社会とのずれ

社会はいろいろな人でできている。

けれど、社会はある「形」の人しか想定していない。
その形は時代によって変わるので、生身の生き物である人間はそれぞれ翻弄される。

自分にとってつらいことでも、もっとつらい人がいるといって我慢してしまう人もいる。
誰でも少しずつ社会とずれている。
そのずれが大きいと妨げになる。その妨げを「症状」と呼んだり、「病気」と呼んだり、「障害」と呼んだりする。

社会とのずれは支援や薬の力によって緩和される。

疲れすぎて休めない時に、どこかが痛くてつらいときに、症状を抑えて、休むことで、対応する力を養うこともできる。

社会とずれがあることを認識したとき、人は考える。

もちろん、考えない人もいる。

社会が悪いとか良いとかそういう部分じゃなくて、何が生きにくい部分なのか特定することで、社会とずれたまま、生きていく場所を見つけることは可能だと思う。

社会とのずれを感じないまま老いてしまうと、自分の一回しかない人生を逃してしまう。

だから、社会とずれることは悪いことじゃない。良いことに変えることができる。

それは、気の持ちようだ、というようなことじゃなくて、価値観を変化させるということ。

良い面を無理やり見て、問題をなかったことにするのではなく、問題を問題として受け止めて、それに対処するということ。

その過程で、発見することがたくさんある。


投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバーhttp://www.vesii.jp/ ベシー占い 占いをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください