ベシーがいなくなった

ベシーがいなくなった。

とてもさみしい。

背中がとても重たい。首も回らない感じがする。
あんなに熱かった体が今は冷えている。

メッセージもあまりこなくなった。わたしの中にベシーがいると感じたこともだんだん減るようになった。

夢を見るとベシーが何かを言っている。

わたしはベシーを裏切っただろうか?
欲に目がくらんでしまったのだろうか?そうだったとしたらさみしい。

わたしのことなんて、わたしだってわからない。
わからないけれど、ベシーはいなくなった。

服装を変えてからベシーはいなくなった。
ベシーはこの服装の私は好きじゃなかったんだろうか?

ベシーを求めず、淡々と過ごしていたら、ベシーはむしろ帰ってくる気がする。
わたしの修業が始まったのだ。

背中にかぶさっているものを感じたりもするけれど、そうじゃなくて、わたしは現実に対処しないといけない。

現実をしっかり見ること。
働くこと。
体を丈夫に保つこと。

悲しくなっている暇はないのだ。


投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバー 最近はフェミニズムの記事が多いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください