わたしの手の及ぶ範囲


毎日慌ただしくすぎていくので、悩む時間があまりないです。

疲れて機嫌が悪いときはありますが、なぜ生きるのかだとか、今やっていることが何の役に立つのかは思いません。

欲しいものがなぜ欲しいのかも考えないし、お金をどうして稼ぎたいかも考えません。

わたしは、お金が欲しい、それは、いろいろなものや安心が手に入るからです。
脳トレをやっている友だちがいますが、コンビニで働いたら脳トレになるし、お金も入るしいいのになあ、と思います。

付き合っている人は働かないと水しか飲めなくなって、一週間で死んでしまう、と言います。
わたしもそう思います。

わたしの手の及ぶ範囲のことを守りたいと思います。
そして、楽しみたいと思います。
わたしの手は、お金も作れるし働けるし他の人を幸せにもして、そして、わたしを守って、より良い日々を作ります。

c71の著書

スポンサーリンク
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください