一生音楽を聴くことができないんだと思ってた

病気が重くなってから、四年くらいたつのだけど、音楽が聴けるようになった。
病気がひどい時には、本も読めず、人と話すのも十五分も限度で、くたくたになった。漫画も読めない。

今も漫画や本を読むのがつらい。なぜかネットの文章は読んだり書いたりできるんだけど、何が違うのか不思議だ。
物語の中に入り込めないんだと思う。

映画は一年くらいで見られるようになった。暗闇や大きい音にパニックになったので、最初はつらかったけれど、何も起きないことがわかって大丈夫になった。
テレビは突然音が大きくなるからダメだ。怖い。

家の中が安全だと思えなくなったから、音があるとだめだったのだと思う。集中力に大きな支障をきたして、書類が読めなくなった。
理解できないんだ。

すっかりばかになったと思っていたけれど、最近は書類も怖がらずに読める。相変わらず苦手だけれど、あのどうしても何が書いてあるのかわからない状態ではない。

音楽を聴けるようになった。もともと、人の話していることがよく聞き取れないので、ラジオは嫌いだったのだけど、洋楽を流しているだけのネットラジオがあったので、それを試したら意外や意外大丈夫だということが分かった。

音楽なしでは生きていけないという友達がいるのだけど、それが不思議だった。
音楽なしで生きていたから。
でも、確かに音楽で気分がだいぶ変わる。とてもありがたい。
リラックスしたり、アップしたり、ダウンしたりできる。不思議だ。

友達は私にいいものをたくさんくれる。音楽やお茶、おいしいものや、健康的な生活の仕組み、社交や作法、服装やTPOについて。
言われたときはつらいこともあるけれど、できないことを助けてもらうのは助かる。
わたしもみんなに喜んでほしい。喜ばれるとわたしはうれしい。不思議だ。
全然仕組みがわからないけれど、わたしは人が喜ぶと幸せになるのだ。
なんだかよくわからないけれど、そういうことらしい。うさぎちゃんが「作法は苦手だけど人づきあいは上手だと思うよ」と言ってくれた。
良かった。
嫌いな人はこれからもすっぱり切って、好きな人に囲まれて生きていって、ストレスや刺激を減らしていきたい。できないことは手伝って、助け合っていって、元気に暮らしたい。


つらいことを見つめる力

大人の発達障害の人はつらいことを「つらい」と理解する力が奪われている。
おともだちのうさぎちゃんにわかってもらえてうれしかった。

別に我慢しているつもりもなくそういうものだと思っているけど、常につらい状態なのを、見つめることができてない。
気づいてないから。
それで、体力をすごく奪われている。

私は「散らかった部屋」にすごく体力を奪われていたけど片付くまで知らなかった。
お掃除ロボを買うまで掃除機がすごく苦手だということも知らなかった。
知るといろいろ世界が変わる。

ぴかっと。

ブログをやっていて、そういう情報を発信するとすごく感謝される。
お買い物は、特に衣料品はうさぎちゃんの受け売りなのだけど、自閉症じゃない定型の人の知っている情報を横流しするだけで、自閉症の人はとても助かる。すごい。

わたしたちはつらいことを言語化することにたけていない。

怠けているわけじゃなくて、どうしたらいいのかわからないし、わからないことがわからない、スタートにも立っていないし、そもそも生きる力を二次障害で奪われていることも多く、快適にするためのお金もない。貧困もある。
自閉症の人の貧困問題は大きい。

だから、快適に生きることがものすごく難しい。

定型の人が工夫していることや、探せることを探す気力もない。でもそれは怠けていたり、馬鹿だったり、「ピュア」だったりするからじゃない。
一生懸命頑張っているけど情報から遮断されているの。
店舗型のお店に行かないとランダムな情報は入らない。今こういうものがあるとかはネットよりも実店舗のほうがぎゅっと凝縮されている。
でも、そういう場にいけないのだ。

つらいことをつらいと知って、見つめて、分析して、対策を立てるということはなんとたいへんなことか。
漠然とつらい、死にたい、苦しいとしか思えないことが多くて、ヘルパーさんや友達に助けられてようやく、情報を発信するところまで来た。

ほんとうに、いろいろな人に感謝するしかない。
だから、それを世の中に返していきたい。


大人になってから自分で自分を療育する

甘えだと言われることが多い。
困っていることをわかってもらえない。
自分でも困っていることを、分別できない。
だから、本を読んで調べて、自分の困っていることノートに毎日記録して、言語化して、まとめて、解決策を考えてきた。

診断が下りてから三年で、いろいろ改善した。

服装のことは、コーディネーターに尋ねて、一緒に買い物に付き添ってもらう。

肌に優しい服のことは、友達に教わる。

家事や収納は、ヘルパーさんに相談する。

メンタルヘルスは、精神科に相談する。

さみしさはブログで補う。

スーパーはなるべく行かないで、宅配、ネットスーパー、ヨシケイ、などを利用する。
日用品はドラッグストアのほうが整然としていて静かだからそこで買う。

お店自体が苦手だからネットショッピングをする。

ブランド品は古着で買って、しぐさが雑ですぐボロボロにしても惜しくないようにする。

自閉症の親御さん、ツイッターで見かけると「こんなにしているわたしはえらい」になっている人もときどきいる。
わたしは、親とのかかわり方が特殊だし、自閉の人は親との愛情の形成や理解に苦労する人が多いから、親御さんの認識と子供の認識は食い違うだろうと思う。大人になればなるほど。そのとき手放せるかどうかが勝負だと思う。
愛情を感じていても、親御さんが必要としている形では、子どもは愛を返せないから、距離をとることになる場合もあるだろう。

そういうときに、いかに行政を利用できるかが肝だ。

社交はだんだん上達する。

掃除はロボット、片付けはヘルパーさんに頼むと感覚過敏による困ることも減るし、ヘルパーさんとの会話は徐々に他人と話す練習にもなる。
掃除をして、快適になることを学ぶことはわたしにとって大きかった。

本を読んで、現実の人の考え方を学んだ。ネット上の友達に常識を聞いたり、整体に通って、お話を聞いてもらったりしている。
そういう風に工夫している。

精神科の先生は「工夫が大事」だという。
自分のことや、性質は変えられないけど工夫によって快適にできる。
快適にするという概念がなかったから、それはすごく励まされた。

とにかく、工夫したい。
そのためにはお金が必要だから、頑張って働く。
働けることが一番わたしの財産だ。

療育を頑張っている親御さんは、偉いと思うけれど、子どもに感謝されることはないかもしれない。
当事者であるわたしはそう思う。そして、療育されなかった、大人の当事者も絶望せず自分を療育してほしい。
前こういうことを書いたら「子供の療育は必要ないってことか」「療育が必要なのかそうじゃないのかどっちかよw」と自閉症の子供を育てている親御さんに嘲笑されたし、「あなただって育てにくい子供だったはず」と言われたりした。
そのことはすごく傷ついた。
自分の子供のことに一生懸命なのはわかるが、当事者をつぶしに来なくてもいいのにと思った。

療育は大事だ。それは当然だけど、自閉症者が、健常者に合わせるということだけじゃないはずだ。
工夫していって、暮らしやすくなれば、合わせられないところがあっても大丈夫だ。
ただお金を稼ぐ手段やメンタルヘルスだけには気を配ってもらって、行政とつながっていたら、わたしは生きていけると思う。

残念ながら、みんながそうとは言わないけど、自閉症当事者と、その親御さんとは立場が違っていて、場合によっては対立することを知っている。
親切のつもりで、わたしが書いたことが、親御さんたちの気に障って、大騒ぎになったこともある。
そういうことは今でもつらい。

もちろん、親御さんでわたしのブログを読んでいて、参考になったとコメントしてくれる人もいるから、ぜんぜん、みんなそうじゃないって知っているんだけど。
頑張りすぎると人っておかしくなるんだなと思ったことだったよ。

ほんとうに悪口を毎日書かれたし、ブログにコメントしてきた人もいたし、嘲笑されたり馬鹿にされたり、「自分の頑張りを否定するのか」「親のつらさをわかれ」みたいなことを書かれた。
立場って違うんだなと思った。

わたしの困っていること、当事者の困っていることは、親御さんの「この子育てにくいけど頑張っている私」とは違うんだなと思う。
仕方がないけどつらいとも思う。もちろん、みんながそうじゃないとはおもんだけど…。

親御さんの「この子のことはわかっています」というのは尊いと思うのだけど、その子の友達を作ることを阻害すると思うし、失敗を奪うと、結局親御さんのもう正解を当てるゲームをやらせることになりやすいので、ほんときをつけないと危ないと思う。

親御さんの存在が濃ければ濃いほど友達はできにくい。
人間のことで失敗を繰り返さないと、友達はできない。
騙されたり盗まれたりしないほうがいいのには決まってるけど、でも「必要」なことだったりする。
親御さんが生きていて見ていられるうちにそういう経験をさせたほうがいい。
それには「わかってます」は違うと思うし、実際問題、子どもといえども他人だからわかることはできないと思うんだよね。

当事者じゃない友達が、わかってくれたり、カミングアウトしてない友達がわたしの性質に配慮してくれたりする。
だから、知識の浸透も大事だけど、そうじゃなくて、いたわりや思いやりってすごい大切なことだと思うし、助かる。

親が、「この子のことなんでもわかっているし、伸ばしていけます」と思うことは危険な気がする。がんばりすぎは何事もよくない。
自閉のことを伝えてなくても配慮してくれる友達もいるから、それに親は先に死ぬから、わたしは友達のほうが大事。


自閉の感覚過敏や家事の下手さを補う収納やグッズの買い物をしたい

家にいる時間が長いので、家の中にお金をかけることにした。ヘルパーさんにも相談したけれど、いいことだって言われた。

まず収納を充実させる。
ものが床にないようにしたいし、空っぽの棚をいくつかおいて、ものを一時避難させる場所を作る。
ものに居場所を作ったら、わたしにも片付けができそう。
今まで片づけをヘルパーさんに頼んでいたけれど、自分でできるようになれば、料理や買い物を頼める。
いつも、片付け掃除機、台所、洗濯で終わってて、前向きな改善が滞っていたので、そういうのをやる。
今まで週七で半年働いていたので、疲れて寝ていたのも大きいんだけど。
ヘルパーさんが来ているときは起きられるようになりたい。

自閉症だと、家事が苦手だったり、感覚過敏だったりする。
せめて家の中にいる時は、刺激をなるべく抑えたい。
掃除機の音や排気のにおいが苦手だから、ロボットを買ったのは良かった。
静かだし、いないときにかけられるし、排気も割ときれい。

肌が弱いだけじゃなくて、「ぴりぴり」「ちくちく」する感じが嫌で、肌を痛めつけることで「痛い」にして感じやすくしている気がしたので、「ぴりぴり」「締め付ける」「ちくちく」「ちりちり」を減らすといいかなと思った。

肌が弱いからの過敏とはまた違うんだよな。
自閉症の人はブラジャー嫌いな人が多い気がする。わたしは靴下も嫌いだ。ブラトップも、べたべたして感じる。あのゴムみたいな、感触が嫌いだ。
自閉症の人の需要って、自閉症の人は問題の切り分けがしにくいから、助言があるといいなと思う。

そうだ、あと、ヘルパーさんを頼むと話し相手になるし相談できるし親切だからいい。
知らない人や無理解な人に頼むと自分でやれ、できないのは甘えみたいに言われるから、言わないほうがいい。

節約するより、自分を生きやすくするのにお金を使う時期だと思ってるから。
お金ないけど。

家具が全然なくて、今まで統一感がなかった。そういうわけで、高いけれど無印良品で買うことにした。段ボールにしまってると、ゴキブリの巣窟になりそうで怖い。
いつか、三万円の棚がほしい。かっこいい。

とりあえず、ストッカーと引き出しを買った。一つ1800円するので高い。

それから、このあたりのメイクボックスがほしい。かわいい。しまうところとメイクするところがあれば、快適になるしごちゃごちゃしない。
気分よくメイクして楽しみたい。
楽しむって概念が大事。

最近、アロマテラピーにはまっているので、エッセンシャルオイル、海外輸入品をたくさん買った。海外輸入品だと安い。
天然じゃないと頭が痛くなる。エタノールと精製水も買った。
それを収納するボックスとして、ジュエリーボックスを買った。

この辺も大容量なのでよさそう。

これも毎日活躍してくれているので、家の中がきれいだ。きれいだと落ち着く。

今後ほしいのは

これ。床を磨いたらアトピー良くなるんじゃないかな。どうせ、拭き掃除しないからわたしは。

自分でやればいいんだろうけど、できないから、寝ている間にこういうので掃除してもらうと気分がいい。
気分がいいと、掃除や片付けや洗濯物もできる。自炊ができるから元気が出る。
元気が出るから家事もできる。
そうすると、外出も楽だし、家でも休まる。
ヘルパーさんに相談して、収納はそろえている。
家にいることが多いんだから、居心地よくしていいと思う、って言われたからうれしかった。
効率が良いようにすると、ヘルパーさんも仕事がしやすいので、いつも決まった片付けと掃除以外のことも頼みやすい。
掃除機がけがなくなったので、知的労働を今は頼んでいる。
収納や動線、片付けのアドバイスなど、そういうことを今は頼めるので、掃除機みたいに自動化できることはどんどんしていきたい。

こういうの、無印良品でも売ってて、かっこいい。シーサー飾りたい。絵も友達から買っているからそういうのを飾るのがほしい。

ウォールシェルフって掃除機かけやすいし、床が広いからいいと思う。

シーツは、この辺を使いたい。
さらさらして、摩擦が少ないので、寝返りも打ちやすいし、汚れにくいそうだ。
とにかく、寝具は清潔にしていたい。今まであまり考えなかったけど、元気はそういうところからわくらしい。
摩擦が少なく保湿があって、でも、じめじめしないものを選びたい。
包まれて暖かい、けどさらっとしている寝具を求めている。体のエネルギーがあまりないタイプだから。

毎日洗って、アレルギー原因を減らしたい。
感覚過敏のことを知らない人も結構いるらしいけど、感覚過敏だから、刺激をなるべく減らしたい。
寝具が良くなれば、体調も良くなるんじゃないかな。
どうせ不眠だから、起きていながらベッドにいる時間が長く、負担を減らしたい。

国産 エジプト超長綿 綿毛布(毛羽部) ダブルサイズ 180x210cm ワインレッド 三井毛織株式会社謹製

 www.amazon.co.jp
ページが見つかりません
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0127JDRWE/binuiq05-22/

お金ができたら、シルクも試してみたい。ゴージャスすぎる気もしなくもない。

アビア【AVA】植物性シルク繊維・上品な【掛け布団カバー/ベッドシーツ/ピロケース】ベッドカバーセットダブル 4点セット

 www.amazon.co.jp
ページが見つかりません
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B010AW3UP4/binuiq05-22/
アビア【AVA】植物性シルク繊維・上品な【掛け布団カバー/ベッドシーツ/ピロケース】ベッドカバーセット ダブル4点セット

 www.amazon.co.jp
ページが見つかりません
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B010AW2UK0/binuiq05-22/
アビア【AVA】植物性シルク繊維・上品な【掛け布団カバー/ベッドシーツ/ピロケース】ベッドカバーセット ダブル4点セット

 www.amazon.co.jp
ページが見つかりません
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B010AW2HKS/binuiq05-22/

エッセンシャルオイルはここのが安かった。

GAIAとか、生活の木はいいんだけど高い。ミュウはわからない。

オーガニックコットン、って何がいいのかわからなかったけど、レギンスや、ブラジャーで導入してみたら、ものすごく気持ちよかった。
疲れやすさが違う。
自閉症の人から、フリープを教えてもらってありがとうと、二人くらいに言われた。

www.pristine.jp
ここのブラジャーと靴下、体が締め付けられなくてよかった。
じめじめしないし、かゆくならないし、ピリピリもしない。
普通のはピリピリして痛い。
嫌い。
これは気分上がるから大事に使う。
自閉症の人のオーガニックコットンの需要ってあると思う。
締め付けない下着。
肌触りの良い、通気性の良い下着。
そういう機能のやつも使ってたけど、なんかぼてぼてしててだめだった。

レギンスもいいと思う。

ゆくゆくはパジャマもほしい。

感覚過敏や、家事の下手さは、あきらめないで、お金をかけて解決できそうだから、頑張る。

実は年金もらってないから生活は苦しいんだけど。
コンビニバイトも週三回入れるとパンクしそうになる。頭が。
週七で働くのはきついけど、必要とされているうちは働きたい。

今までは不快、ってことに立ち止まって困っていたけど、「解決することができる」「解決策を探す」というところを頑張りたい。
わたしはそういうの思いつかなかったから、ウサギちゃんに「探すことができるよ」と教えてもらってとっても助かった。
不快なことは減らせるんだ。
希望があるね。

自閉の人は、買い物苦手な人が多い。
人が多いとランダムな動きや、この人たち全員に心があるなと思うと、圧倒されてくらくらするし、光がまぶしいし、色がうるさいし、音がたくさんあるし、においもあるから、いっぱいいっぱいになる。
サングラスやイヤホン、耳栓で対処している人が多いらしい。
わたしは店員さんとの会話が難しいので、服屋さんが怖い。
スーパーでも冷や汗をかく。
コンビニは割と平気だけど、親しげにされると困る。
機械みたいに対処されたいんだけどね。
だから、今売っている素敵な便利なものと出会いがないから、教えてもらって助かる。

服はブランド品が着心地が軽いから、古着で買う。
買い物が難しいから、ネットショッピングだと楽だ。
人と会わないで済む。

わたしは、使える制度をものすごく調べた。
制度があることや使えることを知らない人がとても多い。
年金はわたしもらってないけど、税金や、自立支援以外にも、普通の医療費がタダになることとか、ヘルパーさんのこととか、とにかく、ケアマネやケースマネージャーに相談するといいと思う。

とにかく誰でも困ったら役所に言って相談するといい。
誰も仕組みを教えてくれないんだ。聞かないとね。


服と感覚過敏と和解

ウサギちゃんと話していて、衝動買いをしたことによって、品質の高い服を着ると着心地が軽いということがわかったと述べたら、服と和解できてよかったねとことほがれた。
衝動買いでもしないと、買わないからね。

服のくっつく感じが嫌いすぎて、実は家に帰ると裸で過ごすくらいだった。だけど、品質の高い服は、着たほうが快適だ。暖かいし、汗も吸う。
素晴らしい。くっつく感じとか窮屈な感じとかない。軽い。ふんわりしていたり、さらさらしていたりするからいとおしい。
乱暴だからすぐに破ってしまうけれど。

今まで感覚過敏だからだと思ってなくて、自覚もなく、ただ服を着るのが嫌だった。だから、外出も億劫だった。

今はいろいろ着心地のいいものがあって、着心地がいいというのは、「安心」「幸せ」「ほかほか」ということなのだとわかったので、これからは服を着ようと思う。

包まれることは愛だ。
愛は大事だ。

ささみを食べたらパワーが出て、スープを作る余裕が出たので、スープを作る。
こうして体調がよくなるのだ。ぐふふ。

そして、生徒さんが戻ってきたのでそれもまたうれしい。


男性の犯罪者の多さ

少なくとも男性のほうが加害者になったのちつかまりやすいようだ。

yamatonatu.hateblo.jp

わたしの記事を読んでくださったらしい。ありがとうございます。

わたしは男性の体が好きだけど、男性のことは怖いし嫌いだ。
男性の体や見た目は好きだ。
でも、中身にがっかりすることは割と多い。

だんだん男性の知り合いも増えて、まあまあいい人もいるかなと思い始めたけれど、いわゆる「男性性」というのは嫌いだし役に立たない資質だなと思うことが多い。

暴力を男性が、自分の男性としても優位さを使って、女性であるからわたしを選んでふるった、という経験をすると、男性のことを「性別という一つの側面」とわかっていても、普通に、受け入れることは難しい。
だから、男性にも男性の犯罪者のことを憎んでほしいし、自分が暴力を振るわないように気を付けてほしい。
気を付けるというか、何が暴力になるのかわかっていてほしい。
そういう希望。
そしたら、わたしの男性の体好きの男性嫌いがましになるかも。


イノセントだと呼ばないで

わたしは血縁といると、パニックになります。
苦しいです。
だから、かかわらなくなりました。
今は楽です。

血縁はわたしのことを理解しません。
友達は私のことを理解します。
だから、友達のほうが好きです。
裁かないので。

裁く人は嫌いです。
最初はきづかないで、我慢するのです。だけれども、だんだん苦しくなるので、体調が悪くなります。
そうして、無理だなと思って離れます。

わたしはイノセントとか、ピュアだとか、思われることがときどきあるのかもしれません。
でも、そう思われるのは心外です。

それなりに複雑なのですから。

先入観があると、イノセントに見えるのでしょうね。騙されやすいですし。

だからといって、それを表明されるのも迷惑です。
それこそ、何を学んでいるのですか、と思います。


できないなりに工夫する

できないことがいろいろあります。
貯金や家事や堅実な暮らしが苦手です。
だから、一つ一つ練習したり、人に頼みます。
いっぺんにはできません。
忠告をする人たちは、いっぺんに言うので、困ります。
そういう人とは長く続きません。
おさらばしてしまいます。
みんな「良かれと思って」「あなたのために」というのですが、そういう人といると、病気が悪化して、ちっとも「よかれ」にならないのですよ。相手や状況を見られない人がする忠告なんて一つも価値がありません。
単なる迷惑です。
それでも情があるので三日くらいは悩むんですけどね。

最近は洗濯物に熱を入れて、洋服の手入れや寝具の手入れをしています。
そんなことで結構元気が出るのだなと思います。
睡眠障害が最近きつくて、続けて寝ることができないのです。
つらいです。

忠告する人は料理も洗濯も掃除も全部しろというのですが、働きながら全部するのは普通の人でもかなりきついことじゃないですか。

健常者でも、部屋が完璧にきれいな人ばかりじゃないと思うし。
それに、わたしは病気になってから本も読めないし漫画も読めなくなりましたが、ブログは書いています。
健常者でもブログを書かない人もいるし、働かない人がいます。
人によってできることはさまざまだから、優劣をつけるのはおかしいと思います。
働かなくても、普通にしていればいいと思います。
家事もできなければ、頼めばいいです。

料理はほとんどしません。
ダイエットのためにブランパンを時々焼いています。この前ゆで卵を作れるようになって感動しました。
うれしいですね。
家の中をきれいにするために、収納をいくつか買いました。
壁美人とか、壁の棚とかを買いました。
いろいろ試して、100円均一の棚も作って、シーサーや絵を飾りたい。

友人にクリエーターが多いので、いろいろ買います。
作品が好きなので手に入れたいし、買うと相手も喜びます。
旅行も好きです。生きている感じがします。

今まで正解を求めて、生きている部分があって、良い娘を一生懸命やろうとして、それをやめて、一つ一つ自分の価値観を作る過程なのだと思います。
苦手なことは些細なことでもやらないで済むようにしています。
行政に相談をして、いろいろなサービスを受けます。
精神障害手帳があったら、医療費もただになるし、税金も安くなる場合があるし、ヘルパーさんも安く頼めます。
掃除機の音が嫌いなので、ロボットを買いました。
飽きるまで遊べたらいいなというつもり。
部屋の中がきれいだと気持ちがいいです。
話には聞いていたけれど、埃で人は死なないという母と暮らしていたので、きれいな部屋は新鮮です。
自分の思い通りになる一人暮らしは最高です。

今月は働きすぎました。
ベシーワークスをオープンし、ライターもはじめ(つらくてやめました)、塾と、コンビニのバイト。
年金はもらっていないので、生活のために働かないといけません。
お金を使うのが大好きで、倹約なんて思いもつかないので、なるべく働きます。
でも、だいぶ体調を崩したので、今年はもう静かにしています。
塾の仕事もあまり入れないようにします。
やっぱり週七で働くのは、三か月が限界ですね。
一か月に一回の休みでやっていたけど、今年はつらいという気持ちです。
週休二日で働いていたころが懐かしい。
今までは日中は寝ていたのですが、今年はいろいろアクティブにしていたので、昼寝が減りました。
今まではやることがないから、家に引きこもって寝ていたのです。
今年はその時間を仕事に充てました。とはいっても、働いた分きれいに使っているので全然貯金できてません。時給も安いしね。
無駄に食べたりしないしいいかなと思ったけど、体がきつかったです。
メンタルもぼろぼろになりました。
でも、いらない人間関係もすっきりしたのでよかったです。疑心暗鬼って結構疲れます。
気に入られるために必死なのは疲れます。

今年いっぱいのテーマは、衣食住を充実させることです。
特に、衣は、お金をかけるポイントが間違っていることがわかりました。
品質の良さ、というものをわかっていなかったので、そこら辺を学習できたのは大きいです。
古着で、わたしでも知っているブランドの服をかなり試しました。
やっぱり、何度か着るとよさがわかります。
知らないでいれば知らないけれど、疲れます。ブランド品にこだわるのはばかばかしい、という言葉を信じてきましたが、ブランド品は品質が良いです。
品質が良い、というのはどういうことなのか、知らなかったのですが、着ると楽です。
気持ちが良いし、軽やかです。着心地の良さとは、軽やかさのことらしい。
体を締め付けないけれど、きれいに見えます。
しまむらの服は飾ってあるときれいだけれどわたしが着ると残念な感じになります。
まだ、服を大事に維持するという方法がわかっていないので、古着でいろいろ試そうと思います。
身のこなしが雑なのですぐひっかけたり、傷つけたりしてぼろぼろにしてしまいます。
安い服のほうが耐久性は高いです。

困ったことがあったら、行政に相談するとよいです。
特に障害があると、全然普通の人には理解されません。
できないことをできないというと、「困るだろうからできるようになれ」と言われて閉口しました。
できないことができるんだったら、誰も苦労しないし、「普通はできる」と言われても「普通ってなんだよ」と思います。

あと、最近「ピュア」と言われましたが、気に入らないです。
全然。むかついた。
最近の「はあ?」大賞です。
わたしは情緒面では発達が遅いかもしれないけど。人に対して、ピュアっていうのは、幻想や価値観を押し付けていて、失礼です。
消費物じゃないのです。
障害があるのに配慮しない、というのと、障害があるから馬鹿にする、というのを同時にするのはやめてほしい、ほんとに。
「それもできないんだぁ。できるようになれ。そうじゃないとだめだ。あなたのためを思って言っているんだ」というのは、気持ちがいいんでしょうね。何も労力を払わずに何かできた気がするんだろうから。

友人たちはわたしの障害をわかっていなくても、親切ですし、できないことを責めませんし、尊重してくれます。

それが友達です。


できないことは受け入れる、サービスにはお金を払う

できないことがたくさんあるけど、仕方がないと受け入れている。
でも、それは人に話さないほうが良いことなのかと思った。
わたしはできないことがある。みんなそういう部分があると思うけれど、それに折り合いをつけて生きているのだと思う。
わたしは、自分ができないところを機械化したり、人に頼んだり工夫したりしている。
その分お金はかかるけれど、快適に暮らすために必要だ。
支出を減らす方向で工夫するよりも、サービスにお金を払って、ハンデをちゃらにしようとしている。
だから、お金がたくさんいるので、たくさん働いている。

わたしがお金をたくさん使うのは別に自慢じゃない。なぜなら、能力がないことのあかしだから。
そして、お金を使うとよいものを使える。
サラサラのシーツや、手入れされた服、掃除の行き届いた部屋、というのはわたしのことをエンパワメントしてくれ、健康促進してくれる。
掃除機をかけるのが苦手だからロボットを導入した。
片付けが下手だから、プロの頼んで収納家具のアドバイスを動線のことを考えて教えてもらった。

わたしはサービスや助言に対してお金を払うタイプだ。
友達の助言にはお礼をするし、言う。

この前怒った出来事がある。ピュアだとか、もうちょっと頑張れとか、あなたのためを思っているからいうのだ、というようなことを言われたからだ。わたしはそういうのは好きじゃない。人にピュアだというのは失礼だと感じる。場合によるけれど。
わたしはできないことがある。
社会的生活を送りにくい面があるから、お金でサービスを買う。そうすることで、生活ができる。
自分でやる必要を全く感じない。
お金というのは交換のためのルールだから、どんな方法でも稼げるなら、稼ぐ。
交換するためにお金を払う。
友達にプレゼントするときには、お金を払いたい店から買う。そうすると、そのお店も喜ぶし友達も喜ぶ。内需が発生してだれも損をしない。
最近はオーダーメイドの作品を良く買う。それをプレゼントすると、その人の宣伝にもなるし、いいと思う。
そして、アドバイスもできるし。

できないことがあるけれど、できることもある。できることをして、できないことは避ける。そして、体力を温存する。
慎重に暮らすことが最近大事だと思う。


c71が感情的に火中の栗を拾う、田房永子さんの件

わたしは感情的だから、感情的に語ろうと思う。
感情的になれたらいいなあと漠然と思う。

mistclast.hatenablog.com
それにしてもこれのどこが冷静なんだろう?

好きだの嫌いだの卑劣だのやり方だけはうまいだの分けて考えるべきだの言ってるだけで、論理構成は見つからない。

第一部はリンクを貼った『女子中高生に固執する成人男性たち』という記事について。
第二部は「実際に女子中高生をイラストにすることの『意味』」に関してです。

宣言している割にはそういう構成になってない。そして、あとで書くけど冷静でもない。
気に食わないっていっぱい書くことは、論理的だと銘打っていることと反している。
論理的にはこうだけど、俺は気に食わないって書くのはそれこそ読者の誘導じゃないの。

「女子中高生に固執する成人男性たち」という、やや首をかしげたくなるタイトル。
「成人男性たち」という言い方が暗に「良い年こいて」っていう意味を含んでますよね。

成人男性って、良い年だし、「成人男性」以上のことを含んでないんじゃないか?実際良い年なんですよ。成人男性って。子供じゃない。
(この文を書いたとき、バカみたいな気分になった)
それに、女子中高生に関心を持ったり、じっと見たり、クラクション鳴らしたり、絵にかいたりするのは普通のことじゃない。
成人男性がクラクションを意味もなく鳴らしたら、その日は帰宅待機になる可能性もある。
帰宅待機になれば部活も塾も休みにならざるを得ないので、「成人男性が頭の中だけで行っているつもり」のことは、大好きな「女子中高生の害」になってるんですよ。
見るだけ、観察するだけ、資料にするだけ、と思うのは勝手だけど、それだけで、110番するし、されるからね。
少なくともわたしは通報する。だいたい、生きている人間を「資料」にするってどうなんじゃい。
県、市、学校名の記載していたってことらしいから、もう、迷惑でしょ。
未成年保護じゃないじゃん。
未成年保護は大人の責任なんだよ。

……だってさぁ。女子中高生に嫌がらせをする成人男性がとんでもない数存在するなら、男子学生に嫌がらせをするクソババアもいれば、人殺しもいれば、万引きをする奴もいれば……って、キリないよね。
要するに、「そこ、男性批判のために取って付けてるよね」って思うんですよ。
凄く悪意ある言い方をすれば「人を殺す成人女性がとんでもない数、存在するということである」ってことになる。有史以来いっぱいいたでしょ?
もちろんこれは屁理屈だけど……要は、「それ言えるなら何でも言えちゃうじゃん」ってことです。
ま、個人的にこういう書き方が嫌いなので少し厭味ったらしく書きました。

これは事実なんじゃないの?有史以来、とんでもない数、殺人者である成人女性は存在するよね。それは言っていいんじゃない。
わたしが許可を出すこともないんだけど。
でも、それをもって、性犯罪者になる男性が多くいることは否定できないでしょ?なんでも言えるようになるから言ったらだめって何言ってるの?

女子中高生に性犯罪する人はほとんど男性でしょ。女性もいるだろうけど、男性だってわかってるんじゃないの。
性犯罪者の多くは、男性だって、知ってるんじゃないの。知っててこのいいようなんじゃないの。知らないわけ?
そんなわけないよね。

だったら、とんでもない数、性犯罪を起こす男性も存在するって言っていいんじゃないの。
この理屈で言えば。
だって事実じゃん。
それに、性犯罪者も、ただの犯罪者も母数は男性が有意に多い。

それを見ないで女性だって犯罪者になるじゃんっていうのは、何言ってるの?現実みなよ。
現実を見ないことを指して、「冷静にものをいうぜ」ってことになるの?
は?

って思います。

その人は「イラストを描く資料として」見ていた。だけど、この筆者の記事は「それを『大きな主語(見知らぬ成人男性たち)』で括っている」のです。

人を資料として見ること自体が失礼なんじゃないの。そのうえで、性的なコメントつけて、ネットに流したら、ものすごく反響があったんだから、「大きい人数」な「成人男性」が主語になってもいいじゃないの。
この場合社会的なことを、大きな主語を使わないでどうやって表現するの?
「あの人がやってます」って個人名を上げて非難したほうが良かったの?
それはそれで炎上するんでしょう?

「人格否定」からの「決めつけ」。憶測からの「決めつけ」。
他人の「行為」を憶測した上でその推測をもとに批判するって、すっげー暴力的なことなんだよ。

はあ?何を憶測したっていうの?
A氏は自分で、「クラクションを鳴らす」「じっと見る」「個人を特定できる性的に誇張された絵をSNSに投稿する」ことをしていたわけでしょ。自分で言ってるんでしょ。してるんでしょ。しかも周りのフォロワーはそのことを知ってるんでしょ。
憶測じゃないじゃん。事実じゃん。事実を抽象化してまとめたことじゃん。
じっと見て、不審な声掛けをした挙句性的な絵にして、個人を特定できる形で公表することは、加害じゃん。なに無害ぶってるの。
単に資料にしただけっていうけどさ、その絵を見て性的妄想をした人がたくさんいて、しかも、そいつらがその女子中高生の近所に住んでいて、その子を特定できる可能性も十分あるじゃん。
迷惑じゃん。
迷惑以外の何物でもないよね?現実的に困るっての。そいつらがA氏の絵を真に受けたせいで「この子に対してこんな風にみていいんだ」と思って「いやらしい子」とかいって、付け回したりストーカーする可能性もあるわけじゃん。A氏だって、成人男性の癖に女子中高生に興味を持ってるわけでしょ。興味を持ってるだけなら取り締まれないけど絵にかいてるわけでしょ。
未成年保護の理念とはかけ離れているでしょ。
大人は、未成年を保護しないといけないんだよ。
それなのに、それとは違うことをしているわけだよね。
逃げられたってことは怖がられたってことだよね。
それは加害だから。

怖がってなくても、あとで思い出して理解することもあるからね。
未成年に対しては慎重に接しないといけない。
これは鉄則だよね。大人でしょ。
その鉄則を知らないわけ?大人としての責任を放棄しても子供にはなれないからね。なに、子どもがえりしてるの?
責任を放棄したいから??
責任を放棄して何を得るわけ?

どういうつもりでも、保護すべき未成年をじっと見て、性的な絵に仕上げることは加害だから。
ただ絵にしただけじゃないから。

痴漢は痴漢、犯罪行為だ。
「見られるのがイヤ」はまた別のレイヤーの話だ。
淡々と「現実の女子中高生を絵にすること」の問題点を語れよ!

ああ、痴漢は犯罪だってわかってるんだね。
でも、つきまといだって、犯罪なんだよ。
自分は考えているだけ、頭の中だけだから、現実には関係ないと思ってるの?
でも、じっと見ること、というのは「妄想」じゃなくて「行為」だから。言葉にすることも「行為」だから。絵にして人に見せるのも行為だから。
表現すること自体が「行為」で現実に影響する。
だから表現するんじゃないのか。

行為だから、現実に影響あるから。
百歩譲って、絵を描くことが妄想で、現実とかかわりのないことだとするけど、フィクションやノンフィクションや、いったん表現されたものが、現実に影響力のないものだと決めつけるのって、むなしくないの。
二次元が好きな人なんでしょ。好きなものに影響力がないと、貶めることをよく言うよね。

「見る」という行為は、まず第一歩、だと思う。いきなり触ったりなんだりしてるわけじゃないのである。まず、ものすごい見てるのである。

ここ読むと、何故か「筋道立ててる」ようには見えるけど。

筋道立ててるように見えるんじゃなくて、筋道が立ってるんだよ。
その直感は正しいから、

誰だって、「そう、人は人を殺す前にじっと殺意を持って見るのである。だから人を睨むのは殺人のまず第一歩、だと思う」なんて言ったら「アホか?」って思うでしょ?
この話、実際のところはだいたいそのレベルだよ?

これも正しいよ。ただ、結論はおかしい。

じろじろ見る奴はろくな奴じゃなく、殺人を犯したり、泥棒をしたり、とにかくろくなことをしてこないから、とにかく警戒すべきって話なんだよ。
なのに、それを「じろじろ見ることには罪がない」って話にするのはなぜだ。
殺人者だってじろじろ見るんだから、性犯罪者だってじろじろ見てから犯罪するだろ。
だから、じろじろ見る奴のことを警戒するのは普通のことだろ。
なに被害者ぶってるんだよ。
なに、自分は見る側だと思ってるわけ?

……もう、こういう書き方やめようぜ。
そういう「レッテル貼る」ような書き方しても嫌な思いする人が増えるだけだって。ホント。

これさあ、このブログのエントリさ、冷静にって書いてあるけどさ、これ感想じゃん。
憶測によって「人が嫌な思いをするかもしれないから書くのをやめよう」と言ってるだけじゃん。これ、冷静に考えた上の結論ですか。
だったら、あなたも書くのやめれば?
嫌な思いをする人増えるかもしれないからさ。
こういう書き方をしたせいでさ。

・一見筋道だった流れで
・個人の行為から人格を推測で否定し
・全体の問題に広げていく

これが結論らしいんだけど、
・筋道だってるし
・個人の行為は憶測じゃなくね?しかもさっきあなた「行為を憶測し」って書いてたじゃん。今は「個人の行為から人格を憶測」って書いてるじゃん。どっちなの?本文と結論で言いたいことが変わってるんですけど。
これじゃ通らない。それに人格は否定してないよね。もっというと、人格って、個人の行為から「生まれていく」ものだから。
行為を見て人は判断するから。
A氏はネットで現実の女子中高生の性的なコメント入りの絵を個人特定できる形で公開した、という行為をしているから「そういうことをする成人男性」と思われるわけでしょ。そして、あなたのことも、わたしは「そういう人を擁護する行為をとるような人格」なんだな、と思いますよ。これは憶測じゃないからね。行動してるからね。行動するんだな、とはまず思うよ。
(てゆうか、冷静に書いてるって建前なのに、全然自分が筋道だってないし、脱線するし、最後に突然表現の自由を守る話になってるのはなんなの。宇宙人に誘拐されたのか。田房さんは、子どもの権利を守れって言ってるからね)

「現実にいたからこそ」意味があるのだ。

一言で言えば、生々しくなるのだ。
絵が生命を帯び始めるのだ。
二次元の絵が息をし始めるのだ。

……悲しいかな。
オタクの夢は、二次元に行くことである。

どうでもいいけど、二次元に行きたいほどのオタクが現実にいたからこそってなんでいうわけ。
どうでもよくはないか。
二次元を三次元に影響させたい、っていってるわけ。
これが未成年の女性に対する性的な視線を向けることを意味していたら、加害っていうんですよ。

まあ、意味してるんだけどね。
生々しいからたくさんリツイートされたって書いてるもんね。
現実にいると思うから、捜索が現実とリンクしていると思うから、価値が生まれるって言ってるもんね。
二次元は、三次元になんの影響力もないから、未成年を意識した性的な絵を見逃してくれ、って話ですらないからね。
加害欲をむき出しにしたいって宣言になるよ。二次元の性的な行為、つまり絵を描くことを三次元で起きたことだって書くのはね。
それは加害です。

だがしかし、それを「成人男性」の問題として語るのは「暴力的」かつ「横暴」ですね。これはよく分離しておきましょう。

なんで分離するの?
成人男性が、女子中高生に性的な視線を向けたり、性行為を誘ったり、したがったり、性犯罪を起こしたり、不審者事例になってるのは、誰でも知ってることでしょ。
だから、それは、成人男性の問題なんだよ。
じゃなかったら、誰の問題?成人女性の問題?未成年男性の問題?未成年女性の問題?
そうじゃないでしょ。
女子中高生の絵を個人を特定できる形で公開して喜んでいる人たちに、たまたま成人男性があまりにも含まれていない、少なすぎる、だからおかしい、ってことをいいたいわけ?
そんなことあるわけあるかい。

ただ、やってはいけないことがあります。
表現の問題を、現実性の問題に無理やり拡大・延長することです。
イラストレーターが女の子をじっと見てるのであれば、「イラストレーターが絵を描くために女の子をじっと見ることの問題」として考えるべきでしょう。

は、なんでやってはいけないの?
その根拠は。冷静なんでしょ。
わたしは感情的だけど。
表現の問題じゃないでしょ。現実に、影響してるし、表現って、現実の行為なんだよ。
イラストレーターがじっと見ていて、「それが成人男性」だったり、そのイラストを「喜んでおもしろがった成人男性」がいたら、それは表現の自由じゃなくて、現実の問題なんだよ。

結論はこんな感じかな。
・紹介した記事は展開が非常に上手い。だが僕は気に食わない。
・表現の自由の問題としては、じっくり冷静に考えるしかない。
・問題を過度に引き伸ばして見てはならない。
・問題は分離して一つ一つ考えましょう

冷静って、わたしの感覚だと「僕は気に食わない」と結論で付け加えることじゃないんだけど。
表現の自由の問題だって、誰が言ったの?「田房さん」?言ってないよね。
あなたが、本文の最後で突然なんの脈絡もなくいってるんだよ。問題を分けて考えろって?
なんで自分が現実の加害を語っていた文章の最後でいきなり表現の自由を持ち出したのか。自分自身で把握もできない人を冷静って呼ぶのかね。
法律で表現の自由は守られているから「俺の根拠になる」くらいの意図しか読み取れないですよ。

わたしの言いたいことはただ一つ。
わたしは冷静じゃないし、冷静が感情的よりも優れているとは思わないよ。
ただ、冷静なつもりでも論理的じゃない人はいるし、感情的でも論理的なこともあるし、感情的で非論理的でも、真実を言い当ててることはあるよ。
冷静で、論理的で間違っている人なんてごまんといるからね。
何を言いたいんだか。

他者や公共や、未成年の人権に配慮しろよ。
個人をじっと見て、特定できるような絵を書くことは未成年者の保護とかけ離れている。成人男性の権利ばかり主張しないで未成年保護を優先しろよ。人間だろうが。

参考 資料を読んでいる人がいました。
性犯罪者の受刑者の男女比をまとめてあるエントリです。
素晴らしい。yamatonatu.hateblo.jp