つらくなったら野菜ジュース

つらいときには野菜ジュースを飲みなさいと言われました。
お医者さんに栄養失調になりやすいんだから…と言われたのです。
栄養失調になると気分が落ちます。

最近や再ジュースを飲み忘れていました。
なんだかやたらと忙しいので、買い物に行くエネルギーが残っていなかったのです。
今日は思い出したので、お米と、野菜ジュースと、醤油を買います。


嫌な相手から逃げるという選択をするのはきつい

寝ると疲れがとれます。
当たり前のことですが、一日の中で三時間働けばよし疲れた寝よう、と言う感じであとは寝ているわたしにとって、一日起きていて、いろいろな人に会って電話をするというのは、大事件であります。

いじめにあったら、逃げればいいです。
いい人との人間関係で悩むことは大事ですが、どうでもいい人との人間関係では悩まない方がいいです。逃げる選択だけです。

心の中では、泣いている自分と、いや、そこまで悪くないだろうと開き直る自分がいます。
開き直る自分は休むことを、理性的に選択していますが、泣く自分は、逃げる選択がつきません。

昨日の不登校になった生徒さんは、逃げるという一番つらい選択をしたことをたたえたいと思います。
心に傷が残らないように、全力でバックアップしたいと思います。

このところ、落ち込んでいましたが、生徒さんに救われた気がします。
生徒さんはとても可愛いし、毎日、成長します。


疲れました

今日はいろいろなことがありました。

朝、書類を届けに会社に行きました。
その途中でころころを買いました。
それは、会社の女の人が「髪の毛が落ちているから自己責任で掃除してください」と言ってきたからです。
さらに、その買い物の途中で、生徒さんのお母様から電話があり「今日、とうとう娘が学校に行かない決断をしました」との連絡がありました。その子は、学校でいじめを受けていて、わたしもお母様も、もう、出席日数も足りているし、無理していくことはないと言っていたのでした。それでも、負けたくないという一新で通っていたのですが、消耗が激しく、受験勉強に専念できないとのことで、学校を休むことに決めたのです。めでたいです。

こういうのを勇気ある決断というのだなあと思います。

その後、前の会社の財形の解約をしました。
先月カードを使いすぎてお金がなくなったので、いい機会だと思って解約しました。
一時に待ち合わせだったのに、終わったのが十二時五十九分だったのでドキドキしました。
待ち合わせというのは、会社の先輩の女性で、きつそうな印象とはうらはらに、とても良くしてくださる方で、水曜日に一緒にバレエ教室に行くことになったのです。とても喜んでくれました。

クレームの件は収まったそうでよかったです。

意地悪をいう人の教室から離れることにしました。誰も何も聞いてこなかったのでそうしてよかったと思います。

不登校の子が二週間の間に、二十四コマ授業を入れてくれたので、しばらく忙しいですが、うんと甘やかそうと思います。

そういうのが必要だと思います。

エンダーのゲームをレイトショーで観ました。
大好きな小説だったのに、つまりませんでした。

出来事が多すぎて、感じたことがたくさんあって、日記にしにくい感じです。
明日はワンピースを買います。


精神を病みながら生きること

わたしは、自分で精神を病んでいることを自覚しています。
いろいろなことが下手だったり、苦手だったりします。

昔は、実母のことを恨んでいました。
どうして、病むようなことをしてくれたんだろうと。

でも、今は、今が充実しているので、恨む暇はなくて、なんとかして、病気とつきあう工夫をするかにエネルギーのほとんどが注がれるようになりました。
それができるようになったのは、お医者さんと、父や母や、他の人たちとの出会いがあったからです。
人とであって、角が丸くなりました。

わたしは、自分が病気なことがかわいそうだし、気の毒です。
でも、恵まれているところもたくさんあるよな、と思います。
恵まれているように見える人でも、隠している悩みがあったりします。
何もない人生の人は、何もなく暮らせます。

悲しいことがあった分、楽しいことが深く感じられるようになったのは、感謝することではないけれど、次の世代の子どもたちに、渡していける財産だと思います。
だから、わたしの悲しさ、つらさは無駄じゃなかったんだなと思います。
それが、子ども相手の商売の良いところです。

精神を病んでいても、短い時間だったら、働けるんだ、と少しずつ自信を深めています。
失敗もあるけれど、最悪なことは、死ぬことなんだから、それ以外はなんとかなるはず、と思います。いや、死んだら、最悪も終わるので、最悪ではないですね。
最悪は、最悪な気分になることです。それを乗り越えて、人の優しさが理解できるようになりました。


お給料に興奮して眠れません

給料日のあとはいつもそうなのですが、興奮して眠れません。ソラナックスを追加しました。
レンドルミンも追加します。

今月はたくさんいただいたのですが、クレジットカードの返済があって、四月に旅行に行く予定なのと、八月に旅行に行く予定なので、入金した結果お金がなくなりました。
情けないです。

貯金するつもりだったのに…。

まあ、でも、旅行はいきたかったからいいのです。
問題は今月をどうやってしのぐかです。

ワンピースが欲しいのです。東急で。お高いのですが、きちんとしていて、良さそうなのです。
洗濯もできる緑色のワンピース。

一週間五千円で暮らせばなんとかできそうです。

固定費が三万円くらいかかる予定です。

ワンピースをあきらめれば余裕なのですが…。暗雲が。あります。

お金の使い方に関しては、借金をしない範囲で、しばらくは練習だと思っています。失敗しても仕方がないです。
お金を稼ぎ始めて嬉しくて、生活というものが地に足がついていない感じです。
援助してもらって生活している間に、貯金しなくてはいけないと思うのですが、なかなか難しいです。


君の代わりはいやしない

両親にうなぎをごちそうしてもらいました。

忘れなさいと言われました。
それもそうなのですが、わたしは、記憶がなかなか消去しきれない性質があるので、仕方がありません。

テレビや音楽をあまり見たり聞いたりしないのも、情報がたくさんくると、処理しきれなかったり、忘れることができないからです。

一度見たものや聞いたことをほとんど忘れることができないので(そういう性質があると診断されました)、情報に疲れたときは眠って治すことが今のところベストなのです。もしくは、忙しくして、情報をもっと増やして、嫌なことを情報で薄めるかどちらかです。

わたしは人の話をほとんどよく覚えていて、それをそのまま言うと、相手に気持ち悪がられるので、あえて、間違ったことを言ったり忘れた振りをしたりします。

それはそうと、わたしを怒った相手ですが、「謝り方が悪い」と言っていたので、距離を置こうと思います。それができる環境なので良かったです。
わたしは時間給で働いているし、向こうは正社員だしで、同じような気遣いがわたしに求められているかというと別だと思うのに、掃除をしろと暗に言ってきたりするので窮屈です。窮屈は嫌いです。やりたければやります。やりたくなければやりません。それが自由です。契約にないことはしません。

ゴミ箱を綺麗にしたり、トイレットペーパーが切れているのを補充したりするのは気分が良くなるし、必要なことで、たいした手間ではないのでいいです。
でも、髪の毛が落ちているから、自己責任で掃除しろとまで言われるのは話がおかしいと思います。

君の代わりはいやしない、というのはモーニング娘。の歌の題名です。いい題名だなと思いました。

失敗して、怒られて、泣いているときに、父の苦労が少しだけわかった気がしました。

話を聞いてもらって、慰めてもらえて、良かったです。

今日の昼間は、生徒さんと一緒に、買い物をしたり、食事をしたり、合格祈願に行ったりしました。
いろいろ、喜んでもらえて、とてもいやされました。
わたしの存在を許してもらえたような気がしました。
わたしにも人を幸せにすることができるのだと思いました。


気が利く人は怖いということ

気が利く人の中には怖い人がいます。
「空気を読んでください」って言ってくる人です。

そういう人たちは、誰も気が利くことをその人に求めていないのだから、勝手に「気が利く人」をやっていてほしいと思います。気が利かない人たちにはそもそも想像力がないのだから、できないんだと思って放っておいてほしいと思います。

気が利くことは良いことですが、自己完結してほしいと思います。
空気はそれぞれ、その人によって違うのだから、自分本位に「空気読んでください」というのは、傲慢だと思うのです。

自分のと他人の境界や区別がきちんとついていたら、相手に望みすぎて、腹を立てるということがないはずだと思います。
気が利く人の中には、自分が気が回るから、損をしていると思って、起こりっぽい人がいると思います。