次世代へのバトン

生徒さんの疑問はなるほどがたくさんある。

なぜ、そうなるの?が口に出せなくて、彼らなりの合理的なやり方がある。彼らの間違いをじっと眺めるととてもいとおしい。

そこには、悩みがある、創造がある。

秘密がある。

それは間違っているのだけど、そこから本質に至ることがたくさんある。

わたしが大学で学んだことがダイレクトに伝えることができ、彼らは良く育つ。

わたしは、わたしのためにいきる段階はすでにすぎて、次世代の礎になることに、自然となっていた。

わたしは、なにかになりたかった。

けど、ちゃんと、なってた。知らないうちに、必要とされて、居場所もできていた。

彼らは面白いところで躓く。とても興味深い。

わたしは、自分のために生きることより、彼らなりの人生の一部になることが嬉しいです。

今日もなぜ、この仕事を選んだか聞かれて、やりがいと、仕事の時間のバランスがいいからと答えた。

わたしは体力がないからバリバリ働くことはできないし、ダイレクトに働くことの喜びがわかった方がいいから、お金と安定はある程度犠牲にしてるんだよ、仕事はバランスで選ぶと良いよ、という話をした。

体調が悪いからほどほどの授業になるけど、ごめんね、といったら、大丈夫ですか?たいへんですね、と気遣われた。

普通の仕事はこんなことない。


投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバーhttp://www.vesii.jp/ ベシー占い 占いをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください