おなかがいっぱいになるころにはまずくなる

おなかがいっぱいになるころにはまずくなっている。 最初の一口はおいしいのに、あとは惰性だ。 嫌になっていてもやめられない。やめたところで後悔が残る。 だけど、貪り食いたい。 すべて自分のものにしたら安心するのに、そのころ … “おなかがいっぱいになるころにはまずくなる”の続きを読む

感情はわたしをだますの

今は結構状況としては幸せなのに、なんだか、うつうつとして楽しめない。 誰かと話したいのに朝からつかまる友達は当然いない。 暇だということなんだろう。 感情に引きずられて、現実を誤認することはたくさんある、幸せかどうかと現 … “感情はわたしをだますの”の続きを読む

差別が可視化されるところ

セックスワーカーは悪、セックスワーカーがいるせいで、女性を差別してもいいんだと思う男性が増えるから、セックスワーカーにはいなくなってほしいという意見を読んで悲しくなった。セックスワーカーが差別の加害者とまで言う人もいた。 … “差別が可視化されるところ”の続きを読む

わたし、幸せだし案外明るい

友達と話していて昨日から号泣している。 泣いているときそばにいてくれる友達っていいな。 わたしは自分の気持ちをわかっている。 だから、泣いたり笑ったりする。無理もしない。しているときあるけどわかっていてする。 だから、結 … “わたし、幸せだし案外明るい”の続きを読む

他の人が人生を積み重ねていた時に親と戦ってた

親に洗脳されて生きていた時、自分を殺されていたので苦しかった。 家族にいじめられるのって、本当につらい事だった。 友達と話して、泣いてしまった。 だらだらと。 親の言うことを聞いている間も、それから逃げるのも、すごく大変 … “他の人が人生を積み重ねていた時に親と戦ってた”の続きを読む

学ぶことは自分の大きさを知ること

大学で学んだことは、他人のことです。 自分のことしか目に入っていなかったけれど、過去の人たち、未来の人たちに対して深く学びました。 どんなことで人は困ってきて、今も困っているのか、問題は、ある程度普遍化できて、それを助け … “学ぶことは自分の大きさを知ること”の続きを読む

入試直前なら古典が上がる

入試直前に点数を上げられるのは古典があります。 暗記科目が苦手で、私立も考えている高校生だったら、絶対にある国語に力を注ぐのもありです。 理系でも文系でも国語はあるからです。傾斜配点の対象になって、得点が下がる場合もあり … “入試直前なら古典が上がる”の続きを読む

現代文の偏差値を20上げたいなら、最強の問題集がある

旺文社の現代文です。 これを、一から順番にやっていくだけです。 解答がとても詳しい。 どう勉強をしていけばいいのか、どういう気持ちで向き合えばいいのか、どういう風に解答すればいいのか、迷った時にはこうしたらいいと全部書い … “現代文の偏差値を20上げたいなら、最強の問題集がある”の続きを読む

根拠なき自信が、成績を上げる

生徒さんを励ますとき「必ず20点上がる、一か月で」といった場合と、「たぶん、頑張れば上がると思うんだけど…、もしかしたら上がらない場合もある」といった場合とで、体感ですが、全然結果が違います。 わたしが、「絶対に信じてい … “根拠なき自信が、成績を上げる”の続きを読む