入院生活


今は、入院していたときに近く、調子が悪いので、そのときと同じくらいのペースで文章を書いています。
入院しているときには、手が止まりませんでした。
毎日絵日記のような漫画を描いて気持ちを整理していました。

今、すごい勢いでブログを更新している自分に気づいたのです。
ということは、わたしは調子が悪いということかもしれません。

入院するとき、わたしには偏見があって怖かったです。人生これで終わりだと思いました。
仕事も辞めました。

社会復帰できるかとても怖かったし、入院することで、自分の病気が決定的になるような気がしたのです。

でも、みんな優しかったです。

それは、みんなが自分の病気に向き合っていたからだと思います。

看護士さんが「野に放たれた病気の人の方が怖い。ここにいる人たちは、みんな、自分が病気だということを知っている。だから、自分でそれと戦っている勇敢な人たちだと思う」と言っていました。
その通りだと思いました。

自分に原因があって、苦しんでいて、それと戦っているから、つらいのだと思うのです。

今、昼間眠って少し働く生活は、入院中の生活に似ています。

作業両方をする時間が二時間でした。

わたしは、他の患者の人と話をしていると疲れてしまって、座っていられなくなったので、一日に二時間話すのが精一杯でした。
そのパターンは今も変わっていないと思います。
こういうパターンで暮らせる仕事があってよかったなと思います。

c71の著書

スポンサーリンク
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください