常識との攻防

音楽を聴いている。珍しいことだ。今度音楽を聴く機械が欲しいなあと思います。

常識はわたしを責めるものだと思っていました。

彼氏が「人間が快適に過ごすための約束事」と言ってくれたので、「常識がわからない人を責めるための道具」という認識を改めようと思います。

わたしは、常識が恐ろしいし、自由でいたいと思います。

そして、常識を使って、人を裁く人にならないでいたいと思います。

だけど、常識を便利に使うことと、常識のないところで自由に過ごすところは、両立できるんじゃないかなあと思いました。

母は、エゴグラムをわたしにやらせて、フリーチャイルドが低くて、順応性と、支配性と、論理性が高いから、ダメなんだ、フリーチャイルドを高くしないとね、と言っていました。

母なりに、わたしを良くしようとしていたのだと思います。でも、今思うと、フリーチャイルドが低くなるような育て方をしたのは誰だと思うし、自分に責任はないのか、とも思ったし、フリーチャイルドが自由になるような環境じゃなかったから、家を出てからフリーチャイルドも成長しました。

わたしは、育って来たフリーチャイルドを封印するのがいやで、常識をシャットアウトしているんだと思います。

でも、「常識=彼氏」という構造を考えると、常識はそこまで恐れなくても良いんじゃないかと思います。

自分を変えたくないです。今の自分はせっかく獲得したものだから、元に戻るのがいやなんです。

でも、暖かい服を着ることが、常識で、快適にすることが常識なんだったら、ちょっと歩み寄っても良いかなあと思います。

知りたくない常識は知らないままで良いかなあと思います。

わたしはとっさに、言葉がうまく出ないときがあります。場面にふさわしい言葉がわからないで、とにかく「ありがとうございます」と言えば、丸く収まるように思っているのです。

そういう風にソーシャルスキルが低いです。

でも、常識を知れば、常識がある程度わたしを守って、人をわたしの内側に入らせないですむ効能があるように思いました。

だったら、自分を殺さない範囲で、常識を知っていくのも良いのかもしれないと思います。

彼氏は常識的な人です。だから、彼氏を恐れないように、わたしが彼氏を受けれることができるように、常識にも寛容になりたいと思います。

それが、わたしにどんな影響を及ぼすかわかりません。

でも、勉強すると世界が広がるように、常識を知ったら、世界が広がって、不自由が減るかもしれません。

これは大きな挑戦です。恐ろしい気がします。


拒絶の言葉

わたしの文章は拒絶で終わることが多いなと思いました。

他のブログを読んでいて、とても好きなのに、「わたしは誰にも好かれていない」と書いてあるとさみしくなります。
だから、わたしも人の気持ちをさみしくさせているのだろうな、と思います。

バナナが大好きです。黄色いしよい香りがして、甘いからです。
良い香りの紅茶もいただいたので一緒に飲みました。幸せだなあと思いました。白檀のお香も焚きました。音楽は良く知らないので何も音はしていません。知るきっかけがないからです。
最近、マッサージ屋さんでマッサージをしてもらって、おしゃべりをすることが多いです。けっこうかまってもらえて嬉しいです。
雑談が楽しくて行っているようなものです。

仕事は生徒さんが、七十点上がったので、とても嬉しくて誰かに話したくなりました。
彼氏に話したら、嬉しいことだねえ、やりがいがあるねえ、と言ってくれました。

わたしは、距離が近すぎると拒絶してしまうことがあります。
混乱してそうすることもあります。
それを尊重してくれる人には安心します。

試しているわけじゃないけれど、お互いの距離を保てると良いなあと思います。
自分の好きなものに囲まれて元気が出ると、余裕が出ます。

でも、この人はダメだなあと思ったら、一線を引くのは学びました。

それは動物のように生きた方が良いです。そうしたら、心にも体にも快いです。


包丁

彼氏が包丁を研いでくれた。

「包丁どう?」とリンゴを切っているときに言われたから
「わからない」と答えた。

「わからないってことはないでしょう」と言って、「リンゴ一個下さい」と剥いてくれた。
「良く切れるじゃん」と嬉しそうにはしゃいでいた。

包丁が切れないことを心配して、砥石を持って来てくれたのだ。

「なんでもできるんだねえ」と言ったら、「こんなの誰でもできるよ」と言った。
「誰でもできないよ」と答えた。

「今度、タイヤも替えてあげるよ」と彼が言ったので、「ほんとなんでもできるんだねえ」とまた褒めた。
「工具があればだれでもできるでしょ。ねじ外すだけだもん」
と言うので、誰でもはできないでしょ。そして、包丁がなまっているとか、キャベツ買ってくるとか、ショウガはまだあるとか、そういうの、知ってるのって、できそうであんまりできないことだよ、と思った。


わかっている人は最初からわかっている、ひとつ嫌いなら全部嫌い

説明してくれ、って迫ってくる人って、(わたしの知っている範囲では)説明してほしいんじゃなくて、否定したくて怒りたくて、近寄ってくる人が多い気がする。

それがコミュニケーションだと思っているようだ。寂しがりやだ。
それはわかる。
攻撃を口実にして、よってくるだけだ。

攻撃だけを目的にしている人は案外少ない。

(意見が違う、と言ってくる人は話が別だ)

わかりたい、と思っている人は、説明してくれ、って迫ってこない。

教えてください、って言ってくる。調べてくる。自分なりに疑問点をまとめてくる。
良い質問者はよく学ぶ。良く引き出してくれる。

説明してください、と言ってくる人は、説明を聞く気がない場合が多い。

フェミニズム、を自分なりに考えて来て、わかっている人は、フェミニズム、って言葉を出さなくても、わかってる(人権感覚がある)し、わかっていない人は、いくら「説明してください」と言って来ても、味方の振りをしても、わかろうとしない。そういう人を切り捨てると、「味方になってくれたかもしれない人を見捨てるのは、おかしい」と言ってくる。

だけど、フェミニズムは味方を増やすことでもない。男性を救う概念でもない。
考え方の枠組みを外すことによって(パラダイムシフト)、結果的に救われる人がいるかもしれないけれど、それは、世の中が変わるのを待つか、自分を追いつめるような考え方を放棄するのを自分でやるしかない。

わたしにできるのは、「その考え方を放棄した方がお得ですよ」と言いよることだが、そんなことはごめんだ、と思う人の方が多い。それは、特に男性に多い。だから、無理に、その考え方を捨てろと迫ることはできない。

フェミニズムは男性を救わない、いや、救うべきだ、とこのブログでもコメントがあったけれど、それは、自分がやるしかないことだ。自分がやるしかない、というのは、男性に関しては社会活動までしろ、というわけじゃなくて、自分自身の考え方を変える=自分を変える、ということで、結果的にフェミニズムがその人を楽にする場合があるかもしれない、ということ。

既得権益を男性が持っている。
家父長制という。そういうのを、意識しようとしまいと、男性は持っている。
そんなことはない、わたしは、弱者男性だ、と言うひともいるかもしれないが、意識せざるとしまいと、その利益を甘受している。
貧乏な男性もいる、という次元とは別に、女性は、どんなに頑張っても、ほとんど出世しない。給料も横ばいだ。結婚出産をしたら、仕事を辞めざるを得ない。お金の面ではとても不利だ。
同じ条件の(つまり大卒は大卒同士、高卒は高卒同士で比べること)男女で比べたらひどいもので、大卒女性の給料は中卒男性の給料と同じくらいだ、という統計を見たことがある。

そういうの、わかっている人はわかっている。

わかっていない人はわかりたくない。だから、説明しても仕方がない。
思い込みから逃れたくない、と思っている人を、解放することはできない。攻撃する人を受け止めることもできない。

わたしは、攻撃してくる人を、よしよしと懐柔する努力をする労力を強いられたくない。それを強いられること自体が、女性性に依存した差別だと思う。フェミニズム、と言う言葉を発したとたんに、わたしには、攻撃者を慰撫する役割を押し付けられる。男性に理解されるような話し方をするべきだ、男性を拒否するべきじゃない、男性だって傷ついているんだからわからないといけない、男性も救わなければ片手落ちだ。

じゃあ、同じ言葉を男性は言われるんだろうか?

女性に理解されるような話し方をするべきだ、女性を拒否するべきじゃない、女性だって傷ついているんだからわからないと行けない、女性も救わなければ片手落ちだ。

と、男性は言われるのだろうか。

許してやれ、犬に噛まれたと思え、と男性が言われる立場になることがあるんだろうか。

わたしは、人に関して、ひとつ嫌いなら全部嫌いである。
だから、わたしは、歩み寄らない。