散歩に行きました

今日は晴れていたので、散歩に行きました。
近頃、眠くて眠くて仕方がなくて、三時まで起きられませんでした。

このなま仮病をなんとかしないと行けないと思います。
散歩には、カメラを持っていきました。

外を歩く口実のためにカメラを始めることにしたのです。
実際に撮ってみると、目で見る美しさを写真にするのはとても難しいです。
構図だとか、光の加減だとか、そういうものを覚えたいと思いました。

それは、撮ってみないとわからないことでした。
撮る前は写真は簡単なイメージがありましたが、実際に撮ってみると、タイミングもあってとても難しいのです。
難しいことは嬉しいなと思いました。

病気になって、怠け者が発動して、何もかもが億劫になりました。
趣味も減りました。

仕事はそこまでばりばりできないので、まずは趣味からと思っています。
そして、友達ができたらなおいいなと思って胃舞う。

鬱病は、決断ができにくくなる病気だと言うことが聞いたことがあります。
何をするにも、例えばお風呂に入ることすら、決断で、それがわたしにはとてもエネルギーがいるのです。
だから、ネッ転がったままできる読書や、ゲームで時間を使うか、眠ることで現実逃避をしてしまいがちなのだと思いました。

医者に勧められて、散歩をすることにしました。
体を鍛えることは大切ですし、望みは薄くても、外を歩いていたら、友達ができる可能性が、家の中にいるよりは大きいはずです。

誰もが病気にいつかなります。

そのときに、お金をたくさん稼ぐ以外の幸せがないと、つぶれてしまうなと思いました。
もちろん、お金はとても大切です。
わたしは発達障害があるため、お金の大切さに気づくのが遅かったです。
発達障害は、ライフステージに沿った発達ができない障害だということです。

散歩に行くことすら、こんなに、スムーズにいかないわたしが、たとえ一日に時間だけであっても、働けているのは奇跡です。
もっと、幸せを喜ばないといけないなと思います。

明日は、数式を考えることと、温泉に行くことを目標にしたいです。
できたら、Rubyの学習用の動画を見られたらいいなと思います。

チューリップが終わってしまってとても惜しいことをしました。
明日こそ散歩しようと思っているうちに花の時期がどんどんすぎてしまいます。
散歩なんて一時間もあればできるのだから、もっと構えずにやりたいと思います。


投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバー 最近はフェミニズムの記事が多いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください