わたしってほんとえらい


睡眠薬を追加しました。

わたしって、ほんとえらいなーと思いました。
ちゃんとどうしたらいいのかわかっている。
工夫している。夜中に、誰かを叩き起こして、電話することもしていない。
えらい!

えらいと思う敷居が低いのも、とっても素敵よ。

この、無意味な自己肯定がわたしの財産です。
どうでもいいようなときにぴょいと頭を出します。
わたしって、えらい、すごい。

これってなにかな、と思いました。
そうしたら、母が、わたしにたいして、言っていた言葉だったなと思いました。
ちょっとなにかしたら、えらい、すごい、と言ってくれていたのです。

会う気もないし、育ててくれた恩がとか思わないし、いやなところもたくさんある人だなと思うのですが、たとえば、こういう強い自己肯定という贈り物だとか、品のいい物腰だとか、そういうものは感謝できるなーと思います。

(自己肯定感がないときもたくさんあります。)

こういう風にいろんなことに対して、強くなって、許せるようになるのかなと思いました。

だから、離れている、逃げている期間ってとっても大切だなと思います。
離れていないと憎むばかりですが、逃げたら、いいことも思い出せます。
こういう風にゆとりが持てるようになったわたしはとってもえらいです。

c71の著書

スポンサーリンク
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください