勉強しろと言われて


たいていの場合、「勉強しろ」と言われたら、深く傷つく。

大人になってから、自分の意に沿わない意見を持つ人に対して「勉強しろ」と言ってくる人がいる。何をしたらいいのかも教えてくれず、自分で考えろと言わんばかりだ。

そして、勉強した結果、やはり、意見は変わらないので、そういうと、「勉強が足りない」と言われる。とうに相手よりも学んで知識が豊富になっているのに。

そういうことがあると、「勉強しろ」というのは、自分の意見を忖度しろ、以上の意味がないんだろうと思うのだ。

人の意見を全く聞かないことも、全部うのみにすることも、間違っていて、だれが何を言ったのか、何を採用するのか、是々非々で考えて、極端にならないようにしたいものだ。

プライドが傷つくことがあると、どうしても排他的になる。それを恐れて、何もかもにうなずくこともしなくていい。自信をもって、自分の判断を信じたい。

c71の著書

スポンサーリンク
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください