底付きしたのかどうか

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

わたしは、「これ以上悪い事態にはもうならないから、今が最低のときだと思って…。未来は明るいんだと思って乗り切って」と言われたことがある。
考えられる限り、悪い状況だった。
でも、わたしはもっと悪くなるかもしれないと思っていた。
犯罪には巻き込まれ、暴力に遭い、お金も盗み取られ、体も心もぼろぼろで、パニック障害も、適応障害も、鬱状態もこんにちわしていて、不安障害もあった。

今でも薬は大量に飲んで、なんとかやっています。気持ちをフラットにする薬が多いです。

底をついたって、感じがあまりない。まだまだ悪い事態になる気がしている。
わたしは、これ以上悪い事態にはならないと思っていても、もっと悪い事態になったことなんていくらでもあった。
誰もわたしを守ってくれなかった。

だけど、今は、自分で自分を守れると思っている。
それが何よりも嬉しい。

c71の著書

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

投稿者: c71

c71の一日 フェミニスト、自閉症スペクトラム、双極性障害(躁鬱)、性暴力サバイバー 最近はフェミニズムの記事が多いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください