聞かれたことに答える


塾で教えていて、今、ブームなのが「聞かれたことに答える練習」「図を書く練習」だ。
構造を図に書けたら、何を聞かれているのかわかる。

生徒は、正解を書こうとして、焦って、問題を読まない。
だから、正しそうなことを書いていても、不正解になる。

聞かれたことをきちんと理解して、それに対して答えることができたら、必ず正解になる。
とてもシンプルな話だ。

c71の著書

スポンサーリンク
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください