アトピーだった

かなり重度のアトピーだった。

眠ると背中の皮膚が、シーツに張り付いて、蛇の脱け殻のように、体の形に皮膚がシーツに残った。

浸出液が止まらず、脱水で、二日に一度点滴をしていた。

二週間、熱が三十八度を下がらないほどの炎症で、血液検査の数値は悪すぎて、手書きだった。普通の機械の桁を越えていたからだ。

死ぬかもしれないと思い、この先生が間違って死んでも構わないと思えるほど、信じたい先生を選んだ。

その先生の治療が間違っていて、死んでも構わないと。

体力は落ち、お風呂に入っても、水圧に負けて、引っ張りあげてもらわないと、お湯から出られなかった。

薬を塗るそばから皮膚が剥離した。
指先から皮膚がずれていった。

手のひらは水疱のなかに水疱ができて何重にもなり、潰れて、真皮が露出した。
箸もなにも握れなかった。

食べ物を食べると、その熱で、炎症が強まり、倒れた。

水が火傷と同じように外側に集まるので、常に寒かった。

歩こうにも、足の裏に皮がなく、痛かった。

髪も抜けた。爪もなかった。

皮膚は、バリアだ。

精神科の先生や、皮膚科の先生が、人から境界線を心の境界線を犯されたとき、悪化すると教えられた。

お母さんはやるべきことをみつけて、生き生きとしていた。

境界線を崩したのはお母さんだけでなく、父や、男や、親戚やいろいろな人だった。妬まれてもいた。

家族に反対されながら、大学にいくために一人暮らしした。

少しずつ改善した。

心の問題がすべてだったとは思わない。

でも、あのころわたしは耐えた。生きてた。

今もだから命がある。
死んでもおかしくなかった。

気の狂うようなかゆみと痛み。
眠れない夜。どんな体勢でもつらかった。
話すと唇が切れた。

内蔵と皮膚は繋がっていたから、内臓にも炎症が起きていた。

治療法はないに等しかった。

寝たきりのわたしを支えていたものがなんだったのか、もう思い出せない。

わたしのからだや顔にはあとが残っている。
シミのような無数のあとが。
普段忘れているけれど、思い出させてくる人もいる。
それはなにか、とか、不摂生したの?こうしたら治るよ、と。

惨めになる一方で、殺してやりたくもある。

これはわたしの戦いの証。

誰にわからなくても。汚いと言われても。

わからない人にはわからない。それでいい。

確かにわたしは今も生きている。

それだけしかわからない。


投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバー 最近はフェミニズムの記事が多いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください