可愛いって一万回言われたのに、他人のことがうらやましい。

わたしは、可愛い、美人、綺麗って言われて育ちました。本当のところは知らないです。身近な人に言われる感じです。

綺麗な顔、整った顔立ち、細いスタイル、黒いさらさらの髪の毛、白いつるつるの肌、可愛い、美人、綺麗って言われてきました。

年を取って太って、体も丸くなって、肌もすべすべの白い肌じゃなくなったけれど、まだ、若いね、綺麗だね、可愛いね、と言ってくれる人はいます。

だけどわたしはとてもとても飢えていて、「もっと可愛くなければ、もっと綺麗でなければ、痩せなくては」と焦っています。ゴージャスに愛されたいのです。ちやほやされたいのです。飽きるくらい。

お姫様のように着飾って、ご機嫌を窺っていただいて、愛されたいのです。

わたしは去年、整形手術をしようと思い詰めていました。今はダイエットをしようと思い詰めています。
どちらも容姿に関してのことです。
年を取ると容姿は衰えます。わたしはもともと、それほど美しいわけじゃなかったのに、年を取ってもっと美しさが減る、と思っています。魅力が減ると。

わたしは、ネット上のアイドルたちにさえ、うらやましさを感じているのです。美しさを持っている特殊な人たちに。

わたしは、才能がある人のことだってうらやましいです。人脈の多い人だってうらやましいです。

ああ、なんて、わたしは普通なんだろうと思います。わたしには華々しいところが何もない、普通にもなれない、普通以下だ、わたしは何だろうと思います。
どきどきして、焦ります。知らないひと相手なのに。苦しくなります。バカみたいで、頭が沸騰しそうになります。

何千万と稼いでみたいです。稼いだら楽しいだろうと思います。
インターネットではそういう人がたくさんいます。
ネット上の知り合いの知り合いが、そういう風にお金持ちになったりしています。本当は、そうじゃないのに。知り合いじゃないのに。うらやましいと思わなくてもいいのに。

わたしは、ダイエットして、男の人と知り合ってみたいと思います。そして、今の飢えが消えることもなくて、解放されないんだろうな、と思います。
だけど、その過程で、わたしはきっと成長して、飢えのこともうらやましさも忘れるのだと思います。自分のことで満足できるのだと思います。


サラリーマンや公務員になってみたい

サラリーマンや公務員になって働いてみたいと思います。

実際にはしないと思いますが、そうしたら自分にもできるんだ!って思えるから。
自分に、自分で、普通であることを証明したいのです。

でも、自分に証明してからの先が想像できないので、やはり向いていないのでしょう。さみしいことです。結局、会社の先輩にいびられて終わりでしょう。

わたしは発達障害でも、二次障害がなければ、医者になりたかったなあと思います。今からでもなれるだろうけれど。そこまでしたいかわかりません。

今の仕事は楽しいです。教えがいもあるし、生徒さんはとても可愛いです。

教職をとって、中学生や高校生を教えるのもいいかもしれません。でも、大変そうです。ただ働きが多いと聞きます。それでも公務員はとても良さそうです。

そういうことを暇になるとだらだら考えます。これも一種の逃避だと思います。

塾の先生をやるのは、楽しいのに、どうして、こういうことを考えるのか、自分でもわかりません。


深夜になると人と話したくなる

深夜になると人と話したくなります。

病気と生活リズムと仕事のためには、早く寝なくてはなりません。

以前は、人生や障害の症状から逃げるために本を読んでいましたが、今は本が必要じゃないらしく、あまりたくさんは読めません。

それでも、深夜になると人と話したくなる衝動が襲ってきます。

前は、買い物をネットでしたいという気持ちが襲ってきましたが、今はそれは落ち着いています。


お金が何かわかったときの話

最近、お金が何だか、わかるようになりました。

お金は、使うと減るし、減るとその分、楽しかったことや思い出や服が増えます。

そのことがわかったのは、ジェルネイルをしてもらっているときでした。
ジェルネイルは、普通に考えれば、無駄なお金そのものです。でも、毎日がとても楽しくなります。だから、自分にとっては無駄じゃないです。

お金は使わなすぎてもいけないし、使いすぎてもいけません。

今月は、お金を借りました。やりくりできなかったからです。
収入が少ないと、お金の使い方をよく考えないといけないんだなあ、と思いました。

働くとお金が増えます。仕事があると働けて、仕事がないと働けません。だから、仕事を増やすために頑張らないといけません。
仕事を増やすためには、普段の仕事をきちんとして、信頼されることが大切です。

今は、腐らずにまじめに仕事をしたいと思います。

今までは、サラリーマンになるとか、そういう働き方に憧れてそれができない自分がいやだ、ということばかり考えていました。想像するような、いい仕事に就くことがそんなに大事なんだろうか、ということも考えました。さらに最近は、「働いたらお金がもらえて、そうでなければお金がもらえない」「だから働く」というシンプルなところに落ち着いてきました。

そうしたら、いい仕事についている人に対しての火のつくようなうらやましさが少し消えました。
会社で働いたら、シンプルではなくなってしまいます。
働く=お金、ではなく、働くことをコアにした、人間関係の諸々や気遣い、時間=お金、になるので、わたしにとっては、わかりにくくなったと思います。

働くことは、お金を得ることで、お金を得るために、働くことは、自分を自由にすることです。
わたしは働くことで自由になっています。

お金があると、自由だということがわかりました。
でも、使わないお金は、自由そのものではありません。固まりです。
それでも、一回お金を使うという経験をしたので、貯金について『自由を貯めていく』という風に考え方を少し変えられるような気もします。
がんばります。