おなかがいっぱいになるころにはまずくなる

おなかがいっぱいになるころにはまずくなっている。
最初の一口はおいしいのに、あとは惰性だ。

嫌になっていてもやめられない。やめたところで後悔が残る。
だけど、貪り食いたい。
すべて自分のものにしたら安心するのに、そのころにはなくなってしまって、触れることもみることもできない。
思い出だけが残る。
思い出はいつまでもいつまでもわたしを支配する。

好きな人がいつも複数いる。
それは、自分では矛盾していなくて、時間で切り替わっていて、その人格にとっては、一人を一途に好きなんだけど、全体としてはそれぞれの好みがある感じ。どうして、好きというはじける気持ちが、一人に向くと決める人が多いのだろう。
不誠実だから?そのほうが安心するから?
独占欲は愛じゃないのに、刺激があるから。
刺激がある毒は、いつも、わたしをしびれさせて、陶酔させる。

時間に何時間も遅れられていても、待つ時間が幸せだと待つ。そして、自分を大切するために別れていても、ゾンビみたいに、「待っていたい」自分が生きている。その自分はいつも過去を見ている。いいところを見ている。待っているときのみじめさを忘れて、待つことの幸せだけを考えている。自分の時間を犠牲にした、粗末にされている怒りを忘れる。

素晴らしい人だったという残像だけが残って、いつまでも忘れられない。実際には、欠点も好ましくデコレーションされているのに、心の中で熾火のように残っている。誰も、生きている人間を、手に入れることなどできないのに、手に入れたら、その錯覚を得たら、その時間を止めたい暴力的な気持ちが、わたしを動かす。

そして、それとは別に、今好きな人もやっぱりいて、その人を待ちわびている。
交渉の結果どうなるのかわからない。好きな気持ちは交渉とは関係なく待っている。好きだという気持ちを表現するとさっぱりする。そして、苦しい。一口食べたら、まずくなっても、最後までむさぼりたい。
好きという気持ちは、炎だ。
わたしの心を焼く。相手のことを焼き殺したい。

幸せや穏やかさも求めているのに、一瞬の熱で何もかも蒸発させたい。


感情はわたしをだますの

今は結構状況としては幸せなのに、なんだか、うつうつとして楽しめない。
誰かと話したいのに朝からつかまる友達は当然いない。
暇だということなんだろう。

感情に引きずられて、現実を誤認することはたくさんある、幸せかどうかと現実とはあまり連動していない。
感情が、現実を引きずって、幸せかどうかを決めている。

だから、逆に、苦しいときやつらいときも、状況じゃなくて、感情が私をだましていると疑ったほうがいい。


差別が可視化されるところ

セックスワーカーは悪、セックスワーカーがいるせいで、女性を差別してもいいんだと思う男性が増えるから、セックスワーカーにはいなくなってほしいという意見を読んで悲しくなった。セックスワーカーが差別の加害者とまで言う人もいた。それは違う。

差別があるから、セックスワーカーが差別されるのだし、それを使って、女性をより軽んじる輩がいたとしても、その輩が悪いですよね。
仕事を変えればいいじゃないか、という人も、間違っている。仕事、そんなに簡単に変えられないですよね。
人には事情がある。どんな事情でも、口を出すべきじゃない。だって、セックスワークって、人をだましたり傷つけたりする仕事じゃないから、わたしは反社会的な仕事だと思わないんですよね。
それに、実際に「いる」んですよね。いる人間を否定することは誰もしたらいけない。差別をする人を批判するのはいい。でも、差別されている人を一緒に「存在することが悪」と言ったら、いじめでしょう?あんたがいるから、差別が存在するんだ、あんたがいなければ差別がなくなるんだって。見えなくなるだけじゃん。差別されるあなたが悪いと地続きでしょ。

goodnightsweetie.net

椎名さんのブログ、このエントリは、客商売の最前線の知見としても読めてとても面白いです。
イソジンのことについてももちろんだけど、たとえば、

店を通じてわたしのサービスを買う。ということは、わたしが所属する店のルールに乗っかる、ということだと思うんですよ。

最初のお約束を守ってね、乱暴しないでね、お金や物を盗まないでね、清潔にしてね、写真撮らないでね、痛いと言ったら止めてね、私生活を邪魔しないでね。
ぜんぶぜんぶ本当は当たり前のことです。

このへんは客商売をしているととてもよくわかる。
最初のルールを守らない客は何かあとで大きいことをするものだ。

図々しさって強いですよね。心の耳を力一杯塞いで気を強く持たないと、屈してしまいそうになる。どうかこれを読んでいる人が、図々しさや傲慢や無邪気や勢いや狡猾さや大人の幼さに、できる限り傷つけられませんように。

これは、わたしの気持ちの柔らかいところをいやした。そうなんだよね、図々しいって強いんだよね。

そして、セックスワーカーをなくせ、という人は、たとえば、わたしにとって、椎名さんの暮らしが成り立たなくなることを望む人がいるということになって、そうすると、わたしはもうこの文章に出会えないとも思うんです。

同じ人間だと思っていたら、そんなこといえないでしょう?
仕事を辞めろってことだけじゃない、セックスワークの存在が悪だって言われたら、セックスワークと、その人の人格が一緒みたいな話になる。
それって、人間扱いしていない。

セックスワークはセックスワーカーの暮らしを支えていたり、人生の一部だったり、経験だったりするだろうけれど、セックスワーカーだって、家族がいたり、子どもがいたり、一人だったり、生活をしていて、お金を使ったり、食べたり、飲んだりしていることを忘れてはいけない。
わたしが、100パーセント、塾講師じゃないのと同じことだ。
塾講師であることはわたしにとって大事だけど、それだけじゃないことと同じように。

塾講師は非正規雇用だから、人によっては差別する。
それで、わたしは殺されないけど嫌な気持ちになる。
でも、セックスワークの現場ではそれが「善い」事みたいに、行われる。
ひどい。

差別をなくすのが大事であって、誰かの生存を脅かすことをしてもいいわけじゃない。

働いている人がいて、その人が生きていて、わたしはその文章を読める。読むためには、彼女が生きていないといけなくて、彼女は生きるために、セックスワークを選んだ。*1

そして、セックスワークをしている中での知見を分けてくれる。

わたしが塾や、コンビニの話を差しさわりのない範囲で書くように。
それと同じことだ。

セックスワークについて考える時、当事者を置き去りにしてはいけない。
おっぱい募金を禁止する署名も、わたしはつらかった。
セックスワーカーの自己決定権の話にしたことも、労働環境の話にしたことも。
わたしも間違っていた。
当事者じゃないから、セックスワーカーの気持ちはわからない。
だから、わたしはおっぱい募金を、基本的に自分の気持ちが嫌だからって書いた。
でも、セックスワーカーを置き去りにして、セックスワーカーのために禁止しようっていうのは、おかしかった。

セックスワークの現場は差別が可視化されるところだ。
それを見たとき、わたしたちは、そのまなざしで、自分が、差別する立場なのか、差別していることを自覚するのか、選択を迫られる。
わたしは、セックスワーカーの前ではマジョリティとして、存在する。圧倒的に強く、裁くことも、黙殺することもできる。
言葉一つで殺すことができる。
わたしは殺したくない。
学ばないといけないと思う。

差別が可視化されるところだからと言って、その消滅を願ったら、元も子もない。差別に加担する最大の行為になる。
差別が可視化されるところをなくしたら、見なくて済むかもしれないが、それは単なる弱さで怠惰で、攻撃だ。
人を殺すことだ。
心を殺すことだ。

誰かの暮らし、誰かの選択、誰かの思い、喜びも悲しみも、そのほか何であれ、尊重されるべきだ。
そのことは、理解とは関係がなく、ただ、ただ、されるべきなのだ。

セックスワークが嫌いな人だろうと、軽蔑する人だろうと、利用者だろうと、当事者だろうと。
誰も、誰かの暮らしや選択や事情や好みを、喜びを、悲しみを、怒りや経験や知見を、お金の発生の仕方を、殺してはいけない。
それは職業選択権だから。それだけで十分で、それを忘れてはいけない。

追記

とのことでした。
考えが足りなくてごめんなさい……。
それと、理由がなく、つまり、誇りを持っていようと持っていなかろうと、パートタイムだろうと、フルタイムであろうと、いかなる形態、いかなる立場の人も差別されてはならないです。
そういう風に次は書きます。

*1:そうじゃない人も差別されたらダメです


わたし、幸せだし案外明るい

友達と話していて昨日から号泣している。
泣いているときそばにいてくれる友達っていいな。
わたしは自分の気持ちをわかっている。
だから、泣いたり笑ったりする。無理もしない。しているときあるけどわかっていてする。
だから、結構幸せだと思う。
ダークサイドに落ちることもできたけど、落ちないでなんとかやってきた。過程では人を恨んだ。親を怨むより人を恨むほうが楽だから。
いつも他人と比べていた。世の中より親を怨むほうが難しい。

親を正確に恨むまで、離れるまでたくさんの時間がかかって、楽しかったはずの時間を犠牲にして、それは無駄だと思った。
最初から幸せな人なんていないというけれどそれでもうらやましかった。いる気がして。

でも、今は仕事にもついて、ある程度認められていて、しかも楽しくて上司はいい人だし、仕事がいいだけでも、幸せだ。他のことが何であっても。

打ち明け話をして、聞いてくれる友達がいて、本当に、恵まれていると思った。
他のことが何もなくても、財産だと思う。

仕事と友達が恵まれていて、あと何を望めばいいんだろう。

そうだね、趣味があればいいかな。
趣味を身に着けるのは十年かかるそうだ。
それくらいかけて、楽しみを見つけられたらいいな。


他の人が人生を積み重ねていた時に親と戦ってた

親に洗脳されて生きていた時、自分を殺されていたので苦しかった。
家族にいじめられるのって、本当につらい事だった。
友達と話して、泣いてしまった。
だらだらと。

親の言うことを聞いている間も、それから逃げるのも、すごく大変だった。その間に他の人が積み重ねてきた幸せみたいなものを、全然獲得してない、と思って焦った。

でも、そういう経験値を積み重ねることと、幸せを積み重ねることと、同じだって言われたから安心した。
マイナスをゼロにしただけ、って泣きじゃくっていたけれど。

親はわたしを生かしてくれたけどわけのわからないいじめ方をして、何度も死ぬかと思ったし死んでもいいと思ったけど死ななくてよかった。
わたし、大事な友達がいるから、死のうとは思わない。
生きていること自体で誰かの役に立っているとは思えない、まだ。
だけど、役に立たないけど生きていて、いいかなと思う。
喜ばれることもあるし喜ばれなくてもいい。
わたしは生きているの楽しい瞬間がたまにある。


学ぶことは自分の大きさを知ること

大学で学んだことは、他人のことです。
自分のことしか目に入っていなかったけれど、過去の人たち、未来の人たちに対して深く学びました。
どんなことで人は困ってきて、今も困っているのか、問題は、ある程度普遍化できて、それを助けたいと願っている人たちが大勢いるのだと知って、心強くなり、そして、歯がゆくもなりました。なかなか、すぐには変わらないのです。

勉強をすると自分の輪郭がわかります。自分の気持ちを表現できるようになったとき、そのことを発するか発さないかは別にして、自分で把握できるのです。そうすると、ぶつからないように生きることができるし、ぶつかったときに、交渉できるようになります。
誰かが一方的に悪いのか、と、引っ込んだり、逆に責めたりするのではなく、どうやったら生きていけるか考えられるようになります。

古典を読んで、昔の人の気持ちに触れることも、刑法を読んで、犯罪について考えることも、民法を読んで、その素晴らしさと、明治民法の理不尽さに震えることもいいですし、比較文化論を読んで、多文化の幅を知ることもよいでしょう。
批評を読んで、自分にはなかった視点を取り入れることも、世界の広さ、深さを知ることも面白いです。
世界が広いと言っても、具体的にどのように広いのか知らなければ、それは、単なる「広い」という言葉です。どのように広いのか、知って、その恐ろしさ、蓄積に触れることで、自分の小ささを知って、少なからず安心もしました。
わたしだけが世界を変えなくていいんだと思ったり、自分だけが苦しんでいるわけじゃないと知ったり、その逆に、自分が苦しんでいることには正当性があると知ったり。解決方法を探すこともできます。

文字が読めるだけじゃなく、文脈を追う、関連文献を追う、体系的に勉強することを一回すれば、独学が可能になります。独学とは非効率なものです。何が基本文献かわからないからです。しかし、基本から体系的に学ぶ経験をしたら、他分野でも、対応可能になるのが、勉強のすばらしさです。

自分が小さいことを知ること、打ちのめされること、でもそれが最初からの現実であることを知るのは、ショックでもあり、変えがたい経験でもあります。

新鮮な気持ちで、もう一回世界を見直して、生まれ変わる体験です。
ぜひ、いつも勉強してほしいと思います。
立った一冊の本、たった一章の文章、たった一つの数式から、広がる宇宙があります。
たくさんの宇宙があって、わたしたちはそれを選べる事、選ばなくてもいいこと、ただ平凡な人間として生きていくことが素晴らしいと思います。

わたしはこれから、人を観察していきたいと思います。そうして、人のことを学びたいのです。
学び方にはいろいろな方法があって、どんな方法でも学べます。わたしは、生まれてきたからにはたくさんの扉の一つ一つを開けていきたいと思います。その先の景色を見たいからです。見て、どうするのか、なんて知らないけれど、その時に感じる風は、きっとわたしを生かすからです。


入試直前なら古典が上がる

入試直前に点数を上げられるのは古典があります。
暗記科目が苦手で、私立も考えている高校生だったら、絶対にある国語に力を注ぐのもありです。
理系でも文系でも国語はあるからです。傾斜配点の対象になって、得点が下がる場合もありますが。

古典は、どうやって勉強するかというと、音読です。
リズムで、どこからどこまでがひと単語か把握します。
それができないから、品詞分解ができないのです。
そして、平均点くらいの生徒さんができていないのは、助動詞の表の暗記です。このところで、挫折して、わからなくなって、古文は難しい、漢文は無理、となっている生徒さんがいます。
出題のところだけでいいので、調べながら、解きます。そうすることで、表の見方がわかります。
そのうえで、何に接続するのか、何形に接続するのか、分岐をかけながら、形から文法を攻略します。
時間がなければ文法はそれほど配点が高くないので、意味だけを把握します。

敬語の中でも尊敬語、謙譲語があるものは、貴族が出てくる文学。
漢文的な堅いリズムがあるものは、軍記物。
歌が出てくるものは、歌物語。
あはれ、おかしがある場合は、日記文学。随筆。
そういう風に分けていくと、時代も特定できます。
言葉遣いで、どの内容なのか、どの時代なのかを判断するのです。
そうすることで、誰が登場して、何をしているのかが、把握できます。
一番聞かれて配点が高いのは、訳と内容理解、誰が何をしているのか主語を聞かれる問題ですから、たまふ、侍れ、などが出てきたら、貴族文学だから男と女、天皇などの高貴な人が出ると判断しておくと、だいたいの場面の見当が付きます。だいたい、女性が出仕しているとき、別れ、男女の関係などです。

そんな風に勉強をしていくと、得点が上がります。
苦手なら音読です。

勉強なんて、大したことないと思うかもしれない。

だけど、人生を豊かにします。
旅行に行くだけでも、目的がなくても、昔読んだ古文にゆかりの地だと思うのも楽しいことです。つらいときに古文の内容を思い出して、千年前の人に共感することも救いになります。

それに、大学で、出会った人はなんだかんだいって、一生の宝です。
大学生は子どもですから、子どものころに出会った人が、育って、働いて、悩みを共有して、そして、ときどきは、仕事を支えあったり、人脈を共有したりするのは、かえがたいことです。
やる気のある人がたくさんいる大学に行くこと、やる気のある人と出会うこと、頭の良い人とはどういうことかを知ること、自分以上に力のある人に出会って打ちのめされることが、本当に貴重な経験です。

大学なんて遊ぶところかもしれないのですが、勉強で遊ぶこともできます。
ぜひ、勉強をして、その楽しさを感じてほしいです。
自分の言語化できなかった気持ちを、言語化することや、他の文化、他人の気持ちや視点を学ぶ場所です。
自分の気持ちを、表現することで、自分の輪郭をはっきりさせることができます。
自分の大きさがどれくらいかわかっていたら、ぶつかることも少なくなり、ぶつかったときに対処することができるようになります。
相手の輪郭を尊重すること、自分のことを大切にすることは同じことなのです。


現代文の偏差値を20上げたいなら、最強の問題集がある

旺文社の現代文です。
これを、一から順番にやっていくだけです。
解答がとても詳しい。
どう勉強をしていけばいいのか、どういう気持ちで向き合えばいいのか、どういう風に解答すればいいのか、迷った時にはこうしたらいいと全部書いてあります。これがあれば、正直、塾いりません。
大切なのは、一つずつやっていくことです。簡単なところからやっていくことで、勉強に対する構えやハードルを下げるのです。


根拠なき自信が、成績を上げる

生徒さんを励ますとき「必ず20点上がる、一か月で」といった場合と、「たぶん、頑張れば上がると思うんだけど…、もしかしたら上がらない場合もある」といった場合とで、体感ですが、全然結果が違います。

わたしが、「絶対に信じている」という態度を表すだけで、成績が全然変わってしまうんですよね。偏差値が40から50に上がることもあるし、50から57に上がることもあります。テストの点も、一か月で100点あげることは可能だと思っています。高校生も、中学生も。

それはわたしが全教科を見て、全部、管理しているから、というのもあります。宿題の出し方教材の選び方も全部、わたしに任されているので、思った通りの教え方ができるのは大きいです。

でも、「これを解いたら必ず点数が上がる」というと、点数が必ず上がります。

数学嫌いは、数学をあやふやに嫌いで、どこが嫌いなのかはっきりさせてません。
だから、最初にどこが嫌いなのか、何が嫌いなのか、どこで躓いたのか、過去にどんなことを言われてやる気がなくなったのか、全部聞き出します。
そして、嫌いなことは、分解して説明して、どうしてやるのか、やるとどうなるのか、どんな面白い分野にアクセスできるのか、将来成績が伸びたらどんなふうに生きられるのか、過去に言われたひどいことは間違っていて、あなたには才能がある、必ずできる、という風に言います。

rokujo.hatenadiary.com
これに、努力がすべて、苦手意識が一番パフォーマンスを下げるということが書いてあったので、なるほど、やっぱりと思いました。

ふだん、数学と現代文、古文の点数を上げるのが特に得意です。この分野なら一か月、二か月あれば、生徒の進路を変えることもできると自負しています。
苦手だと思い込んでいるから、教科書も問題集も読まない、それが足を引っ張っていることがほとんどです。教科書や問題の読み方を教えることですべてが終わったと言えます。そして、継続的に努力できるように、常に励ます、ほめる、話を聞くということの繰り返しです。
そして、質問には誠実に答えます。すぐ解けるようにしておく、すぐ解けなくても分かりやすく説明する、わからない問題は難しいときちんという、ということをしていて、信頼感を得るようにしています。

わたしは根拠なき自身があるように見えるようです。わたしは人生の中でいろいろつらい思いをし、戦ってきたので、自分について、欠落したところがあると思っています。だから、ほんとうには自信がないのです。
でも、仕事に関しては、パフォーマンス向上のために、常に自信を持ちます。無理やりでもです。その態度が、結果的に力を引き上げていると思います。

今では物理も化学も生物も教えます。すべてを知っている必要はなく、教科書を読んでかみ砕いで説明できればいいと思って引き受けます。
説明していくうちに、だんだん、できるようになります。英語もそうです。
もう少ししたら、英会話も、ハロー先生を使って、上達させようと思います。

ダメだ、と言って、叱咤激励をする人もいますが、それは、生徒さんの能力を下げます。
できる、これをしたら、必ず成果が出る、という保証をしたうえでないと、頑張れない生徒さんもいます。
生徒さんは子供だからです。
安心して勉強できるようにするためには、こちらが、「点数が上がらなかったら教師のせい」という責任をおうのがいいです。どちらにしても、そうなるわけだから。
そのことも伝えます。そうすると、生徒は一生懸命頑張ってくれます。

rokujo.hatenadiary.com
このレビューも書いてもらいました。
ありがとうございました。
c71.stores.jpここで買えます。


嫁に行くより本が読みたい

后になるよりも本が読みたい、といったのは、菅原さんです。

物語が読みたいと言って、仏さまに額づいて祈ったことも、本を読みすぎなんじゃーと夢に僧侶が出てきたけど無視したところとか素敵すぎる。

ときどき、不安になって「結婚したほうがいいのかもしれない」と思うのだけど、千年前から「嫁になるより本が読みたい」といった菅原さんに憧れる。
そのあと菅原さんはいろいろ後悔して失意のまま晩年を迎えると書いてあるけど、でもあんなに後世に残る素敵な文章を書けて、帰依するような信仰も持てて、結構幸せだよなあと思います。

最近小説を読むのがつらいんだけど、更級日記なら読めそうだなということで買ってきました。

働く女性の自分史だよ!千年前の。
いいぞぉ。

菅原さんて自由でけなげでかわいい。
今は顔が悪くても年ごろになったら美しくなるんだーとか、すごくかわいい。
そのあと自分で「あまかった。馬鹿だった。」と反省しているけど。

仕事柄、進路の相談に乗るんだけど、わたしの生徒さんはたまたまかもしれないが、一生働きたいという意気込みを持っていて、頼もしい限り。
ぜひ、生きていってほしいと思うので、できる限りの力になりたい。

わたしはもう一回学生して勉強したい気持ちがある。今度は、文化を勉強する方面に行きたいな。
まあ、しばらく無理だけど。今教えている生徒さん心配だし。

一生ぶらぶら生きていきたいという希望がある。
今でもぶらぶらしているし。

決まり切ったことって何もなくて、他の人と比べると遅いとか早いとか思ったりしたこともあるけど、結局のところ、いつかみんな死ぬ。
死ぬまでに楽しく生きられるかどうかがすべて。

だから、世界中ぶらぶら歩きたい。

勉強ばかりしていて就職がきつかったから、「勉強ばかりしているのはダメだった」と思ったけど、今思うと勉強ばかりしていたのは良かったと思う。いろいろな言葉を覚えて、思考が自由になった。思考が自由になったのは当人比だし、常識がますます遠ざかったんだ。でももともと常識とわたしはあわなかったから、まあいいかなと思う。嫌なことをグチグチ書く人にならなくて済んだ。
(てことを書くと、どこかにフェミのこと書くじゃんという人が現れると思う)

自由っていうのは素晴らしい。肉体は不自由だ。だけど、肉体は檻なんだけど檻があるから自由に物事を見られたりするのでそれはそれでいいというか。

好きな仕事して好きな時に昼寝して好きな時に旅行できるから今は幸せだー。
就活失敗したけどそれはそれでよかった。
死ぬかと思ったんだけど、死にたくなるほどまじめにやっていたわたしがいとおしいわ。
新卒の就活ってある程度型にはまってないと難しいし、型にはまっていても個性がないと言われるし、面接官が素晴らしい人ばかりとも思えないから、まあいっかなーって思う。あれに乗っかって、というのは難しい。わたしには無理だ。
わたしが人生をやり直すとしたら、今でもやっぱりだらだら学生して、ぶらぶら暮らして、適当なところで知り合いのコネで中途採用でもぐりこんで暮らすと思う。一度働くとコネができるから、仕事も紹介してもらいやすいのだった。学生の時は、コネって恥ずかしかったから拒否していたけれどね。
(今の仕事はコネじゃないけどね)

勉強していたから、今の仕事につけたのは確実だと思うし、成果が出たのもそのせいだと思う。

それにしてもぶらぶら好きな時に好きな場所に旅行する幸せって何にも代えがたい。本当に幸せ。
冬の寒いときに南国で原付飛ばす幸せよりも幸せはあろうか。
人生の最高と言ってもいい幸せじゃないのか?
今度はマレーシアに行きたい。

今の仕事は、ぶらぶらしていられて、生徒はかわいいし、最高だ。楽しいし。本当に勉強していてよかったと思う。
成績を上げるのも、喜んでもらうのも楽しい。わたしは敏腕塾講師だって気になる。この前も、高三の生徒さんの現代文を一か月で20点あげたぜ。いえーい。
勉強は無駄じゃない!
(自慢で終わってしまった)