世界にひとつのプレイブック 感想

すごく面白かった。
わたしも主人公のパットみたいになることがある。外側から見るとああ見えるのかなるほどーと思った。
ぶつぶつこだわって同じことを言っている。それで、自分ではまともなつもりだ。
だけど、全然望みがないと諭されると暴れるから、まわりは希望を持たせるようなことを言ってくれる。それを真に受けてしまう。

ティファニーもよくわかる。
いろいろな男を誘って寝ちゃうこと。なんか、傷ついているんだけど、話が早い方がいいかなとか、正しいことが難しくなってめんどうくさくなって、寂しいしいいかなと思ってしまったり、そういう中での面白みのようなものを漂っているうちにビッチと呼ばれてしまうことの不本意さ。

周りの病気じゃない人々がみんな病気みたいだった。
へんなことにこだわっていて。
わたしは自分が病気だから他の人のまともさがどんなものなのか、気になる。
わたしから見て、わたしよりも病気だなと思うことも良くあるけれど、判断基準が壊れているわたしが思っていることだからなと思って、黙っていることが多い。

でも、そういうのを描いてあるので、フェアだなと思った。
精神病患者や、それを取り巻く人々に対して愛があるなと思った。

そもそもパットは友達がたくさんいてうらやましい。警察にも愛されているし、みんなパットに良くなってほしいと思っていて、意地悪なひとがいない。ありのままのパットをみんなが愛していて、良くなってほしいと祈っている。

だから、これは、本当におとぎ話で、救いがあって、それがすばらしいと思った。
社会派じゃないし、ロマンチックで、夢見がちで。

それが現実に近いと思った。

わたしも犯罪にあって、仕事を失った。
人生がめちゃくちゃになったと思った。
希望なんてなかった。
でも、今は仕事が楽しい。それだけで食べていけるほどは働けていないけれど、仕事が楽しい。
周りの人に恵まれてもいる。にこにこ働ける職場って本当におとぎ話の世界だと思っていた。
犯罪に合わなかったら、わたしは、今の仕事に就かなかったと思う。今の仕事に就いたのはたまたま求人を見て応募したからで、条件もあまり良いものとは思えなかったから、元気なときなら応募しなかったと思う。

平穏な生活が一番だ。
でも、平穏な生活を送っていると、だんだん「閉じ込められている」ような感覚になる。
ひどく虚しくなり、寂しくなる。
もっとほめて!だとか、恋人がほしいだとか、転職してみたいだとか、とにかく「今」から逃げたくなる。
人生を変える出来事に出会いたくなる。
わたしは、ちょっとでも落ち着いてくると「このまま老いていくのか」と怖くなる。

実際には人生を変える出来事というのは、ありがたいことじゃなくて、不幸の顔をしてくることが多い。
でも、それを受け入れたら、「外」に出られた感じがする。
その繰り返しなんだろうなと思う。

わたしは、精神の成長が遅くて、勉強が大好きだったから、勉強ばかりしてきた。
それから、「お金とは、自分の欲を満たすツールなのだ」と天啓を抱き、お金を稼ぎたいと思うようになった。でも、時既に遅しで、いい仕事に就けるタイミングは逃していた。
だから、とても後悔し、お金を稼ぐひとが偉いのだというステージにようやく到達した。

その先には、たぶん、お金を稼ぐことばかりが人生じゃないぞゾーンがあるらしい。
小さいことを幸せに感じること。
確かに不本意ながら、桜の密集している中から、三時の空を見上げて、昼間の月を目指して飛行機雲が突っ切る様子を見ると、これは確かに幸福だと思わざるを得ないわたしもいる。
毎日映画を観たり、本を読んだり、ブログを書いたり、昼寝をしたり、食べたいものを食べる生活をしていると、これ以上の幸福はないとも思える。

パットは、そういう小さい幸せを見つけることができて、本当によかったなと思う。
わたしも、パットみたいに、心が動くようになるといいな、と思う。


鬱だったけど晴れた

桜の花が満開だったり、モクレンが満開だったりするのをみて、その香しい酒のような香りを嗅いでいたら、どうでも良くなってしまった。

桜の雲の中にいるようだった。わたしは宙に浮いていて、わたしは桜の香りを嗅いでいた。
明日になると、桜吹雪が見られるだろう。ちらちらと光りに散る、桜の花びらは、光の粒のように見えるだろう。

ニコニコ笑って機嫌良く過ごしていたら、いい話が来て、いい人と縁ができて、楽しいことが増える。
簡単なことだった。

家は荒れているけれど、仕事には、言っている。

神様みたいにすばらしい子がいるのだけど、その子が、わからなかったたびに「エウレカ」する瞬間に居合わせることができて光栄だと思う。その子には、「先生はアンマンみたいに優しくて甘くてあったかくてほかほか!」とほめられて、とても嬉しかった。
そんなことを言ってもらいながら働ける仕事なんてないな。


パニックがある

パニックがあって、頭の中が心配事で爆発しそうになる。
仕事も一件断ってしまった。
でも調子が悪いから仕方がない。

散歩にいけてないとか、そういうことが気になって心配になる。

じきに忘れることだとわかってもいる。
だけど、頭の中がいっぱいになってしまう。

こういうときは、人に依存しやすいから気を付けたい。当たり散らしたりしやすくなる。

入院したときに、これからは、毎日の気分がそこまで不安定にならないようにしようと先生と話し合った。
だから、これは良くなる途中の苦しみで、苦しいのは当たり前だと思う。


今の仕事が天職かもしれんなーと思う

今の仕事が天職かもしれないなーと思う。

休みも取れないし、自由はないけどストレスが少ない。
正社員でも休みを取れる人なんてそんなにはいないだろうし。

実力主義なのもあってるような気がする。
失敗しても怒られないし、収入が減るだけだ。
何が起こるかわからないところとか、人の顔色をうかがうことが苦手なので、実力主義って話が早くてとっても楽。

それに、前の仕事だったらほめられることってあまりなかったけど、今の仕事はほめられることがある。

(話は変わるけど、仕事をしないで家庭に入るのって、無職になった経験上きついなと思う。ほめてくれる人が一人しかいなくなって、嫌になっても逃げられないのは怖い)

嫌なことが10個あってもいいことがひとつあると、それでいいかなと思うだらしなさが最近自分の好きなところです。


仕事とわたし

仕事をしていると、「このまま一生閉じ込められる!」と思う。
この仕事を十年後にも続けられるか、とも思う。怖い。

どの仕事に就いても、この気持ちにはなるんだろうと思う。

仕事の拘束時間が長いとか、会社に将来性を感じないとか、人間関係がいやだとか、業界が縮小気味だとか、いろいろ思ったり焦ったりするんだと思う。

だから、友達と会って、お互い愚痴をこぼし合うのって、自分を許す機会になるからとてもいいと思う。


以前、大野更紗さんが書いた「存在しないサバイバー」について考えたことについてさらに考えた

http://synodos.livedoor.biz/archives/1814449.html
「存在しない」サバイバーたち — セックス・労働・暴力のボーダーで(1) 大野更紗

について、

「存在している」サバイバーというエントリを以前書いた。

大野さんが、なぜ、存在しないサバイバーと書いたのか、わからなかったので「さらさらさん」を買った。

「社会的に存在しない、ということを言いたかったのかな」と思った。
DVや性犯罪のサバイバーに対して注目が集まれば、お金と人手が集まるのでありがたい話である。
でも、わたしは、存在しないと書かれたことについて傷ついた。
(もちろん、文章は書けば誰かのことを必ず傷つけるのである。大野さんはその覚悟を持っていて書いたのだと思う。わたしも誰かのことを傷つけるだろう)

大野さんは、たぶん、わからないけれど、わたしとは違う。
わたしとは違う、という言い方で表現できることはほとんどない。
わたしが施設で出会った人々は、いろいろな人がいたけれど、大野さんとわたしたちを分ける何かを、大野さん自身が持っているように思えた。

それは、彼女が客体を見る目で、「わたしたち」を見ていたのだ。
絶対に、わたしたち側にはこない、と、大野さんはどこかで思っているとわたしは感じた。
設備について、「わたしが受け入れられることはない」という風に、現実的な視点では、自分も入る可能性があることを示唆していたけれど、深いところでは、わたしたちと同じになる「危うさ」を自分自身に感じたことがないのではないだろうか。

わたしは、犯罪だとか性犯罪だとかDVだとかに巻き込まれた。それは、わたしが弱かったからだ。弱かったというのは、自分を責めるために言っているのではなくて、犯罪者は、弱いもの、声を上げないものから選んで利用して搾取するからである。わたしは、それがしやすい獲物だったのだと思う。
彼女は、世界を信じている。他人を信じている。わたしが失った方向への信頼については、他人に裏切られても、絶望のそこにいても、どこかで信じている。

わたしは、一度世界に対する信頼を全部失った。
その失い方は、犯罪にあったときの失い方なので、彼女はそれを経験していない以上、何も言うことができない。
わたしも、彼女の絶望について、何も言うことができない。
わたしは、体が不自由になることについて、その方向についての絶望を経験していないからだ。
(自己免疫系の軽い病気になったことがあって、人生の大部分、社会と接点がなかったとはいえ、わたしの絶望は、わたしのもので、彼女の絶望は彼女の絶望だ)

わたしが世界に対して失った信頼というものを説明すると、「今笑顔で話している人が笑顔のまま、わたしをいきなり刺すだろう」というような緊張を二十四時間持ち続けるという種類のものだ。
病気の絶望とはたぶん違う。

わたしは、ずっと彼女が、なぜ、存在しないサバイバーと書いたのか、考え続けている。

わたしは存在しているよ。
私が出会った彼女たちも存在している。
彼女たちは生きることに精一杯で、それが、社会的という括弧付きとはいえ、「存在しない」と言われたことすら知らないまま、生きているよ、と思う。


わたしという障害

久しぶりに散財してしまった。
バカみたいに食料を買った。五千円も使ってしまった。大バカだ。

こういうのも、障害の一部なのかなあと思う。
社会的にうまく適合できてないと思う。普通の人もこれくらいはあるかなあとも思う。

わたしの病気は、頭の病気なので、正しい判断ができているのか、判断ができない。
おかしな文章だけど、自分の考えていることがおかしいのかおかしくないのか、軸がないので、よくわからなくなってしまう。
あまりに考えすぎたので、「考えなくても良いよ」と医者にはアドバイスされた。
確かにそうだ。考えても考えなくても、答えは出ないのだから。

わたしは自分がおかしいと知っている。普通の人はおかしいと自分について思うことはあるんだろうか?
純粋に疑問に思う。
わたしはキチガイと言われたことがある。わたしは病気なので、ひどいことを言われると、ひどいことを言った人になついてしまうことがある。そして、虐待されてしまう。

わたしは一見、確かにキチガイらしい行動をとる。
でも、医者は、「キチガイなんていません」と言った。
「いるのは病気の人だけです。医者でなければ判断できません」と言った。
わたしは嘘をつけないし、嘘も見抜けない病気だ。
なので、それを丸ごと信じている。

わたしがキチガイだとして、わたしにキチガイと言う人を信じれば、わたしの苦しみは減るだろうか?
減らない。
医師がわたしに正しい診断をして、薬を処方してくれたら、わたしの苦しみは減る。
だから、わたしは医師の方を信じる。

わたしという障害は、わたしに判断をさせてくれない。
わたしは理詰めで考えるしかできない。


躁期が始まった日記

夕べは五時まで眠れず、朝四時にご飯を炊いた。
その後ブログを更新しまくった。

今朝起きたら精神科についていないといけない時間だった。
電話をして、遅れますと伝えた。
いいですよと言ってもらえたので安心した。今までだったら、電話できなかったと思うので、良くなっていると思った。

先生とは四方山話をした。
「少子化が問題だっていって、お母さんたちが、保育園一揆を起こしたのに、冊子を作るなんて、頭が空っぽなんじゃないかと思いました」
「政治家は何にも考えてないね」
「わたしは、勉強して、良いお金がもらえる仕事に就くということを思いつきませんでした。今度はお金をいっぱい使うというのをやってみたいです」
「長い間学生をしたんだから、それがお金を使うってことじゃない」
「そうですね」
「それに、勉強してきたことで、それで、子どもを教えられるんだからいいじゃないですか」
「そうなんです。わたしは、成績が全然振るわない子を教えるのが好きで、興味を持ってもらうために、今まで大学で勉強してきたことを使っています」
「じゃあ、役に立ってるじゃない、大学。お金に換えられていないかもしれないけどさ」

今の仕事は収入が安いという話をしたら、ぺーぺーはそんなものだ、信用とお金は後からついてくると言ってくれた。
先生はわたしの仕事がうらやましいと言う。
「感謝されて、結果が目で見えて、具合が悪かったら心配してもらえていいなー」と言った。
「年収800万とかの人がうらやましいです」
「そういうのがやってみたいんですねー。やってみないとわからないかもしれないね。でもね、パワハラとか、いびりとか、転勤とか、いろいろあるからね、800万の世界では。それで、幸せと感じられるのはまた別の話だからなー」と言われた。

確かに今の仕事はパワハラがない。それは上司に恵まれているからだ。こんな良い職場は滅多にないと思う。わたしが働いているところは、みんな良い人で、意地悪な人がいない。
「今の仕事を続けて技術を磨いたら、塾も開けるじゃない?」と言われた。

「最近、大野更紗さんという人の、難病の本を読んだのです。だから、わたしも、DV被害者で、犯罪被害者で、家庭がうまく言っていないところで育ったのと、精神病で障害を持っている、という日々の日記を書いたら喜ぶ人がいると思うのです」という話をした。

「知っている先輩で、中澤先生という人がいて、ほとんど話したこともなかったのだけど、このくらい時間がたって、この本を出したんだよ。
怖くて、声を出せない人がたくさんいるんだよ。それは、無理に発言する必要もない。けれど、言える範囲で言っていくということについての、思いやりを忘れてはいけないね。よく、今更言うなんて、死ぬ前に言うなんて、もっと早く言えば良かったのに、という人がいるけれど、言えない気持ち、怖くて言えない気持ちがわからない人がいるんだよね」
「あなたの鋭い目を持って、書けることを書いていくといいね。それで、あとになって、書き直すということもあるかもしれない。書きためていくということが良いかもしれないね」

先生と話をして、それから、食欲が爆発したので、モスバーガーによって、回転すしによって、それからさらにミスドによってしまった。明らかに食べ過ぎだと思う。太ってしまう。
帰ったら、あわてて出かけたせいで、エアコンがつけっぱなしで驚いた。
家が廃墟のように散らかっているので、明日こそなんとかしたい。

あと、一時間したら、仕事に行きます。


DV被害者の連携ってどんなものがあるだろう、というか、ない

わたしが、同じようなDV被害者の人たちと話ができたのは施設に入っているときだけでした。
それまで、孤独で、自分が情けなくて、とにかく怖くて震えていました。

現世に出てきたら、同じようにDV被害者としてサバイバーとして生きている人とそんなに簡単に出会えません。
AAとか断酒会とかダルクとかマックとかあるのに、DV被害者の集まりはない。
DV被害者になって、精神や体を損なってしまった人たちの会って、あまりにもないな、と思います。
DV被害者は心のケアよりも先に、経済ケアが先に立って、とっとと逃げて、逃げるためにはお金がいる、お金があれば寄生されない、という基盤を作る方が優先されるような気がします。

誤解を恐れずに言えば、DV加害者と一緒にいた、という事実は、一種の依存状態にあったのではないかと思います。そうでなければ、そこに適応しなかったら、殺されていたのだから…。
そうでなくても、心の中の大事なもの、たとえば、人を信頼すること、ポジティブに明日は何とかなると思える心などを、破壊し尽くされたのが、DV被害者なのだと思います。
だから、たとえネット上だけでも、DV被害者としてのわたしが日常を綴ることが、何かの連帯になるのかもしれない、そういう試みをしたいと思いました。

逃げるこつだとか、心を持っていかれないこつだとか、見捨てるこつだとか、経済的自立をするためのこつだとか、そういうことをも書いていけたらなと思います。