甘える

昨日今日、ほとんど眠って過ごした。
悪夢ばかり見ていた。

しんどいことが多くて、少し落ち込んでいた。仕事は落ち着いているのだけど、お金の管理のうまくいかなさで落ち込んでいた。

仕事で失敗していなければ、だいたい大丈夫と思って入るけれど、それでも少し沈む。

誰にも沈んだところを見せたくないのだけれど、そうすると、無言が多くなって、不審に思われる。

家族のことが一番難しい。見たことのない局面になると、どうして良いのかわからなくなる。だから、どうすればいいのかわからないで、フリーズしてしまう。

心の中は嵐なのに、外から見えると何も感じていない人みたいになる。そうなんだろうと思う。場にふさわしい言動が何も思いつかない。

恋人ができて、甘えるのだけど、どこまで甘えていいのかわからない。暗いところを見せたくはないのだけれど、見せずにいると、素っ気ないみたいになる。殻に閉じこもってしまう。
今までのように、依存はしていないので、それだけは良かったと思う。

いろんな人に対して、少しずつ甘えようと思う。そうすることで、自分を取り戻せる。そんな気がする。


仕事とパートナー選びの考えをなんとなく書いた

昨日、職場の会議があって、営業の人の発表を聞いた。

それで、思ったのは本当に正社員辞めてよかったなあ、ということだった。

その発表では、営業の人が説明をしたのだけど、あとで、他の人に解説してもらった事によると、裏の意図がたくさんあった。そうして納得した。
コンビニでも、そういうことがあって、一緒に働いているシフトの人に解説してもらって、「あの人は言葉は優しいし褒めているようだけど嫌みなのよ」と教えてもらったりすることがある。

一寸先は闇。四面楚歌。と思うことが多いのだ。すごく勉強になる。

それがいやだったら、辞めるしかない。

今は、守ってくれる人がいるし、愚痴をこぼせるし、解説もしてもらうから楽だ。それは、利害関係が、お互いにあまりないからだ。お互い自分の腕一本で商売している。

でも、会社にいるとそうはいかない。出世欲とか、上司に良く見られたい欲とかがあって、お互い信頼できない。

わたしは裏の意味を見るのが本当に苦手なので、「働く=サービスを売る」という簡単な職場に入ってよかったなあ、と思った。

上司も会社も、来年どうなるのかわからないのに、ご機嫌伺いしたり、自分をすりつぶしてまで働く人が理解できない。わたしの考えだと、首にならない程度に働くのが良いと思う。

わたしは働いたら働いただけおかねになるし、一生懸命働くのが楽しいので、そうしているけれど、楽しくなければ手を抜くのが良いと思う。

よく、「仕事とわたし、どっちが大事なの」と聞く人は最低だと言う人がいるけれど、わたしにしてみたら「あなた」の一択だ。

仕事の代わりはいくらでもあるし、職場でのわたしの代わりなんていくらでもいるけれど、恋人の代わりはお互いいないのだから、そんなこと、質問させるほど追いつめた方が悪いと思うし、そんな追いつめられ方をするような働き方も余裕がなくて良くないと思う。相手をお互いいたわり合って、恋人関係を続けるために、働く、というのが正しいと思う。

職場の政治とは厄介なものだ。

いざこざもあるし、一緒に働くのがいやな人もいる。

たとえば、技術職だと、職場がしょっちゅう変わって、そして、育成に時間がかかるような仕事は、いつでも需要があるし、良いなと思う。

同世代の人が、「高卒の人だし…」と恋人候補の人を評するのを聞いて、本当にびっくりした。学歴と結婚するわけではないし、頭の善し悪しは、もっと関係がない。環境があるかどうかだけだ。

わたしは、自分が勉強したかったから、勉強した。それと、人の価値は別だと思う。わたしが勉強している間に、一生懸命働いて、実力を身につけていた人のことを悪く思えない。ばからしい。

わたしは、仕事をきちんとして、ギャンブルをしなくて、暴力を振るわない人だったら、それで良いと思う。怠け者でもなく、乱暴でもない人が良い。

パートナーを探すときは、漠然と探すのではなくて、本当に大事なところを見落とさないように、しっかり考えておくのが大事だと思う。それは、自分の軸を考えておくことと同じだ。

わたしは、観音様に、縁結びの祈祷を受けるときに、事細かに、パートナーに望むことを考えた。そのせいで、考えが整理されたのだと思う。
その日に申し込んだ街コンで、今の恋人と巡り会ったのは、そういう自分の軸を整理できたからだと思う。自分らしく振る舞ったから、相手が、わたしを良いと思ってくれたのだと思っている。わたしがわたしらしかったところを良いと思ってくれたと、恋人も言っていた。

良い人だから、お金を貸すなんてことがないようにしないといけない。
個人的に女にお金を借りる男は最低だと思う。
友だちがいないか、外面が良くて、見栄っ張りだと言うことだからだ。
そう言う人は、結局、パートナーが傷つくようなことを平気でする。
女に対する見栄をなくした人は、最低にまで落ちるときに、道連れにする。ひとりで落ちていってくれない。ひとりで落ちていくような人だったら素敵だ。

その人が、どんな価値を持っているかは、きちんと見られるようにありたいと思う。
それは、話しているとわかることだ。

だから、きちんと相手を見ないといけない。
装飾は必要ない、増やしたければ増やせることだ。

だいたい、一流企業で、一流企業に勤めていて、って男が売れ残っていたとしていたら、結婚する気がないかそれなりの男だということだ。それに、そんな、女が放っておかなかったような人を、射抜く腕と度胸があるかも問題だ。

これからパートナー選びに大事なのは、条件じゃなくて、自分も、パートナーになる人も、働くこととお金に対して、どんな風に考えているか、だと思う。


今日の話

カレーの仕込みをして一時に寝て、起きたら、「あ、五時半だ」と思ってバイト行こうとしたら三時半で、それからカレー食べて寝たら、六時開始のバイトに寝坊してて、電話で起こされた。

最近こういうこと多くて、いやだなあと思っていたら、次のシフトの人が、「これもやって」「あれもやって」と言ってくるのでいやだった。

自分でやれば良いのにと思った。わたしはコンビニバイトに主力を置いてないから、時給分は働くけど、それ以上のことはしたくない。塾のバイトは時給文以上のことをしたいと思うけれど。

それから、電話見たら生徒さんから電話がたくさん入っていて、キャンセルじゃなくて変更したいってことだったので、いいですよ、と言う。

そして、お昼まで休憩していたら、一時半からの授業だと思っていたら、一時からだったので、慌てた。

一時から七時までぎっちり授業が入っていた。朝の仕事がなくて良かったなあと思った。

朝はカレー食べて、お昼は、野菜の炒め物作った。

スープ作っとくと、野菜とタンパク質と水分採れるしおなかもふくれるし、いい具合だなあと思う。

お肉は楽天で買った小分けの冷凍のお肉を使った。買い物に行くの苦手だから、割高になるけどけっこう良いと思う。
今度、スーパーでお肉買ったら小分けにして冷凍したら良いんだ。

湯船に使ってお風呂入ったら疲れが出た。いろいろ家事も趣味も人の約束もたまっているけれど、明日も仕事がたくさんつまっていて、休憩の暇がない。

なんとか乗り切りたい。

生徒さんに、文章の読み方を教えている。文章が読めないので、テストの点が取れない子だ。読解力がないと言うか集中力がないので、求められていることが理解できないのだ。こういうのはついていて、よく見てあげないとわからないことだ。

だから、繰り返し類題が四問から五問ある「こわくない数学文章題」を使って、ひたすら、文章題を解いて、文意をとる練習をした。国語も長文をやっているし、英語も長文を解いている。とにかく、複雑な設定に慣れさせて、文章を式に写し取れる練習をしている。生徒には、問題がきちんと読めるだけで二十点上がるよ、と言ってる。

わーい、と言って拍手して喜んでいた。


毎日忙しい

人に必要とされるのは嬉しいことだし、仕事がいっぱいあるのは嬉しい。でも、あまり働きたくない気持ちもある。それでも、お金になるからやる。お金は大好きだ。
生徒さんも一生懸命頑張っている。
親御さんと一丸となってやっている。

いろいろなことを考えないで済む。仕事に差し支えなければ、悩まないで良いという線引きをしてから、あまり悩まなくなった。
家事は、ヘルパーさんとやるし、疲れたら寝るし、恋愛は充実している。わたしに悩むことなんてないじゃないか?

仕事がうまくいっていると幸せだ。

でも疲れる。体が疲れるとミスをする。そういうときはしょんぼりする。
夢で、ダブルブッキングした夢や遅刻する夢を見る。怖い。
ここ二三日は比較的だらだらできたから、少し元気だ。


面白い質問、暇なこと

仕事がつまりすぎているので、空いた時間があるとかえって、手持ちぶさたになる。

少しずつ作業を進めたいと思う。

今日は生徒さんからおもしろい質問が来た。

「先生は、どんな風に思考して、問題を解くように思いつくのですか」
と聞かれた。この質問ははじめてだったから、面白かった。

わたしがどんな風に発想するかに興味を持つのかは、変わっている。他の生徒は解き方を教えてもらいたがるけれど、わたしの考えが何処から来たのか聞いたりはしない。その子は一見平凡なのだけど、質問の力が卓越しているので、頭が良いのではないかと疑っている。

わたしは、こういう風に思いついて、発想するし、俯瞰して抽象化してパターンを読むのが好きだから、それに沿ってやる、みたいな話をした。

そういう力を身につけるためには、細部を読み込む癖を付けないといけないのだけど、そこまでは話せなかった。

今日は良い質問を受けたので嬉しかった。

ワトゥサのサイトを見たり、アディクションのサイトを見ると、かなり幸せになれる。
全部買い占めたい。買い占めても、いいかも、と思う。コレクター気質が出て来てしまった。


今日のわたしはがんばったし稼いだ

今日は請求書の提出をしたので、たいへんだった。

上司に疲れているように見えると言われたので、何処までほんとのことを話そうか迷ったけど、休みがとりづらい、から、とか、眠りが浅いのでジムに行き始めたとか、当たり障りのない話をした。
持病があるか聞かれたけれど、どうとられるかわからないからやめた。
良い人だけど。慎重になる。

体調が悪い他は、順調で、生徒さんもなついてくれているので、特に問題はないし、親御さんとも円滑にやり取りをしている。
成績を上げたい生徒さんには、一緒になって頑張っている姿勢を出したいので、休みが取りにくい。日曜日に入れたいから。

バイトは、週五はいるとやっぱりきつい。

仕事の量が増えたから、減らしてもらった。仕事行くよりも、眠る方を優先しそうになって来たから、危ないと思った。

とにかく、たくさん稼げたのは嬉しい。一般的には少ないんだろうけど、正社員一年目のときよりは今の方が良い生活ができている。明日はジムで少し走れたら良いなと思う。

一日ちょっとしか運動できないにしても、それでもやっぱり、痩せたい。
おなかがつかえたり、足や腕がパンパンで、全身太っていると、自分がいやになってしまうから、痩せたい。今日は夜のごはんを食べないで済んだ。
栄養たっぷりの野菜スープと、大根とバラ肉の煮物を食べたからか、そんなに過食したい気持ちにならない。

昨日は過食したかったので、した。

彼氏にI LOVE YOU ってメールが来て嬉しかった。元気でた。へろへろだったけれど、結構精神的なものも大きいんだと思った。

元気でた、嬉しい、わたしもI LOVE YOU だよ、と電話したら、寝ているところを起こしてしまった。
そんなことなら、いつでも言うよと言ってくれた。

料理もしに来てくれるし、家事も手伝ってくれるし、話も聞いてくれるし、素敵な人だし、本当に一緒にいて嬉しい。そして、わたしがひとりになりたいのではないかと気遣ってもくれる。

嬉しいけど、当たり前だとも思う。今までの人はそういうことをしてくれなかった。自分の都合だけで。
だから、わたしも自分の都合を押し付けないでいようと思うし、愛してるっていつでも言おうと思う。

湯船につかったら腰の痛みが出て来たので、温めるのって大切だなあと思った。
おなかが出っ張っているのも、運動をしていないせいもあるし、冷えもあるなあと思った。
今日は体重が一キロ減っていた。たまたまだけれど、少し嬉しい。

一年にならしたらあまり変わらないけれど、正社員一年目の頃よりも、今の方が額面は稼げている。
そういうことが嬉しい。
がんばったらがんばっただけ、良いことがある。生徒さんが、わたしに「信頼できる先生だ」と言ってくれるとか「この塾に来ると楽しい」と言ってくれるとか「今日はわかって面白かった」と言ってくれるとかが、励みになる。
宿題を完璧にしてくれるとか、そう言ったことが、喜びで、働かないで、時間を持て余すよりもずっと良いと思う。


ばか、とののしる頭の中の声

今日は、偉かった。

同人誌の作業を少しやったし、昨日は信用できると生徒さんに言われたし、掃除機もかけたし、ジムにも行った。

でも、わたしは、彼氏に連絡するのを忘れた。

ジムの証明写真の姿はだらしなかった。重ね着していた服がずれているし、首飾りもずれている。全部ずれている。だめだ。ブスだ。醜い。

連絡を忘れたのも良くなかった。

こうして、文章にしてみると、できたことはいっぱいあるのに、頭の中にバカとののしる声がする。

わたしは仕事にきちんと行った。バイトもした。だから、疲れている。

疲れているんだなあと思う。

自分をののしると傷つくからやめたい。


自閉症の就職

わたしは自閉症スペクトラムの人です。なんども言って申し訳ないけれども。

勉強はものすごくできるけれども、面接も必要でした。

そして、エントリーシートはどこまででも通るのです。文章が得意だから。

とはいえ、通らないところは通らなかったけれど、例えばグ◎グルとかはエントリーシートが通って、面接まで行きました。ここではスキルが足りなくて、落ちましたけれども。

でもこういうところは例外で、たいていは、スキルじゃなくて、対面スキルを求められているような気がします。空気を読んで、相手が必要としていることをクイズみたいに答える運動神経が必要というか。

要するに、会社に入る熱意が足りなかったのも、自閉症スペクトラムだったからかもしれないと思うのです。

安定した人生、と言われても、「すごく良い」とは思えません。そういう社会的な価値を理解できないくらい幼いから。最近はコンビニでアルバイトするので、お金の価値がわかるようになり、なんでも七百円前後で計算するようになりました。そういう経験がないと、わかんないのですね。会社に入ることの重要性を。

というわけで、会社や業界の分析も、熱が入ることなく、素のわたしでプレゼンしたところ、軒並み落ちました。経歴だけだったら受かるんですけどね。理系の大学も出たので、最終面接まで行くのですが、おじさんたちと会話するとダメでした。偉い人とかとは性が合わなかった。人事の人とか現場の人とかは、結構評価してくれたのですが、どうしても最終面接でダメでした。

わたしを評価してくれた会社はのんびりとした社風だったところが多かったです。スキルは理解してくれて。頭の良さも理解してくれて。だから、そのままいけばよかったのに、「せっかく勉強ができたのだから、就職もきっとうまくいく。チケットを生かさないと」というわけのわからない向上心というか、雑念があったせいで、そういうところはやめました。
あほですねー。そういう世の中の大事なところのポイントを理解できないところも、わたしのダメだったところです。名前が知れたところ、に、行ってしまったのです。そういうところは完璧マンしかとらないので、わたしなんか無理です。

わたしは今は塾で働いています。
そこは勉強を教えることができて、営業能力=生徒に良いと思ってもらう能力があれば、雇ってくれるところです。素晴らしいですね。ストレスはたまるけれど、時給で働くから、精神力をチャージもできるし、あとから考えると良かったと思います。

だから、のんびりした社風のところで、自分の頭の良さだけを評価してくれて、変わった人だと言う立ち位置で働くか、自営業に近い感じで、働くかの二択かなと思います。

それと、土木関係は、男性だったら良さそうです。あそこは、体動かしていたら、終わる仕事だから、ストレスもたまらないし、精神にも良さそうだし、おすすめの職種だなあと思います。

アルバイトしていても、土方の人はマナーが良いです。多分、人生の最初でアウトローみたいな立ち位置になったけれど、もともとはまじめに働く人が多いのでしょうね。

土木は、高ければ日当一万五千円くらいになるらしいので、けっこう良いです。スキルがあって東京オリンピックで人手がない間は、最高二万円まで出ると言ううわさです。わたしには関係ないですけど…。
土木は、しつこい人間関係はあまりないそうです。

好きなことよりも向いていることをする方が良いと思います。
向いていることがわからない場合も多いと思うのですが、わたしの場合は、勉強が向いているなと思ったので塾にしました。

やりたいことをやってみるのが良いと思います。


苦手なことは

事務作業が苦手です。書類を見ると泣きそうになります。

勉強は得意なのに。
構造を見たり、俯瞰して考えたりするのは得意です。

人付き合いも、一対一で限られた環境でだったら、うまくいきます。

それが発見できたのはよかったです。

コンビニも、複数の作業を複合的にしないと行けないのですが、慣れると意外とルーティンなので、できるようになりました。時間ごとにやることが決まっているのです。それでも、新しいことをするのは苦手ですが、一緒の人が優しいので、なんとかなります。

事務作業や、書類作業は、なんだか手がつくまでに時間がかかって、正確にできません。バックオフィスにならなくて良かったと思います。

自閉症スペクトラムのひとは、人付き合いが苦手だと思われていますが、案外そうではなくて、自閉症スペクトラムっぽい態度を気にしない人や、それ以上の付加価値を見いだしてくれる人とはうまくいきます。

だから、対面の仕事でも、勉強という付加価値を見いだしてくれる塾の仕事は向いています。
生徒は、わたしのことを信頼できる、と言ってくれます。
それは自閉症スペクトラムの特性上、人間的に幼くて、嘘がつけない、というところが、うまく作用できたのだと思っています。

ヘルパーさんが来てから、片付けと料理がずいぶん良くなりました。

片付けをする場所を決められたのがよかったです。だから、一人でも、ものを置く場所が決められます。これ以上ものを増やしたら、どこに何を置いたら良いのかわからなくなりそうです。

お皿洗いは手がアトピーなのでつらいです。やれば良いのだけど、だらしないと思われるのがこわいです。

毎月、請求書を書くのですが、それが毎回間違えているので、とても、難しかったです。
一年経ってようやくできるようになりました。
パターンを覚えるのに時間がかかるのです。

決まった人としか会わないのがいいわけじゃないのです。知らない人にも会いたい気持ちはあります。
だから、同人誌の趣味をしたり、旅行をしたりします。
そういう単発の人と会って友情を育むのは本当の友だちができる感じで良いです。
勘で選んだ友だちは良いものです。距離感がちょうど良くなる気がします。

自分に近づいてくるからという理由で友だちになるとろくなことがないと思います。

学歴は、役に立つと思うのですが、就職のチケットだという観点に立つと、そのあとを突破できないので、たいへん、面食らいました。
わたしは、面接向きではないのです。でも、塾の面接は新卒の面接と違って、できることと、人間性だけを見られたので、大丈夫でした。

今は仕事が充実しているし、周りの人に失礼をしても、仕事を言い訳にすると、わかってもらえるんだなあと思って、無理はしないで済んでいるので、みんな優しいなあと思います。
仕事だから、というと、みんなが優しくしてくれるのを利用するような人間にならないように気をつけたいです。