女性差別に興味を持っても、男性にはメリットがない

はじめに

これは「女性差別」「女性への犯罪」に初めて気が付いて、第一走者と言ったり、女性に声をあげろと言ったり、女性差別の代弁者になろうとする男性に対して批判する文章です。

(厳密に言えば男性にとってもメリットはないわけではないけれど、知覚できるかというとまた別。また。女性差別が「女性にとってメリットがある」と考える人もいるので、メリットがあるなしで差別問題を論じるのはおかしいという話でもある)

差別には不利益があるからやめるべきだ、というのは不十分だ。

差別がある世の中は、うまく回っている。回っているように思う人がいる限り、「不利益があるからやめるべきだ」と言っても「自分には不利益がない」となる。

「誰にとっての不利益か」を考えると、主に、「女性差別の不利益は女性が被る」のだから。

差別は、人の尊厳や命を踏みにじる。だからだめなのだ。

利益を追求すると、「(他人の)命を犠牲にしても得られる利益」を得る人たちもいるので、無効化される。そういう人たちは差別に困っていない。差別を喜んでいる。だから、わたしたちは、彼らを追い詰めるべきだ。味方になってもらいたいと願うべきじゃない。差別によって不利益を得るのだ、ということを骨身にしみこませるべきだ。

だめだからだめ、いけないからいけない、という原則を持ってもいい。

本文

女性差別や、「女性問題」に興味を持つ男性に対して、どんな態度をとるべきか。

今、初めて、「女性は、男性に暴力を受け、性暴力を受け、賃金格差があり、社会的に不利益な扱いを受けている」ことに気付いた男性がいたとする。

その男性は「初めて知った!では僕が女性差別を解決する」と張り切る。

そうしたとき、彼らは、女性差別の上塗りをする。

女性の代わりに語り、女性に被害の経験を語るように言う。自分の男性としての影響力を使う。

これらはすべて女性差別だ。彼らはいいことをしていると思っている。自分のことをいい人間だと思っている。

男性は男性であるだけで、構造的に加害者だ。社会的な不利益を是正せず、女性差別を知らず、男性に対して、働きかけることも知らなかった。

女性に被害内容や、経験を語らせることは、暴力だ。それもわからない人たちがいる。

そういったとき、彼らを批判するかどうか、女性たちは迷う。

せっかく味方になってくれた人を、敵に回すようなことをしたくない。どうにか育てることができるのではないかと。

育てる!

女性たちは今までもずっと「人を育てて」きた。とうに成人した人間を、しかも何の関係もない人間を育てる義理はない。それは、女性に課せられてきた不利益そのものだ。人を育てずに済んでいたら、できてたあろう様々なことを想像してほしい。

男性は、家事をするだけ、育児をするだけでも注目されほめたたえられる。

だから、家事や育児をする男性たちは自分のことを「女性差別をしない、いい人間だ」と思っている。家事や育児をするだけで、どうして褒められるか考えもしない。男性だから、「本当は家事も育児もしないで済む男性でありながら」家事育児をしているから、注目されているという非対称に思いをはせることもない。

彼らがおろかなんだろうかと思うこともある。とてもよくある。どうしてこんなに簡単なことが見えないのかと。

はっきりしているのは、(あえていうと)「男性問題」を発見し、是正したところで、彼らにメリットはないということだ。メリットがないので、彼らはいつものように今までのように生きることを選ぶ。

では、女性差別を解決すると、男性にメリットがあることを伝えるのはどうか?

メリットによって女性差別をやめろという人たちは、そのメリットが消えたとき、女性差別をまたするだろう。

おだてて、ちやほやして、ほめたたえて「味方」になった人たちが、困難に直面したとき、どんな風に手の平を返すか、わたしたちはよく知っているはずだ。

わたしは、メリットの如何ではなく、「女性差別は不公正なことだからやめる」といえる人間を望んでいる。

それは「お気持ち」と揶揄されることなんだろう。

でも、わたしたちは、感情を軽んじられてきた。そして、感情は「女のもの」「おんな特有の弱点」とみなされてきた。「女は感情的で話が通じない」と言われてきた。どんなに冷静に論理的に話していても、「感情的」とレッテルをはられる。わたしの体が女の形をしているからだ。

男たちは、感情を軽んじ、それでいて、感情的にふるまうので、感情をコントロールすることができない。だから、メリットや利益に目がくらみ、不公正に立ち向かうことができない。それは、彼らが解決するべきことだ。

 

感情は素晴らしいものだ。

なにか、不公正をしそうになったとき、理屈よりも先に感情がシグナルを送ってくれる。それで、わたしたちは、悪人にならずに済む。素早く判断できる。感情は、生きることに価値を与え、なぜ生きるか、生きるとはどういうものか教えてくれる。感情的であることを恥じることはない。そのうえで、わたしたち女が論理的であることを主張することもできる。冷静である必要もなく。

 

 

男性たちは、不公正を許容している。それを恥ずかしいと思えない人間に味方になってもらってどうするというのだ。

差別とは不公正であり、殺人である。それが悪いと理解できない人間に、何を言うことができるだろうか。殺人にはメリットがない、殺人をしないことにはメリットがある、と、言って通じるのか考えれば、通じないと答えは出るだろう。

女性差別は男性問題である。それだけのことを理解できない「味方」を育てることを放棄しよう。彼らは味方にならない。味方になるとしたら、人間的に成長する必要があり、わたしたちに、それを支える理由は一つもない。メリットがあろうとなかろうと、しなくていいことをする、その弊害は大きい。彼らは、反差別の訴えをする、被害者に対して皿に甘えてつけあがる。わたしはそんなのは嫌だ。

 


投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバーhttp://www.vesii.jp/ ベシー占い 占いをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください