年寄りとの別れ


笑って、また会うつもりだけど、もう会えないこともわかっている。
けれど、そういうことをいちいち意識すると切ない。
遠くに住んでいる年寄りとの付き合いはそんな感じがある。
いつ死ぬかわからない。

そう話すと、精神科の先生は「そう思っていたら、思われる側になったということもありますね。僕は、もう、死ぬ側なんですよ。ははは」とおっしゃった。

わたしは、今週末、祖母に会いにいくつもりだったけれど、風邪を引いて、会いにいけなかった。

c71の著書

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください