性暴力被害者を装った加害の悪質さ、沈黙の強要

性暴力を騙って、人に沈黙を強いることができる。

性暴力被害者たちは、ずっと、二次被害、二次加害を防ぐことをずっと訴えてきた。
そして、それが浸透しつつあった。

ゴヒエツコ氏は、「二次加害」という言葉をよく使った。
わたしに記事を頼むときにも、自分の都合よい形でわたしを動かすために「二次加害を防ぎたいので」と言って、「被害者が言ったこと」「被害者にもらった記事」ということを伏せるように言った。
そうやって、わたしに制約を負わせた。記事の責任をすべてかぶせた。

わたしは、性暴力被害者が、自分の思うように人を利用することがあると想像していなかった。

しかし、ゴヒエツコ氏は、嘘をついて、わたしを利用した。わたしは、沈黙を強いられそうになった。

ゴヒエツコ氏は、性暴力サバイバーを狙って、性暴力サバイバーに、自分のケアをさせ、自分の思い通りに操ろうとした。
性暴力サバイバーに、ほかのサバイバーのケアはできない。

それは、プロがするべき仕事だ。

それなのに、ゴヒエツコ氏は、性暴力サバイバーを名乗る人間を狙って、裏工作を仕掛けた。

わたしは、ゴヒエツコ氏の加害行為を明らかにし、自分の名誉を回復したかった。つまり「頼まれて裏工作に関係する人」「著作権侵害をするブロガー」というレッテルを払しょくしたかった。性暴力被害者を守るために、あえて泥をかぶったので。しかし、彼女は、性暴力被害者ではなかった。性暴力被害者であっても、わたしに加害をすることは許されない。

だから、わたしは汚名を返上することにした。

わたしはセカンドレイプをしたくなかった。だから、ゴヒエツコ氏に従ってしまった。

わたしは沈黙を強いられることが嫌いだ。だから、経緯を公開した。わたし自身への加害行為について抗議をした。

しかし、その過程で、わたしのしていることは「セカンドレイプ」という批判が巻き起こった。

性暴力被害者、もしくは、ゴヒエツコ氏のように、性暴力被害を騙る人間が、なにか悪いことをしても、その経緯を明らかにしようとするだけで「被害者探しにつながるから、それは加害になる」と圧力がかかった。

それは、暴力だ。

被害を訴えられたら、「加害者」はそれについて、反論できなくなる。反論すると、「反省していない」「謝罪は嘘なのか」ということになる。反省していて、謝罪するならば、すべて認めるべきだ、という流れになってしまう。

本当は違う、実際に起きたことは違う、と異議を唱えるだけで、「被害者の訴えを無効化するのか」という流れになる。

セカンドレイプを避けるためにと言われてしまうと、何をされても、反論できない。セカンドレイプに慎重になればなるほど、被害者の意見や感じ方を尊重したいと思うからだ。

ゴヒエツコ氏はそれを利用したようだ。菅野完氏が行く先々で「この人はレイプをした」と言って訴え、彼の社会生活を破壊した。

わたしも、「セカンドレイプをするのか」「セカンドレイプに加担するのか」と責められた。ゴヒエツコ氏が、わたしに対してした加害行為を明らかにしただけなのに。

秘密を一方的に打ち明け、裏工作に引き込むのは暴力だ。性被害者のためになら、と思う善意を利用した暴力だ。

この事件で、性暴力被害者が今まで訴えてきた、「二次加害をしないでほしい」という訴えの流れは、非常に傷ついた。これから先、二次被害を訴えることは非常に難しくなるだろう。二次被害を盾に、沈黙を強いるやり方が生まれてしまったから。

以下は仮説だ。

ゴヒエツコ氏は、性暴力被害者を装って、「加害者」の生活を破壊した。訴えれば、なんでも通る、というやり方をした。
これで、被害者たちは、被害をますます訴えにくくなる。疑いの目で見られる。被害を盾にして、相手を操作しているのではないか、という目で見られていく。

ただでさえ、性暴力については「冤罪」ということが問題になっていて、その「冤罪なんじゃないか」という目にさらされるために、被害を訴えることが難しい状況が続いていたのに。それが、ようやく、風通しよく、被害を訴えることのできる土壌が育ちつつあったのに。

それを、ゴヒエツコ氏は、自分の都合のために利用した。

性暴力被害者を装えば、人を操作できる。社会的に抹殺できる。人権に対して、自覚的な人ほど、それに対抗することが難しくなる。

わたしもこのエントリを書くことには勇気がいった。紋切り型の「冤罪」問題にしたくなかった。

しかし、実際に、わたしに起きたことは「性暴力被害者を騙る人間に加害された」ということだ。そのことを明らかにした。

わたしは、沈黙を強いられることが嫌いだ。どんな形でも。わたしは、いつも、自分の考えのために戦う。

この件は、本当に残念だ。性暴力被害者も嘘をつく。性暴力被害者を装って、嘘をつく人間もいる。
その相手に対して、「加害された」と訴えることは、とても難しかった。
嘘をついていることを検証するために、多大な時間が必要とされた。
普通なら、「嫌なことをされた」ということを書くだけで済むのだけど、「性暴力被害者が加害してきた」ということを書くだけのことに、「性暴力が実際にあったのか」「性暴力被害者が嘘をつく場合があるのか」ということを長い時間をかけて、検証する必要があった。簡単に、わたしの被害を訴えることができなかった。

二次被害は防がなくてはならない。しかし、二次被害を盾に、自分の不利益を黙らされるわけにもいかない。
コンフリクトだ。

わたしは、沈黙の強要はあらゆる形であってはならないと考えている。
それが、たとえ、性暴力被害者であっても、加害をしたら、その責任を免れることはできない。

ゴヒエツコ氏問題は、わたしだけの問題ではない。
今までの、そして、これからの性暴力被害者たちが、自分の被害を訴えることが難しくなる。
そして、何もしていない人であっても、被害を訴えられ、反論しようとしても、セカンドレイプだと言われると沈黙せざるを得なくなり、真実を明らかにできなくなった。

ゴヒエツコ氏は、社会の信頼を壊した。noiehoie氏の居場所や、言論の自由を奪った。

一人の人間の生活を破壊した。

その罪は重い。
c71.hatenablog.com


投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバー 最近はフェミニズムの記事が多いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください