躁状態がやってきた!


昨日からうすうすそうじゃないかと思っていたのですが、躁状態がやってきていました。

まあ、気づいていなかったのです。
いい気になって、「ファンデーション 比較 マキアージュ コフレドール エスクリープ」 みたいなことをしていたんです。
(ふんわり毛穴とシミを隠したいんですよね…誰でもそうか)
そこで、尋常じゃないことに気づいたのです。わたしはもともと面倒くさがりで、メイクをあまりしないので。

わたしは鬱状態と躁状態を交互に繰り返します。

でも、自分でいつ切り替わるのかを把握するのが苦手です。
目下の目標として、自分が鬱状態にあるのか、躁状態にあるのかを知ることが、精神病患者の修行の第一歩です。

それには、躁状態と鬱状態の行動の違いを把握して、自分が今どちらの行動をとるのかをチェックする必要があります。

鬱状態のときの方が過食に走ります。今はあまり食べません。
鬱状態のときはあまり買い物もしないし、家でじっとしていることが多いです。
わたしは今、買い物が楽しくて仕方ないです。メイクにおしゃれにスキンケアに、何をしても楽しい状態です。
いろいろなことがキラキラして感じられるし、景色も美しいし、お茶もおいしいです。

ここまで書くと、なんだか良さそうですね。

でも、良くない面もあります。

お買い物をしたい衝動が始まると、それをコントロールできないので、お金がぐんぐん減ります。
鬱状態は必ず、来るべくしてくるのですが、躁状態のときに使ったエネルギーが激しいほど、鬱状態では、空になった電池を充電するのにかかる時間が多くなるように、鬱状態がひどくなります。

そうすると、鬱状態がなく、躁状態がずっと続けばいいとも思いそうですね。
ところが、これは、薬を決めた状態と似たようなもので(やったことはないですが、たぶんということで)、何かにはまってしまうと、それをやめたくても、止まらない状態になってしまうので、それはそれで苦しいのでした。

前はまっていたのは、健康的なダイエットです。
ひたすら日課に忠実に、例外を逃さず、きちんとした分量の食事をし、毎日のストレットを欠かさない。無理な運動も無理な食事制限もしないという、一見理想的なダイエットにはまりました。
結果、リバウンドもなく12キロやせました。リバウンドも三キロくらいでした。

なにがだめだったかというと、わたしは、「目標達成をしたい」という欲をコントロールできなかったのですね。
それで、怠けたいという欲求を無視してしまったのです。

わたしは、ダイエットがつらくなって、どうしたらいいかわからないときに、「めんどくさい」といってやめることができなかったのですね。
わたしは、そういうところが、自分で病気だと思っています。
やめたいし、嫌になっている死で、休憩したいのに、休憩することができない、というのも、自分をコントロールできていないということだと思います。
目標を立てて、それに忠実に従うことも、自分をコントロールすることですが、適宜休みを入れることも、目標を達成したいという、欲病をコントロールする上で大事なのでした。

なので、やはり、躁状態もあまり良い状態ではないので、しばらくほわほわしながら要観察なのでした。

ブログを頻繁に更新して、メイクものをちょこちょこ買うくらいだと良いなあ。

c71の著書

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください