自己卑下と自己憐憫

わたしは、金遣いが荒い。
伴侶はほとんど自分のために何か買う人じゃないので、余計私の金遣いの荒さが際立つ。
わたしが買うもので、生活を豊かにするものや便利にするものもあるので、一概に買い物が悪いとは言えないのだけど。

伴侶は勤勉で、仕事はきちんとするし、穏やかで誰からも信頼される。勉強を常にしているから、どんどん老いていかれるような気がしてしまう。

一緒にいて、彼のメリットは何だろうと思ってしまう。
わたしは、昼間、起きられるときもあるが起きられない時もある。
働いてはいるけれど家族を食わせるほどは働けていなくて、家計の足し程度だ。
仕事のスキルも、あまり伸ばせていない。その点、伴侶は仕事をどんどんブラッシュアップしている。
彼が学びたいという気持ちは本当に純粋で美しくすら感じる。
わたしには、そういうものがないんじゃないかと思うと落ち込んでしまう。

彼が突然わたしを嫌になっていなくなるんじゃないか、と不意に思う。
それは、買い物をしたタイミングのことが多い。お金を使った後、彼の一挙一動におびえてしまう。
不機嫌になるんじゃないか、と不安になる。
彼は決して声を荒げたりはしないのに。機嫌が悪くなることもない。なのに、わたしは、怖くなる。

お金を使わなくなれば自己卑下がなくなるんだろうか。
金遣いの荒さは、去年に比べて、ずいぶんコントロールできてきた。完ぺきではない。でも、前よりはできている。これは事実だ。

わたしができることは事実を積み重ねることだけ。事実を積み重ねて、自分を信頼できるようになりたい。それを自信と呼びたい。


投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバー 最近はフェミニズムの記事が多いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください