国語の勉強は意味をとること

国語は文章の意味を理解することが大事だ。
でも、それができていない生徒はとても多い。
読むことはできる。
でも、文章の全体の意味や結論をまるで別に解釈し、書いてないことを読み取る生徒はとても多い。

小学生にもでき、高校生にも有効な手段がある。
段落や意味段落ごとに文章を分けて、意味のつながりを把握すること。
そのためには、段落の果たしている役割を理解すること。理解するためには、段落に自分なりに題名や小見出しをつける訓練をすればいい。

テストの時、なんとなく読んで、問題のたびに、最初から読み直す生徒は、行き詰まる。
時間が足りず、抜き出し、書き出し、選択問題ができない。

段落の意味を理解して、どこに何が書いてあったか、覚えていたら、全部読み直す必要はない。
必要な場所だけ読めばいい。
言葉の意味を逐次把握し、記憶し、意味の流れや推移を読み取る訓練が大事だ。


投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバー 最近はフェミニズムの記事が多いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください