生きる自信と元気な人

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

生きる自信がない。
全然ない。

だから、ちょっとでもやりたいことがあればやる。
しかたがないからやる。

生きる自信がないと言うのは、朝起きて「ああー、今日も一日が始まってしまった…具合悪いところを探そう。そうだ、頭が痛いような気がする、もう一度寝よう…ぐうぐう…は、十時になってしまった…人間失格だ」というような日々を送っていると、自分がほとほと嫌になります。

だから、小さいことでも、何かやろうと思ったことをすぐすることが、大切なのだと思います。

わたしは、元気な人がどんな風に考えるのか、もう思い出せません。

元気な人は、どうして元気なのか、全然わからないです。

わたしは、事件にあって、人間は誰でも死ぬし、裏切られるし、誰も信じられないんだ、と思ってから、すっかり自信がなくなりました。
生きていても良いことがないような気がします。
裏切られる方が真実であって、そのことを知らずにすごしているようにみえる人たちを、信じられないように思います。

こういう風に思うのは、犯罪被害者の特徴です。

c71の著書

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバー 最近はフェミニズムの記事が多いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください