても少ない。

ベターな先生になることも目指したことがあったけれど、それも難しいことだった。

苦しみを解決することもできない。そんな力はわたしにはない。わたしにないだけじゃない、誰にもない。誰も、他人の苦しみを背負えない。解決もできない。

わたしにできるのは、未来の選択肢を見せることや、寄り添う姿勢を見せることくらいだった。

相手の気持ちはわからない。自分と他人ははっきり違うから、自分の経験からの類推でこんな風じゃないかとまでは思うけれど、正確に、苦しみの重さも、深さも、やっぱりわからないのだった。

機械的に同じことを教えていることもできた。機械的に永遠に、中学校や高校の教育課程の輪の中にいるのだろうか、と絶望的な気持ちになったこともあった。

機械的になるのではなくて、不完全な大人として、一緒にいること。それが「まし」な大人でいることだと思った。

技術よりも、元気そうに笑うこと。笑い飛ばして、何でもないと思うこと。それが大事なのだった。

自分が平気そうに笑っているうちに、本当にいろいろなことが平気になっていった。ああ、たいしたことがないと思った。それよりも、目の前にいる生徒さんの苦しみのほうが「今」の出来事で、一大事だった。わたしの過去の苦しみは「過去」のことで、もう終わっていて、どうしようもない。どうしようもないだけじゃなくて、手出しができない、言い換えれば解決しているのだった。

今の出来事に目を向けていく、ということを毎日していくうちに、過去のことを思い出すことが次第に減っていった。

「こんな大人がいたらいいな」と思っていた大人に少しずつ自分が近づいていけるような気がした。それはとても遠いけれど、少なくとも「目指している人間がいる」ということは、わたし自身にとっても救いだった。自分の中の子供が、「ましな大人になろうとしている大人」を発見できた。その発見が、わたしの中の子供を満足させた。過去のわたしが、ましな大人になろうともがいている現在のわたしを見て、ほっとした。今、困っている現実の子供を助ける大人がいる。助けようと志を持っていることを見て、納得して成仏していくような感じがした。

困っている子供や親御さんを助けたいと願うのは、わたしがいい人だからというわけだけでもない。
自分自身を助けるためにやっている。わたしの善意が存在している間は、世界にも善意があると信じられるから。わたしが誰かに新設にしたいと願っている間には、世界には善意が存在していると、確実に思える。わたしが安心して生きるために、わたし自身の善意が必要なのだった。どこにも「よい人間であろうとする人」がいないと思えば、世界は真っ暗になってしまう。でも、わたしが努力している間は、少なくとも、一人はそういう人間がいると、わたし自身に証明することができるのだった。

自分が屈辱を受けたり、苦しんだりしたときと同じような状況の生徒さんの話に耳を傾けていると、子供のころのわたしが、「ああ、話を聞いてもらえた」と感じる。わたしの子供時代が救われていく。わたしができるのは、耳を傾けて、未来には自由になれる、ということを話すことだけだけど、その話を自分自身でも聞いている。未来には、住む場所も過ごす相手も、家族も、選んで作り出せる。

未来を作り出すために、勉強というのは大きな武器だ。わたしは武器を手渡しながら、すさんだ世界で戦う準備を備える手伝いをする。
わたしはすさんだ世界で生きている。大丈夫、わたしは今生きている。
過去のわたしもよく頑張ったから、わたしは今生きている。

すさんだ世界で生きる意義を、子供たちが与えてくれている。
だから、わたしはいい先生ではないけれど、「まし」な教師を目指すことができる。


事業発展

眠れないのでブログを書きます。

最近は、チラシを配って、生徒さんを集めています。
まあまあ集まってきました。
高校生中心で声をかけていますが、近くの商店街で小学生の需要があるので、それにも対応します。

勉強を教えるのはとても楽しいです。

塾選びは難しくて、悪徳のところもたくさんあります。
教材を買わせたり、内容が悪かったりするところもたくさんあります。

クレームがない先生がいいとは限りません。

たとえば、恐怖政治をひいて、モラハラ、パワハラを行い、できない理由を生徒のせいにして、何も教えないでいたら、クレームは来ません。
生徒は「先生が怖い」としか言わないので「厳しい先生なのかな」と親御さんが思うだけです。

教えれば教えるほどミスも増えるのでクレームは増えます。
先生がこういうことを言った、と生徒が楽しかったことを話したつもりでも、親御さんからのクレームにつながったりします。

だから、クレームがないことを一番の評価にする塾では、何も教えない先生が、評価が高い場合があります。

わたしは高校生の全教科に対応できます。だから、間違いも増えます。

勉強を教えるときは定理やルール、何のためにするのか、を最初に教えるので、親御さんのニーズに合わない場合もあります。
でも、私が教えたら必ず伸びるという自信があります。

生徒の自尊心を削ることで、自分の立場を守る先生はたくさんいます。
でも、わたしはそういう先生でありたくない。
教師なのだから、困りごとを解消することで、生徒の役に立ちたいと思って仕事をしています。

困りごとを解消することで、お金をもらう商売がしたい。
それは、対等です。
困りごとが分からない場合は、そのことも一緒に寄り添って考えたい。
そう思います。

自分の人生を切り開くための勉強を教えたいと思います。
勉強をすると、選択肢が増えます。人生の困ったときに、助けになるのは教育です。
困ったことを解決するための場所にアクセスすることができるのは、教育の成果です。
生きる力を身に着けられるような教育を目指して、事業を拡大したいと思っています。


できないことが人を惹きつける

わたしのブログは主に「できないこと」を書いている。
できないなりに、工夫したり、困ったことを解決とは言わないまでも、折り合いをつけたりしている。
こう考えた、こう思った、ということを書いている。
できないことが、何とかなるにつれて、考えも変わる。

できる人は、運が良くて「できる」。できる人は運が良くてできていても、実力だ、と思っている。
やればできる人はやればできるから、言語化する必要はない。
できる人は、人に伝えることが少ない。
だから、できる人から学べることは少ない。

できないことがあった人のほうが、人の力を引き出す手伝いがしやすい。
それは、教えることと同じで、自分がつまずいたところが多いければ多いほど、生徒のつまずくところが分かる。そして、それを克服してあったら、上手に、その子に沿って説明ができる。

できていたら、わからないことがわからないから、説明が難しい。

人が力を発揮する手伝いをするには「できなかった」経験がどうしても必要だ。

何もかもできる人は、輝いているから、あこがれるけれど、何の参考にもならない。
同じことをしても、同じようにならないからだ。

できない、ということがある人が一人いたら、同じ悩みを持っている人は必ずほかにもいる。
できないことが強みになる。
できることをいくら書いていても、人を惹きつけることはできない。それは、共感も呼ばないし、人が学ぶ雨紛がないからだ。

だから、できないことを大事にしたい。
できないことができかかってきたときに、文章を書けば一番人の役に立つ。
失敗も多い。
失敗も正直に書く。
そうしたら、同じ思いをしている人に届く。

困っていることを商売にするのが一番いい。自分がどれだけ困っているか、骨身にしみているから、親身になることができる。
自分が困っていることは、ほかの人も困っていることだ。

みんな一人一人違うユニークな存在だ。
取るに足りない人はいない。

できない人でもできないなりの輝きがある。
自分にしかない「できないこと」を大事にして、それを観察して、工夫して記録すれば、必ず誰かの役に立つ。

だから、わたしは文章を書く。
ほかの人にも書いてほしい。
自分にとって取るに足りないことや恥と思うことでも、必ず誰かが必要としているから。


仕事のやる気が出た

躁状態になってきた。
だから、また夜眠れない。
過活動である。

でも、その代わり、仕事のやる気が出た。
今日はチラシ配りに行った。

近所の商店街のなじみのお店に行った。
その人は近くに住んでいないし、小学生を持つ親御さんしか知らないけど、詳しく聞きたいから、午後に来てと言ってくれた。
そして、ほかのお店も紹介してくれた。新しく雇ってくれた会社のチラシも配る。

できることはいろいろとある。
やってみて、すぐに成果は出ないけど、今のやっていることの蓄積が未来のわたしを助ける。

いつだってそうだった。
そのときは、大変で、何も報われないと思っていても、あとで、頑張ってきたことが、報いてくれる。
新しい会社に呼ばれたのも、昔頑張っていたのを見てもらっていたからだ。

体調はそれなりに悪いけれど、できることはいろいろある。

コンビニの同じシフトだった人に連絡を取って、その人の知り合いに塾で悩んでいる人がいたら、教えてもらうように頼むつもりでアポもとった。

営業はいろいろな方法がある。泥臭く地道にするしかない。
でも、意外とおもしろい。

チラシには「どんなレベルの生徒さんでも、どんな個性の生徒さんでも必ず伸びます。勉強の仕方から教えます。寄り添って教えます。自分の人生を切り開くための勉強です」という風に書いた。


歩きたくてうずうずする

今日は、疲れて駄目だと思っていたけれど、歩いていたらすっきりした。
最初はちょっとだけ歩こうと思ったら、三時間歩けた。
歩いている間は、眠くならない。
昼間眠るときには、暇だったり、寒かったり、やることがなかったり、だるかったりするのが原因なこともあるのだけど、歩くと、だるさも、眠さも、暇さも消える。

病院で出してもらった漢方も効いているのかもしれない。
歩きたいと思ってうずうずした。
一日歩いたりストレッチしたりした。
悲しいこともあったけれど、楽しいこともあった。

結婚式の引き出物は、心がこもったもので、とてもうれしかった。
カタログも入っていた。
ガジュマルがあったので、結婚式の思い出に、育てようと思って注文した。


結婚式疲れ

六帖さんと、一緒に結婚式に行きました。
仲の良い友達の結婚式で、スピーチも頼まれ、誇らしい気持ちで、わくわくでかけました。
しかし、牧師さんの説教が四十五分も続き、「男女は結婚したら何をされても離婚してはならない」「世の中には男と女しかいない」「結婚したらお互いの骨、肉になるのだから、不都合な点でも受け入れなくてはならない」「赤子がむずがったら、出て行ってくれ」という話が続いて、げんなりしました。
DV推奨じゃないか。

わたしは仏教徒なのですが、結婚したい人でも「良縁祈願」であって、性別その他は問いません。
この牧師が悪いだけだとは思うのですが、かなり怒り心頭しました。赤子を許容できない宗教に何の意味があるのか。
ほかにも祝辞が「自分の企業の宣伝」だったり、「新婦のうわべだけを見ていて、質問すること自体に女性らしさ」を感じると言ったりしました。
一番頭にきたのは「男は結果を求める。女は話すことで共感を求める」のくだりでした。
残業のつもりで妻の話を聞けば、料理が一品増える、ということも言っていました。
その上司は、友達に対して、サービス残業を強いた人だったので、余計に腹が立ちました。
夫婦は男女平等で、話し合い、情報を共有し、相談することで、愛を維持するのだという考えのわたしはその話だけで苦痛でいた。
ほかにも、新郎の側でも、友人スピーチで、自分の話ばかりをし、「自分にとっての幸せとは」という語る人もいました。
「女性は金星人、男は火星人、だから分かり合えないのが前提」という話すらあり、「人間同士で暮らしていく」という視点が全くなく、疲れました。
「火星人なら火星人同士で暮らせば」と思いました。
世間って、いまだにこうなのですね。引きこもったり、家にいて、ネットをしていると、そういう人たちに触れ合う機会がありません。
女を人間扱いしないで、「共感を求める生きモノ」という人がいまだにいるとはと思い、消耗しました。
そもそも、そのスピーチでは、結果を求めているのでなく、共感を求めているとしか思えず、そのスピーチの男性は、自分のことを全く顧みていないのだと思いました。

幸い、友達の伴侶は、優しそうな方で、それだけ安心しました。

わたしは、スピーチで「男女の脳の性差はない」「生活の中で愛がすり減ることがあるから、話し合うことで、愛を育てていってほしい」「男だから、女だから、と言っていたら、自分らしく生きられないから、そういうことに囚われずに家庭を運営してほしい」「私の友達は、頑張り屋さんで、いつもニコニコして、愚痴を言わないから、愚痴を言わせてあげるような関係を育ててほしい」「幸せになってほしい」
というスピーチをしました。
スピーチをしているほかの人たちは、自分のことや会社の宣伝ばかりで、幸せになってほしいといいませんでした。
それで、わたしは消耗しました。

昨日、ヘッドハンティングがあり、新しいところで働く可能性が出てきました。
時給もあげてもらい、自分のうちで塾をすることを認めてもらえれば、受けようと思います。
今も、Skypeの授業は受付中です。時間も、融通が利きますし、短い時間で何度もすることも可能です。
中学生は、一時間2500円でするつもりです。

いいこともありました。
新郎新婦の心づかいの詰まった贈り物や手紙には感激しました。
いいお式でしたが、スピーチを聞いていて、まだまだ男女平等どころか、女性を人間扱いしていない人がどれほど多いのか、祝福さえできない人が多いのか、痛感し、とても疲れました。

途中で、気分が悪くなり、不安定になったので、申し訳なかったのですが、途中で退席しました。
それにもかかわらず、友達からは心配のメッセージとお礼をいただきました。
本当に優しい人だなと思いました。


発達障害であることが嬉しい

わたしは、今日、最高に幸せな気分です。

今しかできない、わたしにしかできないことができるからです。
わたしにしかできないことで、人を幸せできるし、自分も幸せにできます。
わたしは、自分の人生を切り開けると確信しました。

アルバイトをすることを決めました。
アルバイトをすれば、五年後には不動産が買えます。

わたしは幸福です。
間取りを眺め、ネットで物件を見たりしていた、あの、大好きな不動産が買える可能性が出てきました。わたしは不動産のことを考えるのが大好きです。趣味と言っても過言ではありません。
築年数や間取りを考えたり、立地と家賃のバランスを考えたり、不動産の利回りや仕組みを考えたりするのが大好きなのです。
わたしが、不動産のオーナーになることは、わたしには無理だと思っていました。
生活するだけで、精一杯の暮らしだから。

不動産のオーナーになることはわたしの夢でした。コンプレックスだったのです。人並みになれないことが。でも、不動産のオーナーになる、という夢があって、それに向かっていければ、わたしは幸せでいられます。しかも、この夢で、何かを失うことはないのです。

中古のマンションをオーナーチェンジで安く買って、頭金以外を家賃収入で回していって、二十年後に売却したら老後の資金が貯まります。わたしは、それをやってみたいです。
わたしは、不動産が好きなのです。だから、きっとうまくいくと思います。うまくいかなくても、別に困ることはありません。

考え方を少し変えれば、可能なんです。
本業で、生活費を稼ぎ、余暇の時間でアルバイトをします。
そうしたら、一日に働く時間は少なくとも、貯蓄ができます。
そのことに気づきました。

わたしはとても疲れやすく、三時間働いたらくたくたです。
それは、障害のためです。人といると、疲労します。
でも、朝に三時間働いて、昼に休んで、夜に三時間働く、というやり方だったら、可能なのではないかと思いつきました。障害を逆手に取るやり方です。
障害がなければ、こんな働き方は思いつかなかったでしょう。
人に言うのも恥ずかしかったでしょう。
でも、障害があるから、開き直れるのです。

わたしは恵まれています。
わたしにも大好きな不動産を買うやり方が存在し、老後に備えることができるとわかったからです。
わたしは、今、誰にも、今の自分の立場を変わってほしくはありません。
誰のこともうらやましくありません。
わたしは、わたしでいて、最高です。

自分で自分の人生を切り開くチャンスが訪れたことを感謝します。
わたしは、自分の頭で考えて、自分の体を使って、生きていけます。
今感じている強い幸福感は、一過性のもだろうし、また、どん底にまで落ちることはあるのかもしれませんが、今、わたしはとても幸せです。

健康な体を持っています。頭だって、悪くはないです。
天職と思える仕事があります。子どもの夢を応援し、叶える手伝いができる仕事です。この仕事二関して、わたしの代わりはいません。その子にとっては、わたしだけです。わたしは、わたしであることを、仕事と子どもに肯定されて、そして、その贈り物を、仕事を持って返していけます。
最高の仕事だと思います。世の中に貢献だってできます。

「普通」と外れた人生を生きざるを得なかったけれど、だから、他の人よりも自由に生きられるのかもしれません。わたしは、レールの隣をとぼとぼと歩くような人間だけれど、レールの隣じゃないところに行く自由だってあるのです。レールに乗っていたら、レール以外の場所を車輪は走れません。

きっと、持っているものが大切すぎて、チャレンジするのが怖くなってしまうでしょう。

サラリーマンをやめなかったら、きっと、一生不動産を持つチャンスには恵まれなかったでしょう。
今の本業のような、楽しくてやりがいのある、わたしにぴったりな、天職ともいえる仕事にも出会っていなかったでしょう。

わたしが仕事を辞めた経緯は不幸なことも含まれていましたが、今はそれが、逆に変わりました。
素晴らしい先輩のいる職場にも恵まれ、いろいろな人と出会いました。
仕事は一日の中で、最も楽しいひとときです。そして、お金ももらえます。

発達障害のせいで、精神年齢が低いです。だから、子どもの気持ちがわかります。子どもが、どこでつまずいているのか、悩んでいるのか、同じ目線でわかります。
転職のおかげで、障害を、才能の一種に、転換できました。

わたしは、発達障害で良かったと思います。
わたしは、人の顔色をうかがわないので、他の人と同調するためのエネルギーを損失しません。
それに意義を見いだせないからです。わたしはそれが怖くないのです。

定型の人たちの恐れぶりというのは理解できません。1人でいること、他の人と違うことをすることを、彼らは非常に拒みます。そのエネルギーは膨大に見えます。

わたしは、最小のエネルギーで済ませています。だから、新しいことができます。

人といるのは好きです。友だちもいます。常に一緒にいなくてもいいだけです。これって、最高のバランスなんじゃないでしょうか。

わたしは、自分が発達障害だから持てる視点が、他の人の役に立つのが嬉しいです。
わたし自身には認識できなくても、わたしの視点はオリジナルらしいです。だから、わたしは、労力をかけなくても、いつでも、オリジナルの意見が持てます。これは、得難いことです。

神様がいるのならば、わたしが、発達障害に耐えられると思って、わたしを発達障害にしてくれたのだと思います。
そして、わたしは、発達障害だということを喜べます。
わたしには、発達障害が役に立っています。

確かに、発達障害だから困ることやつらいことや、切ない思いをすることはたくさんあります。
人の表情が読めないせいで、言わなくていいことを言ったり、疲れやすかったり、二次障害でパニック障害や不安障害や鬱を発生しています。お金の管理も下手です。できないことはたくさんあります。
子どもっぽくてよく泣きます。人をぎょっとさせます。感情のコントロールだって下手だし、思うように事が運ばれないと泣いて暴れることだってあります。

だけど、わたしは、自分の人生を、創造し、切り開いていく力があります。
わたしは、そのことに、今日、気がつきました。

これは、素晴らしいことです。
わたしは、自分自身を手にしました。

この興奮が一過性のものなのは確かですが、それでも、わたしには、わたしの人生が存在しているのだと、わたしにはわかりました。生きていてよかったです。
わたしは、発達障害であることが嬉しいです。


生きることは、創意工夫のチャレンジ

ふと、思い立って、アルバイトを受けてみようと思います。

早朝のコンビニで三時間働くシフトに応募してみようと思うのです。

そうしたら、仕事が二つになるので、大変になるとは思うのですが、仕事によって、気分転換が図れるし、不安も減ると思います。

疲れると思うので、朝働いて、昼寝をして、本業をするということにしたいと思います。

コンビニのお金は貯蓄に回したいと思います。
そして、不動産のオーナーになるのが目標です。

中古のマンションを六百万円で買って、家賃収入でローンを回していき、二十年後に売却して、老後の資金にする寸法です。

わたしは、不動産が大好きなのです。間取りを見ているだけでも幸せになります。
だから、不動産が買えたら良いなと思います。

オーナーチェンジの立地の良い物件を入手したいと思います。

なので、コンビニのアルバイトで、五年間でその半分くらい貯められたらいいなと思います。

これを思い立ったときに、「ああ、わたしは最高に自由だ!」と感じました。
わたしは、正社員に引け目を感じる必要もないし、結婚している人にたいしても、引け目を感じる必要がないのです。

わたしは、本当に自由です。
なにをしてもいいし、遊んでいても良いし、眠っても、食べても良いのです。
余裕があれば違う仕事に就いてもいいんです。
コンビニのアルバイトでも、不動産が買えるなら最高です。
正社員で、生活リズムがきつい、というよりも、朝働いて昼寝をして、夜は楽しい本業をする、というのも、良い生き方なんじゃないの、わたしは、最近けっこう良い線いってるんじゃないの?上向いてきたんじゃないの、この発想!と思いました。

ともあれ、受かるかどうかはわからないので、一応挑戦してみるという感じです。

結婚するかしないかは置いておいて、結婚しなくても大丈夫なように考えていきたいと思います。
お金はとても必要です。
怖いけれどがんばります。

アルバイトに受かったことがないから不安だけれども、やってみます。


暇だと感じるようになったから働こうと思う

ここ数日のことなのだけれど、朝きちんと起きられて、それほど精神もつらくないので、朝六時から九時までのコンビニのアルバイトに応募した。

忙しいかもしれないけれど、三時間だったら耐えられるかもしれないです。
だめだとしたら、首になるだけです。
コンビニアルバイトをクリアできるようになったら、ずいぶん自信がつくと思います。